阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:次期衆議院選挙( 9 )

ゲンダイ、自民党内部調査、自民305→「当選は190議席」の衝撃、東京は一人を除いて全滅
http://www.asyura2.com/08/lunchbreak11/msg/525.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2008 年 6 月 21 日 15:47:25: 4sIKljvd9SgGs


本日、3面。  
[PR]
by wayakucha | 2008-06-22 18:45 | 次期衆議院選挙
小沢氏元秘書が次期衆院選「先生に挑戦」【日刊スポーツ】
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20080510-358257.html



 次期衆院選の岩手4区に自民党岩手県連が出馬要請していた小沢一郎民主党代表の元秘書、高橋嘉信元衆院議員(54)は10日、盛岡市内で自民党県連幹部らと会談し、出馬の意向を伝えた。岩手4区は小沢氏の選挙区。

 高橋氏は会談後、記者団に「小沢一郎先生に挑戦する」と宣言。「(小沢氏は)政策、政治手法、政治姿勢において間違っている」と述べた。

 高橋氏は、県連が新たに設置する、岩手1区の候補者選定などを行う、改革本部の本部長代行への就任要請も受諾。このため「候補者になろうとする者が他区の候補者擁立の働き掛けをするのは不遜(ふそん)を極める」として正式な出馬表明はこの日は見送り、1区の擁立のめどが付いた段階で行う考えを示した。

 高橋氏は小沢氏の秘書を約20年務め、2000年6月の衆院選で自由党の比例東北ブロックで初当選し、1期務めた。

 岩手4区では社民党が元県議の小原宣良氏(64)の擁立を決めている。

 [2008年5月10日16時49分]
[PR]
by wayakucha | 2008-05-11 11:02 | 次期衆議院選挙
この行動の目的は有権者は候補者に何を聞きたいのか?という事をリスト化する事と
http://www.asyura2.com/07/idletalk28/msg/626.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 06 日 21:35:35: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 思った通りに「行き当たりばったり」のようですねぇ~(苦笑) 投稿者 考察者K 日時 2008 年 1 月 06 日 20:56:55)


そうして集められたリストの中で重要な質問事項について個々の候補者の意見を最大限引き出し投票の参考にしていただく事です。後、このやり取りを通じて候補者の政策作りに影響を及ぼす事も考えております。ただ単に全国一律のアンケートというよりは自分が立候補する選挙区の有権者からの質問の方が候補者にとってないがしろにできないものとなるでしょう。だから石井としろう氏との対話をやっていこうと思っているのです。平板なアンケートよりも有権者にとって参考になるでしょう。後は大連立に賛成か反対かを聞く事によって民主党が勝った際に大連立構想が再燃したら民主党の中の誰がその連立に参加するのかを予想する事も目的の1つです。

>思った通りに「行き当たりばったり」のようですねぇ~(苦笑)

まあ、そう言われても仕方が無いでしょう。認めます。

>>ワヤクチャさん けなしているわけではありませんが、あきれてもいます。

どうぞ。ご自由に。

>行動力には感心しています。
>もしかしたら、それくらいの行動力があれば「何かをやり遂げるかもしれません。」

貴方もご自身の選挙区で立候補される方に質問して下さいよ。

>もう、おこしてしまった行動は「取り返しは付きません」ので「頑張って下さい」と>しか言い様はないのですが、「もう少し、計画性を持って行動した方が良いと思いま>す。」

こんな程度の行動にどんな計画性が必要でしょう?別に難しい事をやっているワケではありません。

>「アンケート調査」は意味はあるだろうと思います。

そりゃどうも。

>しかし、仮に「全民主党候補者に対して行うつもり」ならば「データの集計時の事も>考えておきましょうね」

有権者の判断材料の提供ですので個々の候補者の考えが分かればそれでいいのです。1人でも多くの候補者の考えが明らかになればいいです。

>質問は「極力絞って、その候補者の考え方が分かるように工夫したものに限定すべ>>き」でしょう。

はい。大連立に賛成か反対か?など重要な順に聞いていこうと思います。全候補者に対して行おうと思いますので協力者を求めます。協力者が出てこなくても私一人でできる所までやります。

>思い付きを「書き連ねても」かえって混乱して「分からなくなるだけ」ですよ。

今の所特に混乱しておりませんが。気を付けます。

>改憲か?否か?
>大きな政府論者か?小さな政府論者か?
>反戦論者か?国益論者か?
>庶民寄りか?企業寄りか?
>増税派か?行革派か?

>その当たりが分かるように「工夫しなければ、個々の意見を聞いても、庶民受けしそ>うな回答しか返ってこない可能性もある。」のです。

候補者自身が一体どこまで考えているのかが明らかになればそれでいいです。より詳細に渡って考えている候補者かどうかおのずと分かるでしょう。

>以前、「反戦な家作り」さんでは「護憲派か?改憲派か?に絞ってアンケート調査を>行ったはず」です。

そうですか。ただ護憲や改憲の中にも色々なニュアンスの違いはあるでしょう。その辺りまで分かるようにしたいです。

>「聞きたい事を箇条書きで全て問う」というのは「個別にアンケートを聞く」という>ような場合には可能かもしれませんが、「議員さんだって忙しいのですから、多くの>人からアンケートを得たいのなら絞るという作業が不可欠」だろうと思っています。

いやいやそれぞれの候補が答えられる範囲で答えてもらったらいいですよ。様々な市民運動グループやブロガーやメディアや政党に協力してもらってやっていきたいと思います。Kさんにも是非ご協力いただきたいです。

>もっとも、「案ずるより産むが易し」とも言いますから、行動力だけで「思い立った>ら、突っ走る」という手法もありだとは思います。

正にそういう手法です。

>でも、その場合は「他人をアテにせずに、自分の行動力だけを頼りにすべき」かな?>とも思います。

アテにします。私1人の力では限られております。多くの方にお手伝いいただきたいです。有権者が候補者の事を詳しく知った上で投票をするという選挙を実現したいです。それが民主主義の発展にとって必要な事だと思います。

>う~ん、やってしまった事は仕方がありません。
>頑張って下さい。

ありがとうございます。是非、ご協力下さい。よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-06 21:36 | 次期衆議院選挙
次期衆議院選挙に向けて我々は何をなすべきなのか?
http://www.asyura2.com/07/dispute27/msg/275.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 06 日 18:49:52: YdRawkln5F9XQ


自公生活破壊政治に終止符を打つ事を最大の目標にして自公候補者に勝つ可能性が高い候補者に票を手中すべきなのか?それとも民主党が勝っても政界再編が起こり票を入れて国会に送り出した議員が自民党と組んで悪政を行う事を警戒して民主党候補の中でも支援すべき候補と支援すべきでない候補を選別して行動すべきなのか?但し民主党支持をやめた場合、依然として自民党が第一党の位置を確保できたのなら民主党が第一党になった場合よりも悪い形での政界再編が行われる可能性を考慮すべきだ。天木直人氏が前原の安全保障政策については一致している上での二大政党制という論点を指摘しているがこれは民主党が勝ったとしても安全保障政策の上では自民党の路線と大差が無いかむしろ悪化するという印象を与える評価だ。果たしてそうなのか?又、もし民主党が勝った上での政界再編が民主党内戦争派と自民党内戦争派の結合という形で行われたとしてその連立に反対する民主党員と自民党員の予想リストを作る必要がある。取り合えず衆議院立候補予定者に対するアンケートだけでも必要だろう。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-06 18:50 | 次期衆議院選挙
衆議院選挙立候補予定者に対してアンケート調査をしましょう。
http://www.asyura2.com/07/idletalk28/msg/611.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 06 日 17:06:15: YdRawkln5F9XQ


 1 大連立に賛成か反対か?又その理由は?(自民と民主の立候補予定者だけでいい   と思います。)
 2 年金制度をどうするのか?
   年金記録の杜撰管理の責任の追求をいかに行うのか?
   社会保険庁改革をいかに行うべきか?
 3 医療の現状をどう思うのか?医療政策は?
 4 自衛隊の海外派遣に賛成か反対か?どのような条件があれば賛成か?
 5 道路特定財源の取り扱いをどのようなすべきか?一般財源化するのか現状のまま   か?
 6 郵政民営化についての評価
 7 国民の所得を上げる為の方策は?低所得者層の所得をこそもっぱら上げるべき    か?
 8 どのような歳出カットを行うべきか?
 9 税制はどのようにすべきか?法人税は上げるべきか?
10 外交方針 中国や韓国などとの経済協力関係を推進すべきか?
        北朝鮮との関係改善の中から拉致問題を解決すべきか?
        横田めぐみさんが生存しているという週刊誌の報道に対する見解
11 防衛省の汚職構造の改善をどのように行うべきか?
12 経済政策 高福祉を実現し消費を増大させて経済を活性化させるべきか?
13 少子化について 少子化は問題ではなく労働力は外国人の受け入れによって確保   すればいいか?
14 環境問題の取り組み 二酸化炭素悪玉説に対する意見
   原発の評価
15 高速道路の無料化について 賛成か反対か?
16 対米関係について 年次改革要望書通りの政治から脱却すべきか?
17 教育 インターネットを使った在宅学習制度の導入の是非について

他、質問したい事項がありましたら上げて下さい。
候補者に対するアンケート調査をネットで行いたいと思います。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-06 17:07 | 次期衆議院選挙
山口4区と神奈川11区に注目する(天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/07/senkyo45/msg/770.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 1 月 03 日 12:01:53: twUjz/PjYItws


http://www.amakiblog.com/archives/2008/01/03/#000649

2008年01月03日
山口4区と神奈川11区に注目する
  

 「政治の年明け」を象徴するかのように各紙が衆議院選挙の候補者一覧表を掲載している。その中に安倍前首相と小泉元首相の名前がのっている。しかも彼らには対抗馬がいない。事実上の当選確実だ。おかしくはないか。 
 安倍首相は、「総理の重責にこれ以上耐えられない」と言って、国民の目の前で首相職を放り投げた政治家である。政治家を続けて今更何を行おうとするつもりなのか。いくら若いといっても今年54歳だ。一年議員に戻って一からやり直す歳ではない。もう一度総理を目指そうと考えているのであればとんだ勘違いだ。どう考えても彼が政治家を続ける公的な理由は成り立たない。
 ところが週刊新潮1月3・10日新年特大号に掲載されていた安倍昭恵夫人の「初めて明かす『安倍辞任』の真相」の次のくだりを読んで驚いた。
 ・・・私は主人に言いました。「総理大臣までしたのだから、もう政治家を辞めたいと思うなら、辞めても構わないんじゃないかしら」・・・主人の答えはこうでした。「いや、それは違う」。辞めるつもりはまったくないようでした・・・
 その安倍夫人は、「もう一度主人と出会ったらどうするかと聞かれたら、どうでしょうか・・・今とは違う形で会えたらいいですね。政治家ではないほうがいいかも知れません」と答えている。安倍さんの残りの人生は、政治家にしがみつくのではなく、昭恵夫人を幸せにする第二の人生を歩む事だと思う。
 もう一人の首相経験者である小泉元首相の場合は、もっと理解できない。彼は首相在職中から、父小泉純也氏が没した歳である65歳になったらきっぱりと政治家を辞めると繰り返し言っていた。小泉元首相はこの1月8日で満66歳になる。
 それよりも何よりも、首相を辞めてからの小泉元首相の言動である。国会には欠席し、格差問題をよそに一泊7万円もするマンダリンオリエンタル東京を定宿にして自由を楽しんでいるという。勉強をするわけでもなく、財界が彼のためにつくったシンクタンク「国際公共政策研究センター」にもほとんど顔を出さない(1月5-12日週刊現代)。得意の政局さえも無関心になり、泣きつく小泉チルドレンを突き放し、「煮ても焼いてもどうにでもしたらいい」と古賀選対本部長に伝え、「小泉に何を言っても無駄。だから清和会からは連絡もないようだ」(親しい知人)(1月3日―10日週刊文春)といった調子である。
 次回選挙に立候補して政治家を続ける唯一の理由が、準備の整わない次男の政治家への時間稼ぎだというのだから国民も舐められたものだ。
 それにしても、と思う。
 自分の都合で政治家を続ける彼らの当選を、当たり前のように許す地元有権者よ、これ以上選挙を貶めてくれるな。今の日本の政治にはそんな余裕はない。日本再生の為に働く本物の政治家が一人でも多く必要な時なのだ。
 「火の玉となって何が何でも勝つ」と新年会で語った小沢民主党代表よ、もし本気でそう思っているのであれば、その戦いの証として、真っ先に山口4区、神奈川11区に強力な野党統一候補を擁立すべきではないか。一騎打ちの戦いを挑み、メディアがこぞって注目する今度の選挙の主戦場にすべきではないのか。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-03 22:34 | 次期衆議院選挙
【世論調査】社会保障が争点65% 次期衆院選、大連立は否定的(中日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo45/msg/771.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 1 月 03 日 12:08:33: twUjz/PjYItws


http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008010302076639.html

2008年1月3日 朝刊

 本社加盟の日本世論調査会は衆参ねじれ国会の下での不透明な政局と次期衆院選に関し、昨年12月1、2両日、面接による全国世論調査を行った。年内にも想定される衆院選の争点(2つまでの複数回答)として、「社会保障」を挙げた人が65%とトップで「景気・雇用・格差」(40%)、「税・財政改革」(37%)を引き離し、年金記録不備問題などへの根強い不満を裏付けた。

 自民、民主両党党首会談で浮上した大連立構想には、否定的な見方が多数を占めた。衆院選の時期は「予算成立後の今年前半までに」が31%で最も多く、「できるだけ早く」(30%)、「7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)後の今年後半までに」(16%)、「来年の2009年に」(12%)が続いた。

 衆院選で自民、公明の与党が「過半数を維持した方がよい」と答えた人は50%で、「過半数を割った方がよい」の41%を上回った。昨年の参院選前の6月に実施した調査ではそれぞれ44%、47%だった。調査は、年金記録問題で政府が全面解決の事実上断念を表明する前に実施された。

 仮に衆院選で与党が過半数を維持しても、参院での与野党逆転状況が変わらない中での与党の対応に関しては、「大連立を組まず野党と政策協調」が62%で、「民主党と大連立」の27%を大きく上回った。

 福田康夫首相と小沢一郎民主党代表のどちらが日本のリーダーにふさわしいかについては、首相が37%、小沢氏は14%。「2人ともふさわしくない」は18%。両氏に限らず、首相に誰が最もふさわしいか聞くと、小泉純一郎元首相(17%)、麻生太郎前自民党幹事長(14%)、福田首相(13%)の順。小沢氏(8%)は5位だった。

 衆院選で投票する政党・候補者は、自民党が39%で民主党の32%をリード。公明党4%、共産党3%、社民党2%、国民新党1%が続き、「投票したい政党・候補者はない」は14%。投票に「必ず行く」「たぶん行く」が計92%と、昨年6月調査の90%を超えた。

 【調査の方法】 層化二段無作為抽出法により、1億人余の有権者の縮図となるように全国250地点から20歳以上の男女3000人を調査対象者に選び、昨年12月1、2の両日、調査員が直接面接して答えてもらった。転居、旅行などで会えなかった人を除き、1883人から回答を得た。回収率は62・8%で、回答者の内訳は男性47・4%、女性52・6%。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-03 19:20 | 次期衆議院選挙
衆院選、2大政党の戦い 自・民対決219選挙区に【asahi.com】
http://www.asyura2.com/07/senkyo45/msg/753.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 02 日 09:58:26: YdRawkln5F9XQ


衆院選、2大政党の戦い 自・民対決219選挙区に【asahi.com】
http://www.asahi.com/politics/update/1231/TKY200712310129.html
2008年01月02日09時02分

 次期衆院選に向け、各党が立候補予定者の擁立を進めている。31日現在の朝日新聞社のまとめでは、300小選挙区のうち、自民党は9割超で選定を終え、民主党も8割近くで候補者を内定。すでに219選挙区で、自民、民主両党の直接対決が固まった。共産党が候補者を絞る考えを示しており、自民、民主の二大政党対決を軸に展開しそうだ。今後、自民党は復党した郵政反対組と「刺客」らの調整、民主党は空白区解消や野党間の選挙協力が焦点になる。

 現在の衆院議員は09年9月が任期満了。福田首相は昨年暮れ、解散の時期について、今年7月の北海道洞爺湖サミット以降にしたいという意向を示したが、昨年7月の参院選で大勝した民主党は、今春の予算関連法案の採決前後にも解散に追い込みたい考えだ。

 今のところ、自民党で候補者擁立が固まったのは280選挙区。東京12区や大阪16区など公明党の現職がいる8選挙区は擁立を見送る。公明党が前回落選した沖縄1区は調整中で、擁立のめどが立っていない空白区は11選挙区。

 ただ、前回05年の郵政総選挙の余波はなお残る。無所属で当選し、06年末復党した郵政反対組と、「刺客」などとして比例区で復活当選した現職同士が競合するのは、岐阜1区など計6選挙区。党本部は決着を年明けに先送りした。落選した元自民の郵政反対組が、自民公認と激突する選挙区も静岡7区など10選挙区前後に及ぶ。

 民主党は昨年末までに232選挙区(推薦を含む)の候補者を内定したが、小沢代表は内定していても「勝てる候補」に差し替える可能性を示唆しており、内定者も気が抜けない。当面、250選挙区での擁立が目標。14選挙区で擁立を固めた社民や、国民新党、新党日本と選挙協力を進め、25選挙区程度で他党の候補者を支援する構えだ。

 ただ、東京6区や神奈川12区などで民主、社民両党が競合。野党間のすみ分けは徹底していない。

 比例区に軸足を置く共産党は、全選挙区擁立をめざす従来の方針を転換した。昨年末までに123選挙区の公認を内定。最終的に140選挙区前後になりそうだ。「共産空白区」では、結果として共産票が民主候補に流れる可能性もある。

 新党日本は、都市部の民主党の空白区で候補者擁立を検討している。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-02 09:59 | 次期衆議院選挙
20選挙区で民主が逆転 共産候補半減で地殻変動?(中国新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/1041.html
投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 12 月 09 日 14:14:56: Lif1sDmyA6Ww.


http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200712090123.html

20選挙区で民主が逆転 共産候補半減で地殻変動? '07/12/9

--------------------------------------------------------------------------------

 共産党が次期衆院選で候補者を擁立する小選挙区が前回より半減、三百選挙区のうち百四十程度にとどまる見通しとなった。「共産支持者が与党に投票するとは考えにくい。民主党に有利に働く」との見方が強いが、与党側には「民主への反発もある。棄権票が多いのではないか」との期待も。共産票はどこに流れるか。与野党の選挙担当者はその行方に神経をとがらせている。

 前回の衆院選で与党候補と民主候補が対決した二百八十八選挙区で、与党は二百二十四勝と圧倒した。だが民主、共産両党の得票を単純合計すると、四十四選挙区で当落が入れ替わる。現時点でこのうち二十選挙区は共産の次期衆院選候補が決まっておらず、このままいけば、民主の逆転勝利が有望になる。

 共産は九月の第五回中央委員会総会で、小選挙区については原則として(1)先の参院選比例代表の得票を当てはめ得票率が8%以上の選挙区(2)各都道府県で最低一人―は擁立するとの方針を決定。この基準に基づいて既に百七選挙区で候補者を決定した。この中に前回衆院選で民共の得票が与党を上回った四十四選挙区のうち、二十四選挙区が含まれている。

 残り二十の中には、自民候補の得票を上回ったものの、当選した郵政造反組のラインには達しなかった岐阜5区が含まれるほか、今後、候補者を擁立する選挙区が出てくる可能性もある。

 だが、共産の候補者が出ない約百六十選挙区への影響も考え合わせると、「候補者半減」の影響は決して小さくない。

 前回衆院選では、「小泉旋風」のあおりで民主候補が大差を付けられた選挙区も多かったが、接戦になれば数千―二万票程度の「共産票」が地殻変動を起こす展開もあり得る。

 このため民主も衆院選に向けて共産の意向を無視できない。額賀福志郎財務相の証人喚問問題では、共産が慎重論に方針転換したのを受け民主は見送りを決めた。幹部は「共産支持者の反発を受けるようなことは、今後も回避することになるだろう」と指摘する。

 与党関係者は「共産は野党票を分散させてくれる与党の生命維持装置だった。これからはそれがなくなる」と警戒を強めている。
[PR]
by wayakucha | 2007-12-09 14:24 | 次期衆議院選挙