阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:医療( 1 )

「日本の医療は非常事態」/近畿自治体病院、大津で集会(京都新聞)
http://www.asyura2.com/08/iryo02/msg/257.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 15 日 22:22:50: KbIx4LOvH6Ccw


http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2008061400201&genre=A2&area=S00

「日本の医療は非常事態」
近畿自治体病院、大津で集会


(写真省略)
「日本の医療は非常事態だ」と訴える本田副院長(大津市)

 近畿自治体病院交流集会が14日、大津市のホテルで始まり、日本の医療崩壊について全国で講演する済生会栗橋病院(埼玉県)の本田宏副院長が、医師不足から来る医療制度の問題点について熱弁をふるった。

 自治労連近畿ブロック医療部会などの主催。2府4県の約50病院から看護師ら職員約200人が参加した。

 本田医師は、医療費の増加が国を滅ぼすという「医療費亡国論」に基づき、公共事業費と比較して医療費が抑制される日本を「社会保障国ではなく、社会舗装国だ」と指摘。「総医療費を他の先進国並のGDP(国内総生産)10%以上に増やすべき」と主張した。

 厚労省が発表する日本の総医師数には、高齢の引退医師も含まれ現実を反映していないとし「医師は偏在でなく、絶対数が不足している」と力説。「国は医師需給を過小評価している。世界一の高齢化社会を前に、現場が団結して声を上げよう」と訴えた。

 地域医療の再生などがテーマの講座もあった。最終日の15日も自治体病院のあり方などの分科会を行う。
[PR]
by wayakucha | 2008-06-18 15:25 | 医療