阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:アメリカ( 4 )

「米は間違った道を進んでいる」米国人の8割が認識【NYtimes(新華社総合抄訳から和訳)】
http://www.asyura2.com/08/kokusai2/msg/294.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 4 月 06 日 19:10:52: KbIx4LOvH6Ccw


http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10086118536.html から転載。

2008-04-06 17:49:57
gataro-cloneの投稿

「米は間違った道を進んでいる」米国人の8割が認識【NYtimes(新華社総合抄訳から和訳)】
テーマ:世界の動き


ニューヨーク・タイムズ紙がCBSニュースと共同実施した世論調査で、アメリカ人の圧倒的多数がアメリカの進んでいる方向は間違っていると答えたそうだ。だったらそんな国と心中さえしかねないほどの眉米政権を持つわが日本国の行く先はどうなるのだ。もう破滅するしかないということになるではないか!あな恐ろしや!あな恐ろしや!どこへ行く、日本。

============================================

http://news.livedoor.com/article/detail/3585598/

「米は間違った道を進んでいる」米国人の8割が認識
2008年04月06日10時43分

新華社総合:米国で行われた最新の世論調査によると、市民の81%が米国が間違った道を進んでいると感じている。1990年代初期以降最高の水準となった。

この調査はニューヨークタイムズとCBSニュースが共同で実施。3月28日から4月2日にかけて、1368人の同国市民に電話で意見を聞いた。調査結果は3日、ニューヨークタイムズのウェブサイトに掲載された。誤差は3%だという。

調査結果によると、81%の市民が米国は間違った道を進んでおり、しかも深刻な問題に直面していると感じている。このような意見を持つ市民は、2007年には69%、02年に到っては35%しかいなかった。

また米国経済が好調だという市民はわずか21%。1992年以来最低の水準となっている。さらに米国経済はすでに衰退期に入っていると答えた市民も70%近くいた。

今回のサブプライム危機が米国経済に重大な影響を及ぼしたと調査は物語っているが、米国人の多くはその責任は政府ではなく銀行、あるいは不動産オーナーにあると見ている。78%が現在の米国の状況は5年前より悪いと見ており、以前よりもよくなったと答えた人はわずか4%しかいなかった。
今年の大統領選では経済がイラク問題よりも重要な焦点になると市民は見ている。ブッシュ大統領の路線を支持する人は28%しかいなかった。

【翻訳編集:JCBB(O.T)/G-SEARCH】

============================================

ニューヨーク・タイムズ紙の英文記事はこちら ⇒

http://www.nytimes.com/2008/04/04/us/04poll.html?_r=1&hp&oref=slogin
81% in Poll Say Nation Is Headed on Wrong Track
By DAVID LEONHARDT and MARJORIE CONNELLY
Published: April 4, 2008



Americans are more dissatisfied with the country’s direction than at any time since the New York Times/CBS News poll began asking about the subject in the early 1990s, according to the latest poll.

In the poll, 81 percent of respondents said they believed “things have pretty seriously gotten off on the wrong track,” up from 69 percent a year ago and 35 percent in early 2002.

Although the public mood has been darkening since the early days of the war in Iraq, it has taken a new turn for the worse in the last few months, as the economy has seemed to slip into recession. There is now nearly a national consensus that the country faces significant problems.

A majority of nearly every demographic and political group — Democrats and Republicans, men and women, residents of cities and rural areas, college graduates and those who finished only high school — say the United States is headed in the wrong direction. Seventy-eight percent of respondents said the country was worse off than five years ago; just 4 percent said it was better off.

The dissatisfaction is especially striking because public opinion usually hits its low point only in the months and years after an economic downturn, not at the beginning of one. Today, however, Americans report being deeply worried about the country even though many say their own personal finances are still in fairly good shape.

Only 21 percent of respondents said the overall economy was in good condition, the lowest such number since late 1992, when the recession that began in the summer of 1990 had already been over for more than a year. In the latest poll, two in three people said they believed the economy was in recession today.

The unhappiness presents clear risks for Republicans in this year’s elections, given the continued unpopularity of President Bush. Twenty-eight percent of respondents said they approved of the job he was doing, a number that has barely changed since last summer. But Democrats, who have controlled the House and Senate since last year, also face the risk that unhappy voters will punish Congressional incumbents.

Mr. Bush and leaders of both parties on Capitol Hill have moved in recent weeks to react to the economic slowdown, first by passing a stimulus bill that will send checks of up to $1,200 to many couples this spring. They are now negotiating over proposals to overhaul financial regulations, blunt the effects of a likely wave of home foreclosures and otherwise respond to the real estate slump and related crisis on Wall Street.

The poll found that Americans blame government officials for the crisis more than banks or home buyers and other borrowers. Forty percent of respondents said regulators were mostly to blame, while 28 percent named lenders and 14 percent named borrowers.

In assessing possible responses to the mortgage crisis, Americans displayed a populist streak, favoring help for individuals but not for financial institutions. A clear majority said they did not want the government to lend a hand to banks, even if the measures would help limit the depth of a recession.

“What I learned from economics is that the market is not always going to be a happy place,” Sandi Heller, who works at the University of Colorado and is also studying for a master’s degree in business there, said in a follow-up interview. If the government steps in to help out, said Ms. Heller, 43, it could encourage banks to take more foolish risks.

“There are a million and one better ways for the government to spend that money,” she said.

Respondents were considerably more open to government help for home owners at risk of foreclosure. Fifty-three percent said they believed the government should help those whose interest rates were rising, while 41 percent said they opposed such a move.

The nationwide telephone survey of 1,368 adults was conducted from March 28 to April 2. The margin of sampling error was plus or minus 3 percentage points.

When the presidential campaign began last year, the war in Iraq and terrorism easily topped Americans’ list of concerns. Almost 30 percent of people in a December poll said that one of those issues was the country’s most pressing problem. About half as many named the economy or jobs.

But the issues have switched places in just a few months’ time. In the latest poll, 17 percent named terrorism or the war, while 37 percent named the economy or the job market. When looking at the current state of their own finances, Americans remain relatively sanguine. More than 70 percent said their financial situation was fairly good or very good, a number that has dropped only modestly since 2006.

Yet many say they are merely managing to stay in place, rather than get ahead. This view is consistent with the income statistics of the past five years, which suggest that median household income has still not returned to the inflation-adjusted peak it hit in 1999. Since the Census Bureau began keeping records in the 1960s, there has never been an extended economic expansion that ended without setting a new record for household income.

Economists cite a variety of factors for the sluggish income growth, including technology and globalization, and it clearly seems to have made Americans anxious about the future. Fewer than half of parents — 46 percent — said they expected their children to enjoy a better standard of living than they themselves do, down from 56 percent in 2005.

Respondents were more pessimistic when asked in general terms about the next generation, with only a third saying it would live better than people do today. (Polls usually find people more upbeat about their personal situation than about the state of society, but the gap is now larger than usual.)

Charles Parrish, a 56-year-old retired fireman in Evans, Ga., who now works a maintenance job for the local school system, said he was worried the country was not preparing children for the high-technology economy of the future. Instead, the government passed a stimulus package that simply sends checks to taxpayers and worsens the deficit in the process.

“Who’s going to pay back the money?” Mr. Parrish, an independent, said. “We are. They are giving me money, except I’m going to have to pay interest on it.”

Democrats have asserted recently that the lack of wage growth has made people more open to government intervention in the economy than in the past, and the poll found mixed results on this score.

Fifty-eight percent of respondents said they would support raising taxes on households making more than $250,000 to pay for tax cuts or government programs for people making less than that amount. Only 38 percent called it a bad idea. Both Senator Hillary Rodham Clinton and Senator Barack Obama, the Democratic presidential candidates, have made proposals along these lines.

More broadly, 43 percent of those surveyed said they would prefer a larger government that provided more services, which is tied for the highest such number since The Times and CBS News began asking the question in 1991. But an identical 43 percent said they wanted a smaller government that provided fewer services.

And although both Mrs. Clinton and Mr. Obama have blamed trade with other countries for some of the economy’s problems, Americans say they continue to favor trade — if not quite as strongly as in the past. Fifty-eight percent called it good for the economy; 32 percent called it bad, up from 17 percent in 1996.

At the same time, 68 percent said they favored trade restrictions to protect domestic industries, instead of allowing unrestrained trade. In early 1996, 55 percent favored such restrictions.
[PR]
by wayakucha | 2008-04-06 21:05 | アメリカ
「体制転覆:ハワイからイラクに至るまで、一世紀にわたるアメリカによる体制変革」その2
http://www.asyura2.com/08/reki01/msg/200.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 2 月 09 日 20:19:51: YdRawkln5F9XQ


http://eigokiji.justblog.jp/blog/2007/04/2_5096.html

2007年4月 2日 (月)
「体制転覆:ハワイからイラクに至るまで、一世紀にわたるアメリカによる体制変革」その2
democracynow.org


2006年5月8日分放送の翻訳


「体制転覆:ハワイからイラクに至るまで、一世紀にわたるアメリカによる体制変革」第二部


エイミー・グッドマン:元ニューヨーク・タイムズの海外特派員、スティーブン・キンザーさんとのインタビューの第2部に入りましょう。キンザーさんの新刊は、『体制転覆:ハワイからイラクに至るまで、一世紀にわたるアメリカによる体制変革』(原題:Overthrow:America's Century of Regime Change from Hawaii to Iraq)です。私はシカゴで数週間前にキンザーさんにインタビューしました。私たちは、ハワイからイランに至るまで、米国が関与した多数のクーデターについて話しました。第2部は、アメリカが支援したイランでのクーデターから1年後のグアテマラについてです。


スティーブン・キンザー:アメリカ合衆国が1954年に実行したグアテマラのクーデターは、世界中を不安定にするばかりでなく、グアテマラのみならず、ラテン・アメリカ全体、さらにはその外部においてさえ、反米感情を激化させた多数のクーデターの一つです。グアテマラは他の中米諸国と一緒に1820年代にスペインから独立しました。他の大半の中米諸国同様、1944年まで一連の独裁者の支配下にありました。そして革命が起きました。十年間グアテマラでは民主主義が機能していたのです。


グアテマラは、経済的には完全に一つのアメリカ企業つまりユナイテッド・フルーツに支配されていました。同社はワシントンと特別に強いコネを持った強力な企業でした。アイゼンハワー政権幹部の多くは、ユナイテッド・フルーツの株主か、元重役か、同社と強いコネがあるかのいずれかでした。さて、グアテマラでは、ユナイテッド・フルーツはこの国のバナナ輸出の大半を占めているだけではありませんで、50万エーカー以上の土地、しかもこの国の最も豊じょうな土地のかなりを、使わないまま保有していました。同社はこうした土地を将来何かに使うという可能性のためだけに保有していたのです。


1950年代初期にグアテマラで権力を握ったアルベンス大統領は、その土地を収用して、食うや食わずのグアテマラ農民の間で分け与えたいと思ったのです。民主的な投票で選出されたグアテマラ議会が、ユナイテッド・フルーツに、ユナイテッド・フルーツが前年の所得申告で土地価格として書いた価格で、使っていない土地をグアテマラ政府に売却するよう要求する土地制度改革法を通過させたのです。そこで当然、フルーツ社はこの要求を受けると怒り狂って言いました。「もちろん、土地の本当の価格を所得申告に書く者などいるものか、本当の価格はその十倍以上するのだ。」しかし、グアテマラ政府は言ったのです。「申し訳ありませんな。あなた方ご自身で、土地をそのように評価された以上、我々としては、あなた方にその価格で売却されるよう主張しているのです。」


そこでユナイテッド・フルーツはワシントンでの工作を始めたわけです。アルベンス政権がこのようなやり方をしなかったならば、土地制度改革計画に着手しなかったならば、ユナイテッド・フルーツの土地を取り上げようとしなかったならば、もしも基本的に反米でなかったならば、同社はアイゼンハワー政権を説き伏せはしなかったでしょう。さらに冷戦情況も重なっていました。そこでユナイテッド・フルーツは、この政府はグアテマラにおけるアメリカ企業の利益に敵対的であるだけでなく、疑うべくもなくクレムリンの手先であり、当時のアメリカ人はそう考えていたのですが、世界中でアメリカの利益を損ねようとしているのだと米国政府を説得することができました。


グアテマラ・クーデターの準備段階で、ブラジル人大使が実際国務長官ジョン・フォスター・ダレスに面会して、本当にソ連がグアテマラを操っている証拠があるのかどうか訊ねると、ダレスは極めて率直に答えたのです。「そういう証拠はありませんが、我々はあたかもそうであるに違いないかのように進めています。」こうしてアメリカ合衆国は比較的容易にグアテマラ政府を転覆しました。


エイミー・グッドマン:ジョン・フォスター・ダレス国務長官は、ユナイテッド・フルーツの企業弁護士でしたね。


スティーブン・キンザー:ダレスは、ユナイテッド・フルーツがワシントンに対して持っていた大変な影響力の完璧な見本でした。国務長官はユナイテッド・フルーツの元弁護士でした。ですから、ユナイテッド・フルーツが悩まされれば、彼も悩まされるように感じたのです。また戦闘的な反共主義者としても、彼はこれは共産主義者の陰謀の一部だと考えたのです。今ではモスクワで公開された文書によって、ソ連はアルベンスやグアテマラの存在など知らず、この情況に対する関心は微塵もなかったことが明らかになっています。


さてグアテマラ・クーデターの余波はどうだったでしょう? アメリカは独裁を押しつけました。数年のうちに、この独裁が革命を引き起こしました。これは30年もの内戦となりましたが、事実上それは何十万人ものグアテマラ人が殺された長い一連の虐殺なのです。実に恐ろしい時期でしたし、私自身その一部を特派員として記事にしましたが、どこか他の国が、世界の他の場所で同じことをしたのであれば、アメリカはきっとあれを大量虐殺だとして糾弾していたでしょう。


さてそこで、こうしたクーデターで何度も眼にするもう一つのパターンに至ります。政府を打倒した直後に決定的な瞬間がやって来るのです。そこで、アメリカは誰を新指導者にするかを決めねばならないのです。誰をこの国の指導者にしたらよいだろう? アメリカは、二つの条件を満たしてくれる人物を望むのです。まず第一に、人気がある人物ということです。権力者の地位に居続けることができて、しかも国民から支持される人物です。そして、第二に、アメリカが望むことをしてくれる人物であるということです。アメリカは、わざわざある政府を転覆して、自分の気にくわない人物を権力に据えたりなどしません。そこで、アメリカは、両方の条件を満たすのは無理なことに間もなく気がつきます。人気があって、しかもアメリカ合衆国の命令に従うなどという人物がいるわけはありません。人気のある指導者は、アメリカ合衆国の利益よりも、まず自国の利益を大事にするものです。それが我々が介入する理由ではないのです。


そこで、アメリカは別の方法を選びました。アメリカは、その国民には人気は無くとも、アメリカが望むことをしてくれる人物を選んだのです。一体どういうことでしょう? 国民が彼を嫌うので、その人物は、ますます抑圧を強めた統治をしなければならなくなるのです。アメリカ合衆国は、そこでその人物を軍事的に支援しなければならなくなります。これはつまり、独裁者に対する反対勢力は、アメリカ合衆国に対しても反対勢力となるということです。怨念はつのってゆきます。究極的に爆発が起き、もともと最初に介入して打倒した政権よりもはるかに独裁的な政権が現れるという結末に終わるのです。


エイミー・グッドマン:それで、1954年のグアテマラ・クーデターで、イランでモサデクを米国が打倒した一年後に、民主的に選出されたアルベンス大統領を米国が打倒しましたね。


スティーブン・キンザー:モサデクがイランで打倒された後、クーデターを実行したCIA秘密工作員カーミット・ルーズベルトが、彼は実は初期の介入主義者であるセオドア・ルーズベルトの孫なのですが、ホワイト・ハウスに帰還して、アイゼンハワー大統領とダレス国務長官と他の外交政策チームのメンバーに要旨説明をしたのです。そしてカーミット・ルーズベルトは、後にその場面についてこう書いています。「要旨説明をしながら、ジョン・フォスター・ダレスの様子を見ましたが、彼はにんまり笑っていたのです。巨大な猫のように、彼は喜んでゴロゴロのどを鳴らしているように思えました。」 ルーズベルトはダレスが何を考えているかは知りませんでしたが、私はダレスが何を考えていたかわかる気がするのです。「これは素晴らしい! イラン政府転覆がいかに容易だったかというニュースを今聞いているのだ。つまり我々は外国政府を打倒する新手の方法を、全く新手の手段を手に入れたことを意味しているのだ。」と思っていたに違いありません。


エイミー・グッドマン:でイランの場合はブリティッシュ・ペトローリアムでしたか?


スティーブン・キンザー:イランの場合、モハメッド・モサデク首相が犯した罪は、究極的に、この介入を引き起こしたものは、石油会社の国有化でした。ですから、実際、この二つの状況は非常によく似ています。イランのモサデクもグアテマラのアルベンスも民族主義的な指導者で、いかなるソ連の影響に応えていたわけではなく、自国民の正当な要求に応えて、自分たちの天然資源から得られる富は、アメリカや、イギリスや他の外部勢力ではなく、自国民をこそ潤すべきだと決断したのです。


エイミー・グッドマン:1954年からもう一つの9・11に至る1973年までの、ラテン・アメリカを見てみましょう。ヘンリー・キッシンジャーが民主的に選出された指導者を打倒した人物ピノチェットと握手をしている貴重な写真をお持ちですね。チリで何が起きたか、お話いただけますか?


スティーブン・キンザー:チリは、色々な点でアメリカの基本的な原理を喜んで受け入れ、具現していた指導者を、アメリカが打倒して、アメリカ合衆国が主張するあらゆるものを軽蔑していた独裁者に置き換えたというもう一つの例です。アジエンデは民主的に選出された指導者でしたし、自称マルクス主義者でしたが、彼は終生チリの民主主義制度の枠内にありました。彼は国会の議長であり、上院議員でもありました。彼は完璧にチリの民主主義の一部になっていて、任期が終われば、おそらくはより保守的な誰かと交替して政権を去ったはずです。しかしアメリカ合衆国はそれが待てないのです。アメリカは、欲しいものは、後でなく、今すぐ欲しいのだという、性急さ、主張の反映です。


チリでは、グアテマラ、イランと同様に、膨大な天然資源が外国企業によって支配されていました。チリの資源は銅でした。そして、そこで稼働していた二つの巨大アメリカ企業はケネコットとアナコンダでした。アジエンデは、二社のチリ人持ち分を国有化しようとしたのです。そこでこの二社はITTのようにチリで活動していた他企業同様、パニックに陥りました。連中はすぐさまホワイト・ハウスに出向きました。有力なチリ人ビジネスマンの一人でチリ最大の新聞社のオーナーはヘンリー・キッシンジャーに個別に話を聞いて貰う機会を得ました。ニクソンは即座に行動を起こしました。アジエンデが権力を握るという予想から、彼は非常に動揺したのです。


そして、これは動機がどのように変身するのかというもう一つの例です。もしもアジエンデがケネコット、アナコンダや他のアメリカ企業を悩ますことがなかったなら、悩ませると脅かすことがなかったなら、そうした企業はホワイト・ハウスに異議申し立てをすることは無かったでしょう。けれども、一度連中が異議申し立てをすると、ホワイト・ハウスは連中の主張を喜んで受け入れ、ちょっとばかりそれを変形させたのです。米国はアメリカ企業保護の為という理由でチリに直接介入はしませんでしたが、ある政府がアメリカ企業を悩ませているという事実から、アメリカは、その政府は戦略的、政治的にアメリカ合衆国に反対しているに違いないと信じるに至ります。そこでそれが、個人的には本当のアメリカ企業擁護者ではなかったニクソンとキッシンジャーを、経済的と政治的の両方の理由の組み合わせだとこの二人が感じる行動に押し出した動機となりました。けれども介入は秘密裏に遂行され、ようやく数年後になって、どれほどこれが完璧なワシントン仕立ての作戦であるかを示す非常に大量の文書が出現したのです。


エイミー・グッドマン:その写真は何でしょう?


スティーブン・キンザー:ピノチェットとキッシンジャーが写っている写真は素晴らしいでしょう。クーデター後間もなく、一年か二年後に、キッシンジャー国務長官が米州機構の会合で演説するためチリにやって来ました。その演説で、人権と、人権の推進に関するアメリカの関心について、形ばかりの言及を多少しなければならなかったのです。けれどもその演説をする前日、キッシンジャーはピノチェットを内密に訪問したのです。その会合の記録がここに有ります。彼がピノチェットに言ったことの要点は「明日、人権について演説をする予定ですが、それは貴殿にはあてはまりません。どうぞ深刻に受け止められぬよう。我々はあなたを支持しますし、あなたが政権におられることを喜んでいるのです。」ですから、対チリ米国政策の公的な上面は、当時においてすら、アメリカが直接ピノチェットに内密に語ったこととは大きく違っていたのです。


エイミー・グッドマン:ところで、スペイン語圏諸国のことにふれたので、プエルトリコに話を戻しませんか?


スティーブン・キンザー:プエルトリコはもう一つの非常に興味深い例です。それはプエルトリコがスペイン領だったからです。しかし1898年、スペインの新しいリベラルな政権がプエルトリコに相当な程度の自治を与え、プエルトリコ人は大いにそれを信奉したのです。彼らはキューバ人がしたようにスペインの植民地統治に反乱していたわけではありません。しかも彼らは、イギリスがカナダに与えたよりもずっと大きな自治を与えられたのです。実際、選挙もありました。彼らはプエルトリコ自治政府を作り、スペイン統治という枠組みの中で、プエルトリコの政策の方向をかなり支配することができる予定でした。極めて先見の明のある指導者がいました。ルイス・ムニョス・リベラで、彼はプエルトリコの新首相になるはずでした。


いわばキューバへの途上として、米国が侵略し、彼の政府はわずか一週間しか持ちませんでした。米西戦争はプエルトリコを目標にしたものではありませんでした。プエルトリコをアメリカに取りこむ意図はもともとありませんでしたが、プエルトリコは、たまたまそこにあり、また、取りこむことが可能であって、魅力的な国で、米国が支配したかった海路上にありました。そこで米国が乗り出して、本質的にプエルトリコ自治政府を押しつぶしました。アメリカはプエルトリコを軍政下に置きました。


そして間もなく、それから数年間にプエルトリコで最初に起きたのは、コーヒーの小農園が乗っ取られ、巨大な砂糖プランテーションへの転換です。ラテン・アメリカでは、時にコーヒーのことを、貧乏人の作物と呼びますが、これはコーヒーならごく狭い土地でも栽培できるためで、一方砂糖はそうは行きません。そこで、四つの巨大なアメリカの製糖会社に明け渡すため、本質的に多数のプエルトリコ人が土地を奪われ、プエルトリコは1898年に自己統治を始めた極めて自信を持った新興国家から植民地状態、しかもそれから数十年、非常に貧困なものになってしまいました。


エイミー・グッドマン:で、その後の年月に一体何がおきたのでしょう?


スティーブン・キンザー:プエルトリコでは、長期的には事態はもっと悪化する可能性があったと主張することも可能だと思います。アメリカが長い時間の後、この国で起きたことに対して責任を取ろうと決めた介入の一つです。しかも、それには特別な理由がありました。キューバでのフィデル・カストロの登場と大いに関係があります。米国がカリブ海に悲しいほど貧しい植民地を所有しているという考えは、突然格好の良い物ではなくなったのです。キューバに対する、まずい比較対照でしたから。そこで1950年代と1960年代になってようやく、米国はプエルトリコを開発し、低開発国からアメリカが考えるこの国の20世紀前半の姿に引き上げようと試み始めました。


エイミー・グッドマン:スティーブン・キンザーさんとお話しています。彼は『体制転覆:ハワイからイラクに至るまで、一世紀にわたるアメリカによる体制変革』(原題:Overthrow:America's Century of Regime Change from Hawaii to Iraq)の著者です。グレナダとパナマの話をしましょう。グレナダ、パナマで何が起きたかを見てから、そうですね、今日のイラクについて触れましょう。


スティーブン・キンザー:アメリカによる外国政権打倒の歴史を、私は三つの時代群にわけました。一番目のアメリカによる外国政府打倒は、19世紀後半と、20世紀初期のことです。これはアメリカがあからさまに外国を侵略できた時期です。冷戦時代には、もはやそれができませんでした。そうすればソ連が反撃するかも知れないと恐れたためです。それが、密かに政府を転覆するため、アメリカがCIAを使った理由でした。しかしソ連が消滅すると、アメリカはもはやそうする必要が無くなったのです。そこでアメリカは、言うなれば元の政策、つまり外国政府を侵略することに戻ったのです。


グレナダの状況は、グレナダ国内の極端に好戦的な過激派が蜂起して、自分たちの政治指導者を暗殺した時に始まったのです。数百人のアメリカの医学生が小さなグループでグレナダにいました。米国はごく容易に、医学生たちを避難させられた筈です。事実、新政権はアメリカにつけいる口実を与えないため、連中を外に出したがっていたのです。


けれどもグレナダ作戦が行われたのは、より大きな世界政治の文脈中のことでした。アメリカ合衆国は依然としてベトナム敗北の屈辱からの回復過程にありました。そして実際、グレナダ侵攻が行われる直前の週末には、レバノンの米国海兵隊兵舎が爆破され、200人以上の海兵隊員の命が奪われました。米国は世界の中でとても無力だと感じていて、そしてアメリカは再び断固とした姿勢をとるようにするという公約でレーガン大統領が権力の地位についたのです。地域の指導者たちの何人かは平和的に解決したがっており、天然資源を何も持たず、水やガソリン等さえないグレナダの周囲を封鎖したいと思っていて、グレナダ危機を平和に解決する可能性はあったのです。グレナダはある種の地域的圧力には非常に弱かったでしょう。これはアメリカ合衆国には受けませんでした。米国がもう実に長いこと味わえていなかった、大きな軍事的勝利を得る好機であることを、レーガンと側近は即座に理解したのです。


グレナダの全国民は、ローズ・ボール・スタジアムに収容できるのです。実に小さな国なのです。そこで、侵略の後、ごくごく僅かな費用でグレナダをカリブ海の沃野に変身させ、アメリカが介入した後で、何か良いことも起きることを示す希有の機会がアメリカにはあったのです。その費用は驚くほど些細なものだったはずです。人口わずか10万か12万人ですから。けれども、そうはせず、アメリカはグレナダに背を向け、次のプロジェクトに移ってしまいました。それでもレーガン政権の狙いはそれなりに実現しました。狙いはアメリカに勝利させるというものでした。あわれなほど小さな島に対する戦勝ではありましたが、海兵隊員が何か前向きなことをしている様子を見せることはできたのです。それが、アメリカがこの作戦を実行した本当の理由だったろうと思います。


エイミー・グッドマン:さてパナマです。あなたは父ブッシュ元大統領が今やアメリカ合衆国の監獄にいるノリエガと一緒に写っている写真をお持ちですが?


スティーブン・キンザー:アメリカがパナマに介入し、侵略したのはノリエガ将軍を打倒する為でしたが、パナマの章を書きながら私が発見したのは、ノリエガは30年間CIAから給料を貰っていたということでした。彼はいくつも罪を犯しています。その一部は麻薬輸出に関与したことですが、米国政府とCIAは長年このことをすっかり知っていたのです。彼はパナマを米国の軌道から抜け出させようとしていたのです。コントラ戦争を中米で実行しようというアメリカの計画の邪魔をしていました。中米和平交渉の一部だったコンタドーラ提案を覚えておられるでしょう。コンタドーラというのは、実際はパナマの島の一つで、この平和交渉の一部がコントラ計画の実行を駄目にする可能性があったのです。


さらに、ノリエガは、パナマ人がアメリカ侵攻のわずか数日前に遂行しようとしていたクーデターで打倒できていたはずなのです。しかも、このクーデターを遂行しようとしていたパナマ人将軍は米国に通報していたのです。米国に、ノリエガに忠誠な連中がパナマに入るのを防ぐため、道路を幾つか封鎖して欲しいと頼んだだけですが。このクーデターは成功したでしょうけれど、アメリカは支援しなかったのですが、アメリカ人指揮官は後にその理由を説明しました。クーデターは、単にノリエガの打倒で終わっていただろうというのです。それでは極めて民族主義的なパナマ国防軍が無傷なままで残ってしまうはずでした。アメリカは単にノリエガだけ打倒したかったわけではないのです。アメリカは、アメリカの影響が及ばなくなり、民族主義的なパナマ国民の熱望をある程度反映するものとなっていた軍組織を丸ごと打倒したかったのです。しかもそれはパナマ人による介入によって見事に実現される結果ではありませんでした。


エイミー・グッドマン:あと一分しかありません。でも当然今のイラクについてお話いただけますね。


スティーブン・キンザー:ブッシュ大統領がおよそ二年前、イラク侵略を発表したあの日、ホワイト・ハウスの「条約の部屋」(トリーティ・ルーム)という部屋で、演説の練習をしていたのです。キューバとプエルトリコに対する支配権をアメリカに委譲するスペイン降伏の文書が百年以上昔に署名された、まさにその部屋でした。部屋の壁には、条約署名場面の絵が掛かっています。絵の中でウイリアム・マッキンリー大統領の巨大な姿が目立ちます。つまりブッシュがイラク侵略を宣言する演説を読んでいた時、マッキンリーは象徴的に、ブッシュ大統領の肩越しに見ていたのです。ブッシュが米国を外国政権打倒の時代に引きずり込んだのではないことを、マッキンリー大統領以上に良く理解できる人物などいないでしょう。米国は一世紀以上もそうし続けているのですから。


http://www.democracynow.org/article.pl?sid=06/05/08/1353206&mode=thread&tid=25


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました
[PR]
by wayakucha | 2008-02-09 20:21 | アメリカ
戦争をしている国のリアリズムと戦争を知らない国の浮き世離れ(経済コラムマガジン)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/569.html
投稿者 JAXVN 日時 2008 年 1 月 27 日 15:41:58: fSuEJ1ZfVg3Og


「経済コラムマガジン08/1/28(512号)

・戦争をしている国

・モノラインの話
連鎖的な世界株安に対する米国政府とFRBの対応が素早い。これも一般の日本人が思っているより、米国の実態経済が悪いことを米国の当局が認識しているからであろう。事前の予想は「28日の一般教書でブッシュ大統領が景気対策を発表」「30日のFOMCで利下げが決定」であった。その予想を覆し、早めに対策が実施された。

しかも事前には10兆円程度と予想された景気対策が15兆円に増額された。また必要があれば、さらに財政出動の増額を検討するという政府のコメントが追加された。一方、30日の利下げ幅は「0.5%か0.75%で、0.75%の方が濃厚」と予想されていた。ところが22日に前倒しで0.75%の緊急利下げが実施され、さらに30日のFOMCで追加の利下げを行うことが示唆された。

しかし市場関係者の間には、「対策が遅すぎる」「景気対策の金額がまだ小さい」という声がある。実際、サプライズを演出した景気対策の発表や緊急利下げの実施にもかかわらず、当初、ニューヨーク株式市場の反応は鈍かった。特に18日の大統領の景気対策が公表されたが、株価は逆に下落したのである。この下落が影響し、連鎖的に世界の株価が大幅に下落したのである(フランスのソシエテの持ち株処分も影響しているという話が飛出しているが)。

ニューヨークの株式市場が小康を取戻し、さらに反発に転じたのは、「モノライン会社」に対する対策が検討されているという報道が流れてからである。日本でなじみの薄いモノラインとは、金融証券に特化して保証業務を行っている保険会社のことである。一方、あらゆる分野の保証をしている一般の保険会社はマルチラインと呼ばれている。

以前、モノラインは、地味に保証料をとって地方債などの金融商品の元利を保証していた。しかし近年、モノライン(全てのモノライン会社ではないが)はサブプライムローン関連の証券の保証を行うようになった。サブプライムローンの急増によって、モノラインの業容は急拡大した。

ところがこのサブプライムローンが焦げ付き始めたのである。これによってモノライン会社が大きな損失を出し、資本不足になり、資本増強が必要になった。ところが格付会社(フィッチ)が、大手モノライン会社アムバックの格付をトリプルAからダブルAに引下げた。この格下げをきっかけに増資の引受け手がいなくなり、同社は窮地に陥っているのである。モノライン各社は地方債などの他の金融証券も保証しているので、モノラインの格下げや破綻によって、保証しているこれらの債券も格下げになる可能性が出てきた。

債券が格下げされれば債券の価格は下落し、これらを保有している金融機関は評価損を抱え込むことになる。サブプライムローン問題だけでも大変なのに、さらに他の債券の評価損まで引当てるということになれば、米国の金融界はパニックになる。したがってこのモノラインの救済策が検討されているというニュースが流れ、ニューヨークの株式市場は急反発したのである。

しかしモノライン会社の救済は難しい。このことは当局も認めている。まず米国では保険会社を管轄するのは、連邦政府ではなく州政府である。だいたい市場に流れた「ニュヨーク州の当局は大手金融機関に1兆6,000億円の増資に応じるよう要請している」という話自体の真偽が不明(具体的な救済策は決まっていないと思われる)なのである。さらにもし仮に増資が実現してもどれだけ有効なのかも不透明である。いずれ州政府には手に負えず、連邦政府が乗り出す事態も予想され、解決まである程度の時間を要するものと見られる。だいたいモノライン会社は民間会社であり、ちょっと考えても救済策の実行が簡単に行われるとは思われない。

モノライン問題は意外なところに波及している。モノライン会社は一部の保険を再保険で外部に売却しており、日本の保険会社もこれを買っている。損保ジャパンは、モノライン会社の再保険を購入しており、先日、この損失を引当てたことを公表した。筆者は「モノライン会社の救済策」と「S&Pやムーディーズなどの格付会社のモノライン会社への格付」を注目している。このようにサブプライム問題に限っても、影響がこれだけ広がっているのである。

・リアリズムの国
サブプライム問題のここまでの経緯を簡単に振返ってみる。サブプライム問題が初めて世間の注目を集めたのは昨年の7月後半であった。米国の大手金融機関がサブプライムローンで大きな損失を被ったという話が飛出し、これによって世界の株価が下落した。しかし当初、7~9月の金融機関の決算が出て損失が確定すれば市場も落着くものと予想された。

10月、11月に金融機関の7~9月の決算が出揃った。金融機関の損失は大きかったが、この発表によって金融不安の方は一応解消したと見なされた。ニューヨークの株価も10月、11月は小康を保っていた。当時は、これで後はマクロ経済の落込みがなんとかなれば、サブプライム問題は解決するという雰囲気であった。


ところが12月までの金融機関の決算状況が明らかになるにつれ、その損失額があまりにも大きくなっているので、一旦収まった金融不安が再燃した。またモノライン会社の経営危機が表沙汰になり、これが金融不安に拍車をかけた。一方、予想通りマクロ経済の落込みがはっきりしてきた。ニューヨークの株価も大きく下落し始めた(金融関連以外の銘柄も下落した)。

このように米国経済が抱えているのは「金融不安」と「マクロ経済の失速」の二つの問題である。米政府と金融当局(FRB)の今回の措置はこの両方を意識したものである。少なくともこれらを放っておけば、両者が相互に作用して事態が悪化し、両方の問題がさらに深刻化する。

筆者は、今回の政府とFRBの措置だけで、米国経済と米国の市場が回復するとは考えない。しかしこれらの対策が打出されていなかったら、市場はパニック状態になっていた可能性が強い。その意味で今回の一連の緊急対策は価値があった。

今後、短期金利はゼロ金利まで下がる可能性がある。物価の上昇率が2%ならFFレートを2%まで下げ、実質金利をゼロにするのである。一方、財政出動の方は一応青空天井と理解している。実際、政府も必要なら追加措置を講じると言明している。

サブプライム問題に端を発するバブルの崩壊は現在進行中である。筆者は、やはり住宅価格が落着くまで、金融不安は解消しないと考える。米政府や金融当局(FRB)は、金融不安が解消するまでずっとこれに対応することになる。しかし政府が金融機関に直接資本注入を行ったり、サブプライムローン関連の証券を購入することは難しいと考える。建前上では、少なくとも米国は自由主義経済の国であり、政府の経済への直接介入はなるべく避けたい選択肢である。

米国の住宅価格は依然下落を続けている。住宅市場調査会社によれば、米国の住宅価格は昨年だけで8.46%下落した。しかし底に達しているとはとても言えない。したがって米国経済の混乱はまだまだ続くものと考える。

それにしても米国政府は、効果が十分あるかどうかを別にして(今回の緊急対策にかかわらず、市場の混乱はまだまだ続くと筆者は見ている)、実行する経済政策が大胆である。自由主義経済の信奉者の集まりである国であり、政府が経済に関与することを本来嫌うはずの米国で、経済危機に際しての政府の行動が素早い。しかも野党の民主党が政府に協力的である。完全に浮き世離れした日本政府とは正反対である。

米国は建前の国であると同時に現実的なプラグマティズムの国である。平時においては原理原則の綺麗事を常に言っているが、危機に直面すると極めて現実的な対応を行う。まさに米国はリアリズムの国である。筆者は、これは米国が常に戦争を行っているからと考えている。ガソリン税で大騒ぎしている平和ボケの日本とは大違いである。

来週は、今回の市場の混乱に際して発せられた、日本のエコノミストや政治家の虚言・妄言を取上げる。

仏銀ソシエテの不正株取引にまつわる話が出ている。21日、22日にこの持ち株の反対売買がなされ、株価が大幅に安くなったのではないかと言われている。不正取引による株式の持ち高は7兆7千億円であり、大量の売り注文が大量に出されたようである。東証の一日の売買高が3兆円だから、もし持ち株が全て処分されていたなら、世界の株式市場にかなり大きな影響を与えていたことは確実である。

さらにFRBの緊急利下げは、この反対売買を助けることが目的だったという話が出ている。したがって目的を達成したのだから、30日の利下げは予想より小さくなるという観測が出ている。しかしこの話はちょっと考え過ぎと思っている。 」
http://www.adpweb.com/eco/eco512.html

関連
「最大の株安対策は予算の年度内成立」と首相(産経新聞)-景気対策を行う気はないらしい
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/464.html
投稿者 JAXVN 日時 2008 年 1 月 25 日 12:44:32: fSuEJ1ZfVg3Og
[PR]
by wayakucha | 2008-01-27 20:24 | アメリカ
アメリカで革命が起きています(ベンジャミン・フルフォード ブログ)
http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/380.html
投稿者 近藤勇 日時 2008 年 1 月 24 日 17:29:21: 4YWyPg6pohsqI


アメリカで革命が起きています
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/01/post-20.html

色々な所から情報が入ってきたので、今週土曜日の講演会に以下の緊急テーマを加えます。

「アメリカが倒産した裏づけとなる証拠~サブプライムローン問題は表沙汰にになった一つの病状にすぎない~」

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/01/post-3.html

アメリカの国務省、外交官やスパイ組織、軍などは金融で国を支配した勢力に反発をしている。闇の正体が暴かれたので、良い心を持ったアメリカのエリートの過半数が彼らを止めることを決めた。ペンタゴンが貧困や環境破壊を無くすための新しい任務のための準備を始めています。

ブッシュ政権は死体同然です。ブッシュを操っている人達も、彼の引退後のための“知恵遅れ施設”を探しているでしょう。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-26 15:43 | アメリカ