阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:小さな政府( 2 )

フランスの暴動は日本と無縁ではない [ゲンダイ] 
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/1141.html
投稿者 white 日時 2005 年 11 月 18 日 16:20:40: QYBiAyr6jr5Ac

□フランスの暴動は日本と無縁ではない [ゲンダイ] 

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1496424/detail

フランスの暴動は日本と無縁ではない

 10月27日に勃発したフランスの移民暴動が、数日の間にフランス全土に広がった。サルコジ内相が強硬策で対応したために、収拾のつかない状態になり、アルジェリア戦争時に決められた非常事態法に基づいて「非常事態宣言」が発せられた。

 人種問題と宗教問題が暴動の原因なのは確かだろう。しかし、原因はそれだけではない。彼らは、フランス語しか話せずイスラムの世界から切断されている。その一方で、フランスの未来からも見捨てられている。彼らは社会から「取り残された人々」なのだ。

 8月下旬に米国で起きたハリケーン「カトリーナ」も同じだった。堤防が決壊してニューオーリンズの街が水没した。一番ヒドい被害を受けたのが、最も低地の“第9区”だった。“第9区”は、貧困な黒人たちばかりが住んでいた。金持ちたちは自動車でサッサと逃げ、自動車を持たない黒人たちは逃げ遅れて死んでいった。彼らもまた「取り残された人々」だった。

 翻って日本は、欧米諸国に比べて人種・宗教問題は小さいと言われる。しかし、社会から「取り残された人々」は着実に増えている。小泉政権は、軍備や治安を強化する「強い国家」と、行政サービスを削減する「小さな政府」という「新自由主義」を志向しているためだ。それは、勝ち組・負け組といった「冗談」ではすまされなくなる。

 例えば、大量のフリーターは、35歳を過ぎると統計から消えるだけでなく、最低25年間の年金納付義務期間を満たすことが出来なくなり、やがて「国民」からも外されていく。

 さらに最近では、生活保護費を巡って、厚労省が強引なやり方を繰り返し、補助金をカットしようとしている。三位一体改革を骨抜きにするために、各省庁は補助金削減の目標額さえ達成すればいいと、圧力団体のない弱いところから補助金を切ろうとしているのだ。

 今度の介護保険の改正でも、より重度の介護を必要とする人とその家族の負担は耐えられない水準になっていくだろう。障害者自立支援法でも、「自立」という美名の下に、本当に自立しようとしていた障害者は、負担増のために家に戻らなくてはならなくなる。すべて家族の深い闇のなかに問題を閉じ込めようとしている。こうした人たちも、社会から「取り残された人々」なのだ。

「小さな政府」は大量の「取り残された人々」を生み出して社会を荒廃させ、治安を強化する「強い政府」を必要とさせる。マッチポンプのように悪循環が繰り返されるうちに、やがて社会が底割れしてしまうのだ。

【2005年11月15日掲載】

2005年11月18日10時00分
[PR]
by wayakucha | 2005-11-20 22:00 | 小さな政府
「小さな政府」で攻勢 竹中氏、党とも連携
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/1188.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2005 年 11 月 20 日 21:11:14: YdRawkln5F9XQ

「小さな政府」で攻勢 竹中氏、党とも連携
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051120-00000094-kyodo-pol

 小泉純一郎首相の「知恵袋」竹中平蔵総務・郵政民営化担当相が「小さな政府担当相」として、存在感を発揮し始めた。
 とりまとめ役の経済財政担当相として4年半運営に携わってきた経済財政諮問会議では14日、1メンバーとして私案を提出。政府保有不動産などの資産改革について「国民の負担増を論じる前に政府資産売却を行うべきだ」と消費税率の引き上げに言及した谷垣禎一財務相に「宣戦布告」。
 一方で自民党の武部勤幹事長、安倍晋三官房長官に近い中川秀直政調会長らとの連携を強化。武部、中川両氏を「誠に改革的だ」と絶賛、「小さな政府連合軍」の参謀役の趣だ。9月の衆院選直前に就任した党幹事長補佐の続投を武部氏から要請され快諾、党の「小さな政府戦略チーム」(仮称)メンバーにも加わる予定。
(共同通信) - 11月20日17時52分更新

【ワヤクチャ】
この「小さな政府」論はこれまでも阿修羅掲示板にて議論されてきましたが、その議論内容は日本国民にほとんど読まれていないと思われます。
ネットでこの議論を盛り上げる事ができないかと思います。
これは、系統的な議論が必要なテーマであり、「小さな政府」について専門的に議論するブログが必要かと思われます。
皆さんのご意見はいかが?

私の第一の批判点は、
財政再建には歳入と歳出をトータルにシミュレーションする事が必要であり、
この2つを切り離して論じるのは間違いという点です。
「歳出カットの結果による歳入の減少」の予想なども当然立てなければなりません。
この関連性を小泉政権はちゃんと示し得ていないと思います。
[PR]
by wayakucha | 2005-11-20 21:12 | 小さな政府