阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

中国の国益とチベット人の自由

中国の国益とチベット人の自由
http://www.asyura2.com/08/kokusai2/msg/259.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 3 月 25 日 21:10:37: YdRawkln5F9XQ

(回答先: チベット問題について [ワヤクチャさんへ] 投稿者 彼岸楼 日時 2008 年 3 月 25 日 09:24:49)


対立しているのはこの2つだと私は見ております。その上で対立を煽る勢力がそれぞれにいる可能性があると思っております。私は国益なる概念を批判的に捉えている為にチベットが独立する事によって中国の国益が減少する事を未然に防ぐ意味での武力行使に反対です。しかし、一方では中国(漢民族)のこの旺盛な国益主義という精神病の存在との泥仕合を招来するような挑発的なチベット人グループも批判します。独立はもっともなスローガンですが今の力関係で主張するのは左翼冒険主義というもう1つの病でしょう。チベット人に生活上の自由(信仰の自由を含む)を与える事を当面の目的にするのが正しいと思っております。しかし、中国政府が武力を用いて多くのチベット人を殺した事は明白であり、これに抗議する象徴的行為として北京オリンピックに反対するという運動の方法論は正しいと考えます。手錠が五輪になっているという図柄ほど北京オリンピックをうまく表現できているものは無いでしょう。
[PR]
by wayakucha | 2008-03-25 21:19