阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:四川省大地震( 8 )

がれきの中で決然と しかし再建復興が中国政府の試金石に――フィナンシャル・タイムズ(1)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/168.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 5 月 31 日 20:40:42: KbIx4LOvH6Ccw


http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20080529-01.html

がれきの中で決然と しかし再建復興が中国政府の試金石に――フィナンシャル・タイムズ(1)
2008年5月29日(木)19:29

(フィナンシャル・タイムズ 2008年5月22日初出 翻訳gooニュース) ミュア・ディッキー、ジェフ・ダイヤー、ジャミル・アンダリーニ

北京五輪はいきなり、さほど重要ではなくなってしまった。

中国四川省のかなりの部分を引き裂いた地震から10日たち、救助隊はまだ散発的に生存者を助け出している。22日にはがれきの下に216時間も埋まっていた35歳男性が救出された。

しかし中国政府は21日夜、8万人以上が死亡あるいは不明、負傷者は30万人以上に上ると発表。こうした状況で中国は、これから取り組む復興再建と人道支援のとてつもない深刻さを、徐々に受け入れ始めている。政府によると地震で家を失った人は約500万人。これは2004年のインド洋大津波で被害に遭ったどの国の被災者よりも多い。

中国政府による直後の対応は、国のトップダウン体制を速やかに動員して膨大な人員資材を動かし、各方面から高く評価されている。しかし今後の長きにわたる再建・復興の課題と、その中で求められるだろう透明性・開放性の要請に、トップダウン式の国家体制が同じように速やかに対応できるか。それが今後の課題となるだろう。

今後のあまりにも複雑な復興作業は、支援団体など色々な組織と協力して行わなくてはならない。また被害の大きさゆえに国民の悲しみは実に深く、それゆえに中国社会はかつてなかった形で動き始めているのだ。たとえば市民からの寄付金が、災害支援NGOに次々と流れ込んでいる。これは中国の人たちが今までにない形で、責任の所在の明確化を求めていること、そして被災地救済に密接に関わりたいと願っていることの、ひとつの表れだろう。ただでさえ急激な社会の変化によって、中国の一党支配体制はかつてのような統制力を失っている。今回の地震はこの変化をさらに加速化させるかもしれない。

「政府が自分たちだけで何もかもやるのは不可能だ」 中国のHIV感染者・エイズ患者を支援するNGO活動を長年続けるワン・ヤンハイさんはこういう。

地震発生の5月12日以降、中国国内は活発に動いている。公式な死者数が22日現在で3000人を越した被災地・都江堰(ドゥジャンイェン)では、13日早朝の時点ですでに本格的な救助活動が始まっていた。以来、中国全国から10万人以上の人民解放軍兵士が被災地に投入されたし、医療関係者5000人以上が感染症発生などの危険と戦っている。プレハブ住宅の村があちこちに誕生し、当局はこれまでにテント40万張りを被災地に送ったが、中国政府はテント300万張り以上という目標達成のため、22日に改めて各国に提供を要請した。

震災被害の規模が日に日に明らかになるに伴い、中国政府は今年度100億ドル(約1兆円)の震災復興基金の設立を決定。それ以外にも復興費の拠出を約束している。行政府トップの中国国務院は中央政府の各省庁に対し、震災救助復興費用を捻出するため、今年度支出を5%削減するよう指示している。

国営メディアによると、被災者支援の急先鋒に立ってきた温家宝(ウェン・チアパオ)首相は、国民に対して質素倹約を呼びかけ、全ての政府部局には会議や出張の費用を切り詰め、官庁ビルの工事中止を命令。「被災地の救助と支援、そして社会経済の急成長促進。この両方の課題に決然として取り組む」と首相は述べている。

しかし中国がどれほどたくさんの人的・物的資源を持っていたとしても、被災地支援は中国一国だけでまかなえるものでは到底ない。被災地に必要な取り組みが長期的に継続する性質のものになれば、内外NGOの参加受け入れがますます重要になってくる。

「長期的復興の段階に入れば、これまで農村開発に関わってきた草の根組織が、健康や教育、貧困対策といった生活の基本的部分できわめて重要な役割を担えるようになる」 地域開発支援団体「アジア基金」の在中国代表、ジョナサン・ストロムセスさんはこう指摘。こうした草の根組織は専門分野において素早く効果的に対応できるものだという。

アジア開発銀行北京事務所の上級エコノミスト、庄健(ズアン・チャン)氏は、NGOは災害後の復興に貴重な専門知識や経験を提供するだけでなく、NGOが関わることで復興作業の透明性や効率性が向上すると指摘する。

たとえば子供の問題だ。地震のせいで約300万人の子供が自宅から避難させられた、あるいは親と離れ離れになったと言われている。これはインド洋大津波のときとほぼ同じ人数だ。中国政府は行方不明児童の所在確認のため、ウエブサイトや特別電話を含む一元管理システムを設け、複数団体が同じようなことをして情報が錯綜するのを防ごうとしている。

その一方で、多くの被災児童がこれから必要とする心理カウンセリングやその他の支援については、中国政府の得意分野とは言えなさそうだ。「被災地支援はこれまで見事なほど効率的に進んできた。しかし長期的な戦いでは、ほかの団体からの手助けが必要になるだろう」 国際援助団体「セーブ・ザ・チルドレン」のケート・レッドマン氏は、四川省の成都(チェンドゥ)市でこう話す。

中国の支援団体のもとには義援金が途切れなく寄せられている。自分たちは公的団体よりも透明性が高いと自認する新顔の民間団体にも、多くの義援金が集っている。

中国で新階級として成長著しい裕福な起業家たちも、この義援金ラッシュに参加している。ほんの数年前まで中国本土の中国人には、慈善や社会奉仕という発想はほとんどなかった。しかし中国の長者番付を作る上海の経済誌「胡潤百富(フールン・バイフ)」によると、中国トップ10に入る富豪たちは19日までに計3500万ドル(約35億円)を被災地のために寄付したという。胡潤百富のCEO、ルパート・フーゲワーフ氏(中国名「胡潤」フールン)は「今回の地震は中国における慈善活動にとって、本物の分水嶺となった。公にされた寄付の件数にびっくりしている」と話している。

しかしその一方で中国政府は、民間団体や外国団体に被災地での活動の自由をどれだけ認めるつもりなのか。これはまだ不明なままだ。中国共産党の指導層はかねてから、「市民社会」を掲げる民間組織の台頭に危機感を抱いてきた。そうした団体の成長は、共産党の一党独裁を脅かしかねないからだ。

2000年代にグルジア、ウクライナ、キルギスタンと続いた民主化の「カラー革命」において、こうした「市民社会組織」は、独裁政府の打倒に大きな役割を果たした。それを目の当たりにしているだけに中国政府は、国内NGOに対する締め付けを厳しくして、海外NGOへの監視も強めてきたのだ。米マリスト大学のショーン・シー助教授(政治学)は「中国政府は、統制が利かなくなることを警戒している」と話す。

警戒するが故に中国政府は、「政府系の非政府組織(NGO)」(GONGOと呼ぶ)を好んで使い、自らの政治的影響力を損なうことなく、国民の幅広い支援を得ようとする。本当の非政府組織(NGO)に対する柔軟な規則がないため、多くの中国内NGOはグレーな状態で活動しており、いつなんどき政府に閉鎖・解散させらるかもしれない状態だ。

それでも中国政府はここ数年、社会福祉やHIV/エイズ、環境などの分野でNGOに対してずいぶんオープンになってきた。シー助教授はそう指摘する。「社会サービスや救援活動を自分たちだけで面倒みるのは無理だし、GONGOだけでない本物のNGOの協力も必要だ。中国政府はそれを自覚していると思う」   (2へ続く)
[PR]
by wayakucha | 2008-06-07 16:45 | 四川省大地震
中国外交部の秦剛報道官 ・・・ 具体的な点で両国防当局間の協議が必要 【人民網】
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/170.html
投稿者 hou 日時 2008 年 6 月 01 日 00:12:10: HWYlsG4gs5FRk


将来的には、人民解放軍となんらかの交流が重要になってくる。


http://j.people.com.cn/2008/05/30/jp20080530_88996.html

日本の軍用機による被災地支援、両国間の協議が必要

--------------------------------------------------------------------------------


外交部の秦剛報道官は29日の定例会見で、日本の自衛隊機による対中救援物資の輸送について、具体的な点で両国防当局間の協議が必要と指摘した。秦報道官は次のように述べた。

四川大地震の発生後、日本を含む国際社会はさまざまな方法で中国側に物資・人・資金・精神面の支援を迅速に差し伸べた。中国はこれに衷心より謝意を表する。中国人民は日本の政府と人民が示した同情、支持、慰問に非常に感激している。

いくつかの国の緊急救援物資を迅速に被災地に運ぶため、中国側は当該国との合意の上で、当該国の軍用機を使用した物資輸送を決定している。他にいくつかの国の軍も、テントや毛布の提供といった緊急物資援助を行っている。

今回の被災状況が極めて深刻であることに鑑み、関係国と軍に緊急物資援助の意思がある場合、中国側はこれに歓迎の意を表している。どの国が被災国または援助の受け入れ側に援助を提供するにも、その方式を含め、受け入れ国の具体的な状況や受け入れ能力に応じて、双方間で協議を行う必要がある。(編集NA)

「人民網日本語版」2008年5月30日
[PR]
by wayakucha | 2008-06-07 16:43 | 四川省大地震
<四川大地震>自衛隊機派遣見送り 「成果」焦った?日本(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/167.html
投稿者 尾張マン 日時 2008 年 5 月 31 日 09:29:00: YdVVrdzAJeHXM


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000176-mai-cn

 政府が中国・四川大地震の被災地への自衛隊機派遣を見送った背景には、中国側の「要請」をめぐるボタンの掛け違いがあった。その中で、政府内には歴史的な外交成果を狙う焦りも存在し、それが「自衛隊派遣」の独り歩きを招いた側面もありそうだ。

 「昨日、北京の日本大使館に中国政府から要請がありました」

 中国からテントや毛布などの物資の輸送のための自衛隊派遣を要請されたと発表したのは28日午後の町村信孝官房長官の会見。町村氏は「輸送手段について自衛隊によるものを含めて要請があった」と説明した。

 ところが、ある政府関係者は「要請したのは中国軍の少佐」と明かす。少佐は防衛省だと3佐に相当し、陸海空幕僚監部の課長にも満たないレベル。初の自衛隊派遣という歴史的な局面で、課長にも満たない軍人が要請してきたことになる。

 「少佐と聞いた時、この話は大丈夫なのかと感じた」と政府関係者。首相周辺も「中国政府が意思決定したものでも、権威あるものでもなかった。その意味では最初から自衛隊派遣の要請はなかったとも言える」と語る。

 つまり、単なる打診だった可能性があるのだが、中国軍の一部による一つのアイデアは日本政府に伝わる過程で要請に姿を変えていったようだ。

 そのころ、米軍はC17輸送機でハワイから支援物資を四川省・成都まで空輸し、中国軍関係者の出迎えを受けていた。「米軍も受け入れているわけで、過去の経緯からあまり自衛隊を特別扱いしすぎる必要はない」(外務省幹部)との楽観論が広がり、大々的に報道されたこともあって政府はどんどん前のめりになっていった。

 政府関係者は「中国から求められた」と口をそろえたが、実際には日本側が持ち出していた。12日の地震発生の直後、政府は(1)資金援助(2)物資援助(3)緊急援助隊の派遣(4)医療チームの派遣--の4提案とともに「自衛隊の派遣を要請してはどうか」と提案した。

 検討されたC130輸送機での支援内容は、数千万人規模という被害に比べ、テントや毛布の量がかなり限定的。外務、防衛両省には「実現すれば日中関係にとって画期的で、関係改善の象徴的出来事になる」と色めく幹部がいた。自衛隊派遣案がもともと人道支援ではなく、政治的意味合いから出発していたわけで、政府関係者からは「最終的に見送られたのは必然」との声も聞かれる。

【古本陽荘】
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 16:56 | 四川省大地震
M6.4の余震、家屋7万軒超倒壊=せき止め湖、70万人に脅威-四川大地震(5月25日21時1分配信 時事通信)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/145.html
投稿者 赤と黒 日時 2008 年 5 月 25 日 22:37:18: 0cyujm9/N4gxQ


M6.4の余震、家屋7万軒超倒壊=せき止め湖、70万人に脅威-四川大地震
5月25日21時1分配信 時事通信


 【北京25日時事】中国四川省で25日午後4時21分(日本時間同5時21分)、青川県を震源とするマグニチュード(M)6.4の地震が発生した。これまでの余震としては最大規模で、中国新聞社電によれば、1人が死亡、260人以上が負傷し、うち24人は重傷。また、7万軒以上の家屋が倒壊した。政府は二次災害の拡大防止に全力を挙げている。
 また、中国水利省は同日の記者会見で、四川大地震の被災地にできた「せき止め湖」が決壊して大規模な洪水を引き起こす恐れが強まり、下流の住民70万人以上が脅威にさらされていると明らかにした。政府は人工的に水を流出させるため爆破処理を急いでいる。
 土砂崩れで川の流れがせき止められたこうした湖は四川省に34カ所ある。うち北川県の上流3.2キロにある唐家山のせき止め湖では水量が1億立方メートルを超え、毎日2メートル余り水位が上昇している。
 現地の震災対策本部は軍部隊とブルドーザーなどの重機を用意し、綿陽や北川から輸送する態勢を整えたが、悪天候で出発が遅れている。このため、洪水防止を目的に一部爆破を優先する作戦に変更。新華社電によれば、武装警察部隊150人が爆薬を携え、車と徒歩で唐家山に向かった。余震の影響で困難が増したとみられる。
 中国政府は余震発生前の25日正午(日本時間午後1時)現在、地震による死者が6万2664人に上ったと発表した。負傷者は約35万8800人。ほかに2万3775人が行方不明になっている。 

【関連写真】 〔写真特集〕中国・四川大地震
【関連記事】 チベット聖火リレー、1日だけに=抗議行動警戒も理由か
【関連記事】 廃虚の中でテント生活=避難民戻った山間部の町
【関連記事】 生き埋めから再び生還=32年前にも被災の男性
【関連記事】 被災地再建へ慈善セール=北京ダック店など参加

最終更新:5月25日21時27分
 
[PR]
by wayakucha | 2008-05-26 12:55 | 四川省大地震
市民、ネットで助け合い・四川大地震(日本経済新聞)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/122.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 5 月 18 日 20:00:52: sypgvaaYz82Hc


市民、ネットで助け合い・四川大地震(日本経済新聞)

 【綿竹(中国四川省)=多部田俊輔】1000万人以上が被災した中国・四川大地震で、政府の支援が後手に回る中、インターネットの電子掲示板(BBS)で知り合った市民のつながりが存在感を高めている。被災地の仲間とネットや携帯電話のメールで連絡を取り合い、被災地に本当に必要な物資を仲間の手から手を通じて送り届けている。

 「初めまして。君が『527』なのか。薬を持ってきた」。成都市から救援物資を運んできた「欧文」は17日、同市の北に位置する綿竹市で自宅アパートが全壊した「527」に手を差し出し、互いに手を握りしめた。(07:01)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080518AT1G1701G17052008.html
[PR]
by wayakucha | 2008-05-18 22:53 | 四川省大地震
四川省、M6.0の余震=震源近くで日本援助隊が活動(時事通信社)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/115.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 5 月 18 日 09:26:58: sypgvaaYz82Hc


四川省、M6.0の余震=震源近くで日本援助隊が活動-中国(時事通信社)
2008/05/18-06:03

 【成都(中国四川省)18日時事】新華社電によると、中国国家地震局は18日、四川省江油市で同日午前1時8分(日本時間同2時8分)ごろ、マグニチュード(M)6.0の余震が発生したと発表した。省都・成都でも比較的大きな揺れが感じられ、2次災害の発生が懸念される。

 震源の江油市は、日本の国際緊急援助隊が救助活動を行っている北川県の東隣に位置する。援助隊は雷雨という悪天候の下、同県曲山鎮の中学校で作業に当たっている。
 今回の大地震では、M5以上の余震は20回以上発生。同県のほか青川県など被害の大きかった地域も大雨に見舞われており、地滑りや河川増水などにより被害が拡大する恐れがある。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008051800012
[PR]
by wayakucha | 2008-05-18 17:33 | 四川省大地震
援助隊に注がれるのは、まぎれもない青眼だ。(東京新聞)
http://www.asyura2.com/08/asia11/msg/331.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 5 月 18 日 08:57:42: sypgvaaYz82Hc


援助隊に注がれるのは、まぎれもない青眼だ。(東京新聞)
【コラム】筆洗 2008年5月18日

 白眼視されると言えば、冷たい目を向けられることだが、これは、中国の晋書にある「青白眼」の故事に基づく。白眼の逆が、青眼。こちらは歓迎や好意の目だ

 ▼中国四川省青川県の避難所にいた人は「心から感謝している」と言って、手を合わせたという。大地震被災者の救出に駆けつけた日本の国際緊急援助隊に対してである。時に日本人に白い目の向くこともある隣国。だが、援助隊に注がれるのは、まぎれもない青眼だ

 ▼中国政府の派遣受け入れがもう少し早ければと思うが、ともかく日本が一番乗り。一、二陣合わせて六十人が、がれきの下の命を求め、必死で時間と闘っている。聖書・マタイ伝の一節を信じたい。<捜せ、そうすれば見いだすであろう>

 ▼一九九九年の台湾大地震後、台湾の日台交流団体の代表が本紙に語っていた。「真っ先に百人以上も来てくれた援助隊に、本当に感謝している」。日本から送られた仮設住宅なども喜ばれ、後々、日本びいきを指す「哈日族(ハーリーズー)」が増えたという
 
 ▼あれこそ国際貢献、と政府は胸を張るが、イラクで日本びいきが増えたという話は聞かない。むしろ、内外の被災地に真っ先に駆けつける専門組織を常設し「災害救援のジャパン」をこの国の看板にしてはどうか

 ▼救援に活躍するつなぎ服の背の「JAPAN」。
そこに向けられるのは無論、きらきらした青眼のはずだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2008051802012212.html
[PR]
by wayakucha | 2008-05-18 17:30 | 四川省大地震
ミャンマーのサイクロンと中国の地震は、HAARPによる人為操作だった証拠発見!
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/455.html
投稿者 いんきょ 日時 2008 年 5 月 15 日 11:57:29: uk80DLO2JxoUA




すでに多勢の人がこれらについて、単なる自然災害なのかどうか怪しさを感じてることと思います。
ミャンマーと中国! ここ最近、米国の手によって何かと問題を表面化させてる両国において、このタイミングで立て続けにこのような大きな災害が起こったというのは確率的に考えてもたまたま偶然とは考えにくい。

まずはミャンマーのサイクロンNARGISですが、4月27日にベンガル湾中央部で発生とあるようで、それ以前の状況がわからないけど、その数日前ぐらいから熱帯低気圧があったのが徐々に勢力を強めていったというのは間違いないはずで・・・

その後このミャンマーを襲ったサイクロンは、中国・四川省の方向に向かって消滅したようですが、当然そっちの方にもかなりの雨を降らせたんじゃないかという気がします。
そして一週間ほど過ぎてから中国・四川省での巨大地震!

そういえば、昨年7月、我が国においても、人為操作の台風4号がやってきて、その数日後にやはり人為的に引き起こした長野・中越沖地震があったのを思い出します。

そのあたりについては、当時ブログに書いた記事を読んでもらえればと思うけど、台風4号については、沖縄本島に接近したあたりから明らかな人為操作がされていたこと、中越沖地震については、一番わかりやすい証拠として、長野県を地盤に持つ北野建設株の動きがどう考えても地震発生を見越したインサイダーとしか考えられないことなど挙げています。

地震の仕組み的なものについては、
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=617
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=416
あたりを参考にしてください。これは以前、小野寺氏らも同様のことを述べられていました。

また、中国のレーダー画像には、地震発生前日4/11の午後9時頃から翌12日午前中ぐらいにかけて、電磁波によるものと思われる異常が長時間にわたって断続的に現れていました。

そしてこの中国では、三峡ダムがあまりに有名で、これに関してはたとえばウィキペディアあたりでも「2006年8月、香港の中国人権情報センターは三年以内に三峡ダムが強い地震を引き起こす可能性があると発表した。また中国国務院の温家宝総理もこの件について憂慮しているとも添えられている」といったこと書かれてるし、ボーリングやダムによる地震への影響については多くの専門家が日頃からそういったことを伝えています。
今回のこの地震もその三峡ダムが関係してる可能性も十分考えられるし(距離が離れていてもプレートが繋がっていればそのどこにでも地震を起こすことが可能のようです)、また震源地のすぐ近くに紫坪鋪ダムもあり、そっちの方の可能性もあります。
あるいは、上に書いたように、直前のミャンマーを襲ったサイクロンの影響でそのあたりの地下に大量の水が入り込んだことなども考えられ、いずれにしてもそういったことでエネルギーが充満してるところに、どこからか起爆剤となる強力な電磁波を照射したんじゃないかと考えてる次第です。

ということで本題に入りますが、アラスカHAARPの「SC Induction Magnetometer」と呼ばれるチャート(http://137.229.36.30/cgi-bin/scmag/disp-scmag.cgi)で、それの「Bz」にチェックを入れて見てもらうとわかるように、ミャンマーのサイクロンの時、中国の地震の時と、ともに影響を与えたんじゃないかと思われるような形跡が顕著に見られ、しかもそれぞれの期間でパターンも異なっているのです!
サイクロンが発達しはじめた4/28夜から特徴が現れはじめており、それ以前には出てないし、地震が起こった12日以降も今日まで出ていません。

ここでは画像が一枚しか貼れないようなので、とりあえず4/30の分を載せておきますが、他はブログの方に載せてるのを見てください。
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=723
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=722

(このチャートの専門的な見方は私はわかってないので、多少解釈が間違ってるかもしれません。しかし明らかな特徴が現れてるという点は間違いありません)
所々に赤い横線が縦に一定間隔で現れているけど、これはHAARPから送信されてるパルスのようなものと考えてよさそうです。
1Hzの間に5本の周期で現れており、つまり0.2Hz間隔で周波数を出しているということで、これが4月28日から5月3日朝ぐらいまで同じパターンです。


5月5日からは、それが4本、つまり0.25Hz間隔に変わっており、地震発生の前夜・11日の午後10時頃まで断続的に同じパターンが続いています。(地震発生以後はピタリとやんでます)

これはつまり5/3までと5/5以降とで周波数のパターンが違ってるということで、4/28~5/3まではサイクロンの勢力を強めるための電磁波を送信し、5/5~5/11までは地震を起こすための電磁波を送信していたという可能性が極めて高でしょう。
[PR]
by wayakucha | 2008-05-18 16:50 | 四川省大地震