阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:阿修羅掲示板投稿予定文章( 1 )

違います。私は論理を主張しているのであってルールを主張しているのではありません。

反批判しないのであれば何故そのハンドルネームのままでいられるのか?という論理です。ルールとは論理を超越した決まりです。全然違います。私は管理人さんが判断すべき事項ではないと申し上げました。論理によっておのずと解決できる事項を管理人さんやルールによって解決しようとは思わないのです。強制はしたくないのです。私は対話と説得によって可能な限り解決すべきだという立場です。一方ではこのような個人に対する支持をハンドルネームにしている事に嫌悪感を持っている人もいるのです。そのような嫌悪感が何故生じるのでしょうか?批判に応える姿勢も無いのに選挙の宣伝カーよろしく個人名を連呼しているだけに見えるからでしょう。これは具体的に「天木ファン」さんと「小沢内閣待望論」さんに対して向かれられたものであり具体的に解決すべきです。「個人を支持するハンドルネームは禁止」という風に一般的かつ官僚的に解決すべきではありません。だから何の強制力も無い一投稿者の立場から迫っているのです。一方の傍若無人な人の自由は尊重するのに「こんな投稿者の態度は気に入らない」と思っている人々の意見表明の自由は軽んじられるのでしょうか?そんな「えこひいき的自由」がいいのでしょうか?
[PR]
by wayakucha | 2007-10-27 21:43 | 阿修羅掲示板投稿予定文章