阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

カテゴリ:9.11( 37 )

Sea Mountさん、ご理解と実に詳しいご紹介、ありがとうございます。Re: 『「WTCビル崩壊」の徹底究明 -
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/417.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2008 年 5 月 10 日 16:08:30: SO0fHq1bYvRzo

(回答先: 『「WTCビル崩壊」の徹底究明 - 破綻した米国政府の「9・11」公式説』の途中までの内容紹介を書きました 投稿者 SeaMount 日時 2008 年 5 月 10 日 05:57:06)


私は近頃、個人的に非常に忙しいために時間がほとんどとれず、阿修羅にもご無沙汰の状態なのですが、私の本、というよりも、それがきっかけになって9・11を起こったとおりに正確にご理解いただいていることは何よりも嬉しいことです。

WTCの疑問点の中心をギリギリに縮めてみますと、

第2ビルと第1ビルの上層階の奇妙な「崩壊」
激しい「水平崩壊」とコア鉄骨構造の徹底的な破壊
コンクリートや石膏などの「粉末化」と「火砕流状の雲」発生

ということになります。私はここで徹底して「消去法」を使いました。今までいわれている様々な仮説の中で、事実と矛盾しその矛盾が原理的に解決不能なものから削っていく、というやり方です。

世の中には論理を勘違い、あるいは悪用する者たちがいて、「コレコレの証拠があるから真実だ」という理屈がまかり通ります。しかし最も大切なことは「正しいという証拠がある」ではなく、「不可能だという証拠が無い」点です。ある仮説と一つの事実が矛盾している場合には仮説の方を修正しなければなりません。修正が不可能なら廃棄処分、あるいは「解決方法が見つかるまで凍結処分」にして、その場合それを「正しい」と主張することはできなくなります。

事実との矛盾がありながらそれを「正しい」とすることは虚構に他ならず、虚構を掲げて他人を批判するような者を言論詐欺師と言います。

そして私があの本で強調しているのか、NISTとFEMAの「報告」、およびそれを事実の検証抜きで無批判に受け入れなおかつ世界に押し付ける者達(メディア、評論家・知識人、ネット上での「言論詐欺師とチンピラ達」への断罪です。

普通の感覚では高い本ですが、決して私が儲けるとかいう話ではなく(実際には再販も無く私のところにはほとんどお金が入っていませんのでもうあきらめていますが(笑))、9・11で本当には何が起こっていたのかを知ってもらうこと、科学技術の専門家の人たちに少しでも勇気を持って本当のことを語ってもらうことがこの本の目的です。
[PR]
by wayakucha | 2008-05-10 16:36 | 9.11
『「WTCビル崩壊」の徹底究明 - 破綻した米国政府の「9・11」公式説』の途中までの内容紹介を書きました
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/414.html
投稿者 SeaMount 日時 2008 年 5 月 10 日 05:57:06: qWjNZSlTLZvII


 童子丸開(バルセロナより愛をこめて)著『「WTCビル崩壊」の徹底究明』(社会評論社)については、私のブログで何回か紹介しながらも、詳しいことは書けないでいたところ、内容についての質問(下記)がありました。もともと、この本の中の、ざっと数えただけでも十数個はある、建築学者をはじめとする専門家への問いかけが気になっていたので、それを中心に内容紹介をしてから質問に答えることにしました。ところが、書き始めるとどんどん長くなって、下のようになっていきました。

《『WTCビル崩壊」の徹底究明』が投げかける専門家への問いかけ》
1.入り口
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080415/1208219328
2.方法論:仮説と事実
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080419/1208555057
3.WTCビル建築:いい仕事してますね
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080427/1209273911
4.不完全燃焼にしちゃ熱すぎますよ
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080501/1209273911
5.赤く輝くアルミニウム(?)の謎
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080506/1210060622
6.噴出し変形して傾きながらの崩壊…どこに落ちる?
   http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20080508/1210280183

 この本の特徴は、230枚以上のカラー画像が使われていることです。この本の良さを伝えようと思うと、なるべく画像を使いたくなり、書いてあるURLも参考にして探してみるとけっこうみつかりました。それらを使っていったら、簡略化した内容の再現のようになってしまいました。

 もちろん、書いてあるのは詳しいあらすじ程度で、それに何冊かの本なども引き合いに出して、私の主観的見方などを加えたり、少しだけ動画も貼り付けたりしたというものです。しかしこれを読んで、本を読んだ気になってもらっては困るなと思ってきていました。

 そんな時、“さつき”さんから、『童子丸開氏の書籍の、詳細な「解説」、たいへん御苦労様です。童子丸さんも金儲けのために出版されたのではないでしょうから、著作権侵害だなんてヤボなことは言われないでしょう。高くて買えないので助かります。… 』という出だしのコメントをもらいました(《4》のコメント欄)。

 “さつき”さんは、【ヒロさん日記】で、msq氏のものも含む130のコメントが付いた、
《WTC2の疑問:鉄骨軟化による自重崩壊か、それとも制御解体か》
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1609722
で、自重解体の立場から何度もコメントされ、「鉄質微小球体」については実験までし、物性物理などに詳しい知識を発揮されていました。

 また、私のブログの、
《ウェゲナーの大陸移動説と9.11陰謀説の比較について/前編:大陸移動説の位置づけとその限界》
http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20071203/1196647835
《ウェゲナーの大陸移動説と9.11陰謀説の比較について/後編:ウェゲナーに失礼とは考えません》
http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20071208/1197065248
では科学論に言及し、地球科学については、その内幕までよく知っているところを発揮されました。

 “さつき”さんのコメントは、単なる皮肉かもしれませんが、私自身このように続けるとが労力的にきつくなってきていたこともあり、このあたりで一区切りをつけることにしました。12章あるうちの4章の途中までで、最初の方の前提的な話から、この本のメインテーマに入ってきたところかと思いますので、ちょうど良いかもしれないと勝手に思っています(続きについては、簡略に書くかもしれません)。

 なお、これは、《「WTCビル崩壊」の徹底究明”(童子丸開)を読む〈安東次郎〉》
     http://chikyuza.net/modules/news3/article.php?storyid=248
http://www.asyura2.com/07/war97/msg/798.html(著者のレスあり)
で書評された範囲より、少し狭い範囲についてとなります。この書評も、一部引用させていただきました。

 あと、“chengguang”さんという方からいただいた、きっかけとなった質問に答えなくてはなりません。これは、WTCビルを崩壊させたという爆発物の仕掛けかたなどの技術的な質問(《1》に書いてあります)で、今後解明されるかべきことかとは思いますが、この本の本質を揺るがしたりするものではありません。。

 また、“chengguang”さんは、『謀略説とビル崩壊に関する技術面の説明とは明確に切り離して論じるべきではないか、と考えます。』とも書いています。私は、『おっしゃるとおり、それらをゴチャ混ぜにしていてはいけませんね。その点、『「WTCビル崩壊]の徹底究明』は、明確に前者のみについて論じたものです。』と書きました。そういえば、“さつき”さんは技術的な疑問と謀略説との分断を意図していました。

 二人を、ごちゃ混ぜにしてはいけませんが、共通する意図があるとすれば、技術的な問題で“つっこみ”を入れつつ、それが謀略論に結びつかないようにしようというものかと感じました。

◇ この本の、詳しい目次と、「著者からの特別メッセージ」付きの税抜き購入については以下で、
     http://www.jca.apc.org/~altmedka/shoten-wtc.html

 確かに、4200円は高いと感じるかもしれません。しかし、この本は、建築のコーナーに並んでいます。建築書だと、写真をいっぱい使って数千円以上の本も珍しくはないです。そこで手に取るとそんなに高くは感じません。(^_^)

◇ 手に取りたい方は、紀伊國屋の各店舗についてなら以下で在庫状況がわかります。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%57%54%43%83%72%83%8B%95%F6%89%F3%81%76%82%CC%93%4F%92%EA%8B%86%96%BE
[PR]
by wayakucha | 2008-05-10 16:33 | 9.11
911インサイダー取引でぼろ儲けした人々w
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/954.html
投稿者 時間を返せ 日時 2008 年 4 月 06 日 16:00:06: gkt7hELIBPsRg


日本でも911インサイダー取引が行われたわけだが誰かな犯人はw
もしかしたらソン・テチャクさんなら知っているかもwww
金儲けサイコーですかw
[PR]
by wayakucha | 2008-04-06 21:18 | 9.11
来週号の『SPA!』が911特集(きくちゆみ)
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/812.html
投稿者 木村愛二 日時 2008 年 3 月 22 日 17:34:49: CjMHiEP28ibKM


http://kikuchiyumi.blogspot.com/

きくちゆみのブログとポッドキャスト
来週号の『SPA!』が911特集

たった今、『SPA!』に入稿した原稿の校了が終わりました。やったー!
1月10日(しこみはもっと前からですが)の参議院外交防衛委員会での藤田幸久議員の質問に始まった一連の9・11疑惑の追及が、ここでやっと一つみなさんに発表できる形になりました。ずいぶん長丁場の仕事でした。来週の火曜日には書店に並びます。

2008年1月10日 参議院外交防衛委員会
「9.11同時多発テロの検証」についての質疑映像
『SPA!』は扶桑社だからキライ、という人がわたしの回りでは結構いるんだけど(なんせ、あのへんな歴史教科書を出しているから)、この編集部には若くて気骨のある編集者がいるんです。彼が企画して出してきた単行本も優れていて(ベンジャミンさんの911の本や、田中優さんの温暖化の本など)、わたしとしては会社がどこであれ、こういう企画を出し、形にすることができる編集者は大事にしたいです。ご理解を。
もう夜中もだいぶ過ぎていて、ここのところ毎日寝不足が続いていますので、今日はこれだけに。発売は来週の火曜日ですので、応援をよろしくお願いします。こういう記事がどんどん出てくることができるように、編集部に一言良かったと伝えたり、さらに効果的なのは、スポンサーに電話することだそうですので、どうか(できる方は)やってみてください。911の真相究明は日本ではまだまだこれからですから。
記事の内容は、藤田幸久議員が911疑惑を追及して欧州議会訪問したことを徹底取材しています。もちろん週刊誌ですから、米国政府発表(そしてマスコミの通説)を擁護する論旨も入れてあります。両論併記、中立公正、というやつですね。でも良く読んでいただければ多くの人に、米国政府発表の矛盾と、911事件の疑問点に対する調査が不足しており、再調査が必要であることは納得していただけるでしょう。
あと、これはまだ未定(ほぼ決定)ですが、4月の第2週の月曜日から木曜日まで、FM東京のデイリープラネット(午後9時)という番組で911特集が組まれそうなんです。出演は、月曜日がわたし、火曜日が藤田幸久議員、水曜日がベンジャミン・フルフォードさん、木曜日が中丸薫さんの予定(交渉中)。これも本決まりになりましたら、また報告しますね。普段はラジオを聞かない方も、この日はぜひ!
おやすみなさい。明日はホ・オポノポノ講演会で、久しぶりに船井幸雄さんにお会いします。
*いつもクリックをありがとう!人気ランクが上位になると、読んでくれる人も増えます。
----------------------------------------------------------
[PR]
by wayakucha | 2008-03-22 19:56 | 9.11
アメリカの選択:大統領選予備選 「9・11テロ、米国が招いた」オバマ氏の恩師発言
http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/463.html
投稿者 新世紀人 日時 2008 年 3 月 16 日 15:21:06: uj2zhYZWUUp16


http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2008/03/16/20080316ddm007030018000c.html

アメリカの選択:大統領選予備選 「9・11テロ、米国が招いた」オバマ氏の恩師発言
 ◇恩師が“挑発”発言--オバマ氏ひたすら釈明

 【ワシントン大治朋子】米大統領選の民主党指名争いで首位のバラク・オバマ上院議員(46)が師事する牧師が、米同時多発テロ(01年)直後に「米国が自ら招いた」との趣旨の説教をしていたことが分かり、米メディアが14日に一斉に報じた。同時多発テロへの米国民の怒りは根強く、選挙戦への影響は避けられないとみられる。

 牧師はイリノイ州シカゴのジェレミア・ライト師(66)。01年9月の同時多発テロ後、シカゴの教会で「我々(米国)は広島や長崎で、(同時多発テロで死傷した)数千人よりはるかに多数の人々に対して原爆を落とした」などと指摘。米国の反応について「海外で行ってきたことが自国で起きただけなのに怒っている」と述べた。

 さらに06年の講演では「我々(米国)は神の存在以上に白人の優越、黒人の劣位を信じている」と発言していたことも分かった。

 オバマ氏は14日、テレビ取材などで「挑発的でひどい発言」と強く批判。「牧師と政治については語ったことはない」と釈明したが、米メディアは「保守派を中心に反発が広がっている」と報じた。

 ライト師はオバマ氏の結婚式を行い、娘2人の洗礼にも立ち会った。

毎日新聞 2008年3月16日 東京朝刊
[PR]
by wayakucha | 2008-03-16 21:45 | 9.11
藤田幸久議員に観客総立ちの喝采911真相究明会議
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/730.html
投稿者 木村愛二 日時 2008 年 3 月 16 日 19:00:40: CjMHiEP28ibKM


http://kikuchiyumi.blogspot.com/

2008/03/16
藤田幸久議員に観客総立ちの喝采

オーストラリアのシドニーでこの週末行われているTruth Nowという911の真相究明会議にて、藤田幸久議員が講演をしたところ、観客総立ちの大喝采を浴びた、との報告が入ってきました。今日が二日目ですが、現役の国会議員がこのような会議に参加することはきわめてめずらしく、以下の記事では、「日本の国会議員が遠路はるばる来てくれたのに、石を投げればあたる距離にあるオーストラリア議会から誰も参加していないのはどうしかことか」と皮肉タップリに報じています。
http://mathaba.net/0_index.shtml?x=585559
私の友人の千早さん、スペインの童子丸開さんのことも報じられていて、うれしい!
ただ、欧州議会同様、こちらでもマスコミの報道はないようです。残念。
いつになったら、このことが公に語られるようになるのですかね。
なお、欧州議会訪問記は、再来週の『週刊SPA!』で報じる予定ですので、お楽しみに。
----------------------------------------------------------
[PR]
by wayakucha | 2008-03-16 20:25 | 9.11
「カナダのラジオで放送、911テロ事件CIAは共犯!!」(晴耕雨読)
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/633.html
投稿者 忍 日時 2008 年 3 月 11 日 10:13:45: wSkXaMWcMRZGI



【カナダのラジオで放送、911テロ事件CIAは共犯!!!】
http://www.straightgoods.ca/ViewNote.cfm?REF=1267

<以下全文翻訳>
マイケル・スプリングマンとのインタビューが暴露する911のテロ攻撃とCIAのリンク 2002年1月19日
ストレート・グッズ読者、ヴァンクーバー在住ケン・マッカリスター著

マイケル・スプリングマン氏は20年間外交畑の政府の仕事に従事してきた。

彼は、このたび、パスポートを発行し、テロリストにするべく訓練された数百人の人々を中東からアメリカに連れて来たという大規模なCIA工作を明らかにした。

スプリングマン氏は、CIAがサウジのビンラディン、そしてサウジのジェッダの工作員らと非常に緊密に活動しており、それは1987年から続いていると語った。


人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。ご協力お願いします。


【カナダのラジオで放送、911テロ事件CIAは共犯!!!】 投稿者 シナリオ通りってことで 日時 2002 年 3 月 09 日


このインタビューで再三にわたり最も強調されていたことは、最近の一連のテロ行為はCIAによって計画され、アメリカ国民の税金でもって資金提供されていたということで、それによってアメリカがアフガニスタンを地獄にかえた空爆を合理化することが出来たということである。

それは公式に言われているタリバンを捕まえることだけではなく、ソビエトとの10年間の戦いでアフガニスタンに残したアメリカの極秘作戦の証拠を抹消するためのものであった。

スプリングマン氏からの情報によれば、CIAが連れて来た、ほとんど600名にもおよぶ人々が実際アメリカにおいて9月11日前後に跋扈したようである。また、氏はCIAが炭疽菌メールの背後にいることを示し、なぜ高品質な炭疽菌が武器として用いられ、なぜその犯人が決して捕まらないかを語った。

そのインタビューは視聴者を釘付けにした。是非このインタビューを聞いて頂きたい。
 インタビューはこちら。
http://radio.cbc.ca/programs/dispatches/audio/020116_springman.rm
スプリングマン氏はまた、BBC一番の時事問題番組、ニュース・ナイトに登場した。それはジャーナリスト、グレッグ・パラスト氏の『CIAとサウジアラビア:ブッシュたちとビンラディンたち』というものである。その番組はこちらでリアルプレイヤーによって視聴できる。
http://news.bbc.co.uk/olmedia/cta/progs/newsnight/attack22.ram
さもなくば、こちらに番組のトランスクリプトがある。
http://news.bbc.co.uk/hi/english/events/newsnight/newsid_1645000/1645527.stm

【WTCの爆破計画は、10年越し、全て内部犯行】 投稿者 シナリオ通りってことで 日時 2002 年 3 月 09 日

下の文書は出所のはっきりしない怪文書です。ガセネタかもしれません。しかし、書かれていることは、いちいち頷いてしまうようなことばかりです。

今まで分析してきた諸々の疑惑が、そのまま全て書いてあります。

表側のメディアでは語られない世界の本当の姿を垣間見たことのある人なら、なるほどと相槌を打ちます。

そうでない方は、世間知らずのお人よしです。

この文章、内部事情に詳しい人物が書いたものであると推定します。

..........................

【WTCの爆破計画は、10年越し、全て内部犯行】

実はWTCの爆破計画はもう10年以上前から、立案されていた事なのです。

その為に何度も予備実験を繰り返してきたわけです。

1999年にユーゴスラビアでこの雛形となる同様のビル破壊が行われました。

誰が首謀者かお分かりですね。

もちろん、ビン・ラディンは傀儡に過ぎない、単なるアセット(資産)なのです。

首謀者は欧州、アメリカの寡頭勢力です。

実際には5月26~28日に開催されたビルダーバーグの総会で最終合意がなされ、3ヶ月かけて極秘裏に徹底的にシミュレーション(もちろんスパコン)を行って決行されました。

その精度たるや1/1000秒以内の誤差で完璧に遂行されました。

飛行機は1.の方の通り、途中から完全自動操縦に切り替えられ、標的に激突しました。

ただ、気掛かりな点がありました。

衝突に失敗した場合、万が一不時着でもされたら、すべてオジャンになります。 

そのため、2機のファントム戦闘機が追尾し、ミサイルを発射しました。

もちろん、ジェット機がビルに衝突するのを阻止するためではなく、衝突に失敗してしまった時のことを考えてのことです。

それ故、ビルの後方で飛行機と交差するように発射されたのです。

一部のwebやビデオでご覧の通り。

計画通りビルに衝突することが分かった瞬間、ミサイルは飛行機の破片を避けるため、1/1000秒で軌道を上方にとり、その後、東方の厳戒態勢の海域に投棄され、秘密裏に回収されました。

あとは、ビルに前もってしかけてあった爆薬を、世界の人間の注目の中、予定通り爆破し、倒壊させたわけです。

 ただまずかったのは中国銀行の人たちなど、一部の人が途中の階まで避難してきたときに、爆破音を聞かれてしまったことです。

でも大丈夫、すべてのマスコミ、FBI、CIAなどが完全にフォローし、隠蔽することはシナリオ通りで問題なし。

 あとはビン・ラディンを悪役に立てて証拠の捏造も予定通り。

 この事件は日本、アジアの人間を対象に夜の10時のニュースの時間帯に設定し、日本のマスコミ2局も打ち合わせ通り、協力してくれました。

報道陣も万全の体制で、最高の映像を撮影してくれ、世界に流してくれました。

あとはマスコミを通じて世論操作。 

異論を述べるものは拘禁か抹消。この事件は、作、監督、演出、配役等、すべてビルダーバーグのシナリオ通りの完璧な計画の通り遂行されました。

愚昧な大衆は未だにビン・ラディンとやらの幻影を追っかけさせられている。

 このような大衆がいてくれる限り、彼等、寡頭勢力の意のままに世界は動かされ、安泰の夢を見ることができるわけです。

............................

★この文書は、大手メディアの報道にしか接しない人たちには、噴飯モノのデタラメに聞こえると思います。

しかし、表の報道には出てこない裏事情を総合的に理解すると、一字一句が重みのある、核心的文章であることがわかります。

①>実はWTCの爆破計画はもう10年以上前から、立案されていた事なのです。

米国民に戦争を是認させるために、自作自演テロを行うという計画(ノースウッド計画)が、ペンタゴン内部にあった....という文書が存在します。

過去に米軍が米軍を攻撃して、キューバに責任を被せ、キューバ侵攻の名目を作ろうとした作戦です。

実在が確認されているこの作戦が、2001年になって、別の形で実行された。

それが、911テロです。(未翻訳)COULD U.S. LEADERS BE CAPABLE OF INSTIGATING THE HORRORS OF 9-11
http://11september.20m.com/us_instigated_911.htm

②>もちろん、ビン・ラディンは傀儡に過ぎない、単なるアセット(資産)なのです。

首謀者は欧州、アメリカの寡頭勢力。

私も基本的には同じ考えです。

「自動操縦」についても、今でもそうとしか考えられない....と思っています。ビルダーバーグのことはよく知りませんが。

【米国人もCIAのテロ関与を疑ってます】 投稿者 シナリオ通りってことで 日時 2002 年 3 月 09 日

【米国人もCIAのテロ関与を疑ってます】...翻訳

Activist Kit....我々に何が出来るか?
http://11september.20m.com/activist_kit.htm
世界中のジャーナリストと学者が、このActivist Kitの作成に、多大な努力を注ぎ、貴方と他の行動者のために自由に提供していることを、ご理解ください。この文書を有効に利用し、貴方の知っている全ての人々にも、それを利用し、また他の人に提供するよう勧めてください。
「Godspeed(成功祈願)」
9月11日のテロにCIAは、関与していたのか?そして、米国のメディアは、報道を自主抑制しているのか?下記に紹介するのは、ヨーロッパの主要なメディアの報道をURLソースつきで紹介するものです。9つの要約されたレポートを読み、そして行動してください。(中略)
なぜ、主流のメディアは、9月11日の恐怖の出来事から利益を得たインサイダー取引を、徹底的に追及すると誓約しておきながら、突然報道を止めてしまったのか?

■9つの理解できない事実■
- ブッシュ政権は、なぜ9月11日の何ヶ月も前に、ビン・ラディンに対する捜査から手を引くよう、FBIに強制したのか?.
[BBCの記事:BUSH ? BIN LADEN HIDDEN AGENDA!]
http://news.bbc.co.uk/hi/english/events/newsnight/newsid_1645000/1645527.stm

CIAの支部部長が、ドバイで9月11日の7週間前にビン・ラディンと会っていた。当時、ビン・ラディンは、CIAから手配されていた筈だが。
http://www.orf.at/orfon/011031-44569/index.html
(US WashTimes Artcl: www.washtimes.com Report: bin Laden treated at US hospital病院 Elizabeth Bryant
UNITEDUNITED
PRESS INTERNATIONAL Published 10/31/2001

- 「911」からインサイダー取引で得た利益について、アラブのテロリストが儲けたと思われていた時点では、米国のメディアは、大騒ぎをしていた。しかし、この話は不思議なことに消えてなくなった。英国のインデペンデント紙は、インサイダー取引が、CIAの3番目の高官が経営する企業に繋がっていると明らかにした。そして、不思議なことに、250万ドルの利益は未だに、請求されていない。(下記のURLの文書で、全部のストーリーを読んでください。)
http://globalresearch.ca/articles/RUP110A.html
http://www.independent.co.uk/story.jsp?story=99402(インデペンデント紙)

- ABCニュースの5月の記事では、米国の統合参謀本部が過去に、政府による戦争への支持を取り付けるために、アメリカ国民に対して国内テロを行い、戦争ヒステリーに追い込む計画を、実際にどのように設計したかを改めて記事にした。
http://abcnews.go.com/sections/us/DailyNews/jointchiefs_010501.html

-国家安全局のアーカイブにはノースウッド作戦計画のPDF版があり、著者であるJames Bamfordは、「恐らく、米国政府が作った最も腐敗した計画だろう。」 といっている。
http://www.gwu.edu/~nsarchiv/news/20010430/

おかしなことに、炭そ菌は (大統領や共和党員ではなく、)民主党の幹部やメディアに送られている。海外のテロリストが犯人なら、おそらく米国(の世論)を2分したい筈だ。反対政党とメディアを戦争目的で結束させる筈はない。 -New Science Journalは、Daschleに送られた炭ソ菌は、ロシア製でもイラク製でもなく、米国の軍の系統のものだろうと言っている。

アメリカが今回のテロを執拗にパールハーバーと結びつけるのは、自作自演をマスコミぐるみで国家的に隠蔽するためのように思える。

- San Francisco Chronicleは、米国の大学で作られた炭ソ菌の系統は、FBIの指示で破壊されたという。(大学では長年にわたり研究してきたが、大学の一部の人間は、これらの炭素菌胞子を破壊するタイミングに疑問を抱いている。何で今なのか?)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/chronicle/archive/2001/11/09/MN153227.DTL

-テロに使われた炭ソ菌は、米国が作ったものにリンクしている。連邦政府の科学者によると、炭ソ菌攻撃に用いられた粉末は、米国軍部が生産したものと、事実上区別がつけられないと言う。
http://www.nytimes.com/2001/12/03/national/03POWD.html?todaysheadlines

- ブッシュ政権は、大ブッシュ・レーガン以降の大統領の記録を封印すると宣言した。(米国の大統領の歴史で、一度も行われなかった行為だ。)なんとも、奇妙なタイミングの話だ。戦争と経済危機のさなかに。ブッシュとビン・ラディンの長年の関係が表面化してきた今、彼らは時間をとり、レーガン・ブッシュ政権の記録封印を要求した。ホワイトハウスが、今後12年もしくはそれ以降も知られたくない何かがあると疑惑を持っても、おかしくない。

晴耕雨読
http://sun.ap.teacup.com/souun/1499.html
[PR]
by wayakucha | 2008-03-15 16:01 | 9.11
911事件はCIAとモサドの犯行で世界中の諜報機関が知っていると、イタリアのコシガ元大統領が暴露
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/596.html
投稿者 空也 日時 2008 年 3 月 09 日 13:08:22: 5XFeAMI0dyA4I


http://tatsmaki.at.webry.info/
日本と地球の命運

911事件はCIAとモサドの犯行で世界中の諜報機関が知っていると、イタリアのコシガ元大統領が暴露  
  他方、AFP(American Free Press)の07.12.14号は、イタリアのコシガ元大統領(在任1983~1992)が、イタリア最大の新聞コリエレ・デラ・セラで、米国ブッシュ政権への爆弾発言をした。
  彼は、米国と欧州のすべての国の諜報機関は、911の例のテロ事件が、米CIAとイスラエルの諜報機関モサドによって実行されたことを知っている、と言明した。そして彼は、今ではこの情報は、地球全体の諜報機関に共有されていると指摘した。
  イスラエルのモサドが、世界のシオニストの支援のもとに実行したこのテロの目的は、イスラム世界、まずアフガニスタンとイラクに対する侵略戦争の口実を作ることだった、とコシガ氏は暴露した。
しかし日本のJCIA(内閣調査室と自衛隊情報部)だけはそれを知らないで、いまだに売国路線を続行し、新テロ特措法を推進している体たらくである。日本人の名誉のためそれを直ちに廃案にし、空自を直ちにイラクから撤退させよ。売国福田内閣を直ちに総辞職させて、衆議院解散・総選挙を実施させよう!
  大統領選挙戦最中の米国ではこの暴露は、死に体化しているブッシュ‐チェイニー政権に致命的な打撃になった。これは、ロン・ポール候補には有利な援軍になった。ブッシュ、チェイニーとネオコンらは違憲、違法、大量殺人その他で逮捕、死刑に処される可能性と米国政治新展開の局面が生じた。
  全米でロン・ポールを救え!の声がこだましている。日本でも新アメリカ革命との連帯、米国の平和・民主・革命勢力との連帯を表明する人々が増えている。世界的な闘いが事を決する。
CFR本部前での抗議集会:911 was CFR job ! (公開:07.12.22))http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=682082

[わたしのコメント]
 911事件はCIAとモサドの犯行で世界中の諜報機関が知っているということらしいです。世界中の諜報機関では常識なんですね!
[PR]
by wayakucha | 2008-03-09 18:00 | 9.11
オスカー主演女優賞を獲得したマリオン・コティヤールが911を起こしたアメリカを非難する
http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/456.html
投稿者 神様 日時 2008 年 3 月 02 日 20:43:27: .SgApArfvR98Y




先月行われたアカデミー賞でオスカー主演女優賞を獲得したフランス人女性のマリオン・コティヤールが911を起こしたアメリカ(内部犯行)を痛烈に非難し物議をかもす。
911=INSIDE JOBはもはや世界の常識である。

'9/11 attacks made up, ' says French best actress Oscar-winner
By PETER ALLEN - More by this author »

Last updated at 01:08am on 2nd March 2008
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/showbiznews.html?in_article_id=523729&in_page_id=1773

Actress Marion Cotillard sparked a political row yesterday after accusing America of fabricating the 9/11 attacks.


The 32-year-old French actress, who received an Oscar last month for her performance as singer Edith Piaf in La Vie En Rose, openly questioned the truth behind the terrorist atrocity in an interview broadcast on a French website.

"I think we're lied to about a number of things," Cotillard said, singling out the 2001 attacks on the World Trade Center as an example of the US making up horror stories for political ends.

Referring to the two passenger jets being flown into the Twin Towers, Cotillard said:

"We see other towers of the same kind being hit by planes. Are they burned? They [sic] was a tower, I believe it was in Spain, which burnt for 24 hours. It never collapsed. None of these towers collapsed. And there [in New York], in a few minutes, the whole thing collapsed."

She added that the towers, planned in the early Sixties, were an outdated "money-sucker" that would have cost more to modernise than to rebuild altogether, which is why they were destroyed.

She said: "It was a money-sucker because they were finished, it seems to me, by 1973, and to re-cable all that, to bring up-to-date all the technology and everything, it was a lot more expensive, that work, than destroying them."

Cotillard's stardom and increased earning power looked assured following her Oscar win.

But after her outburst, in which she also queried the 1969 Moon landings, a successful future in Hollywood appears to be in jeopardy.

She said: "Did a man really walk on the Moon? I saw plenty of documentaries on it, and I really wondered. And in any case I don't believe all they tell me, that's for sure."

Cotillard, who was born and brought up in Paris, made the comments on Paris Première - Paris Dernière, a programme broadcast a year ago.
[PR]
by wayakucha | 2008-03-02 20:55 | 9.11
「写真では確認できないレベルに砕け散る」というのはビルに飛行機が突っ込んで起こる事でしょうか?
http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/565.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 2 月 02 日 22:38:45: YdRawkln5F9XQ

(回答先: これは、視野狭窄ですかね? 投稿者 考察者K 日時 2008 年 2 月 02 日 21:14:46)


トマホークが突っ込んで爆発したらあのような穴と残骸になるのではないですか?急旋回ができたのも誘導ミサイルだったからでしょう。

AA77はペンタゴンに接近したが、衝突していない
http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/175.html
投稿者 忍 日時 2008 年 1 月 15 日 16:33:28: wSkXaMWcMRZGI

ペンタゴン攻撃フラッシュ
http://www.asyura2.com/0406/war59/msg/911.html
投稿者 HAARP 日時 2004 年 9 月 10 日 00:36:27:oQGUNb5q8hjD.

【ペンタゴン】 監視カメラの映像もだが、建物内部の床の写真を見せてほしい!
http://www.asyura2.com/08/wara0/msg/215.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2008 年 1 月 16 日 21:43:31: PzFaFdozock6I

Re: 「機械・航空エンジニアが断定:B757はペンタゴンに激突しなかった!」翻訳
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/356.html
投稿者 goose 日時 2006 年 3 月 13 日 19:53:25: mSLVsFhN4judg

ペンタゴンとWTCが攻撃された本当の訳
http://www.asyura2.com/07/revival2/msg/188.html
投稿者 忍 日時 2008 年 1 月 11 日 22:23:57: wSkXaMWcMRZGI

AA77はペンタゴンに接近したが、衝突していない   ヒロさん日記
http://www.asyura2.com/07/bd49/msg/639.html
投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 06 日 22:25:01: yWKbgBUfNLcrc

http://www.asyura.com/2003/war20/msg/636.html
写真集:911事件、やはりボーイング旅客機77便はペンタゴンにぶつかっていた!
投稿者 目隠し 日時 2002 年 12 月 30 日 11:07:14:

http://www.asyura.com/2003/war20/msg/637.html
ボーイング757(AA77便)が激突した証拠ではない - 激突したと判断するのは早計 -
投稿者 あっしら 日時 2002 年 12 月 30 日 13:09:04:

Re:ペンタゴンの謎。
http://www.asyura2.com/07/war98/msg/446.html
投稿者 中田英寿 日時 2007 年 12 月 02 日 13:29:57: McoerUaxt7HLY

(回答先: ペンタゴンの監視カメラに映った同時テロの嘘 投稿者 スットン教 日時 2007 年 12 月 02 日 10:07:07)


ペンタゴンに封印された、「アメリカン77」の軍事技術者たち
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1484658

海軍ジャーナリストが暴く、ペンタゴン《9:32》のトリック
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1463112

アクロバット飛行がお得意な、ペンタゴン突入のAA77便
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1463112

超絶!究極的映像詐欺!【911ペンタゴン:公式見解に基づく3Dシミュレーション】
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/946.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 9 月 20 日 22:15:35: SO0fHq1bYvRzo
「陰謀論」説やペンタゴン激突について
http://www.asyura2.com/0311/war43/msg/447.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 11 月 27 日 00:26:21:Mo7ApAlflbQ6s

ペンタゴンに77便が突入していないとする根拠
http://www.asyura2.com/0406/bd37/msg/1259.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2004 年 12 月 07 日 18:09:08:XrXUVCoFJUfoI

ペンタゴンのMASCALと呼ばれる訓練:「ボーイング757型」の墜落を想定した「訓練」は2001年の5月
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/142.html
投稿者 たけ(tk) 日時 2007 年 2 月 23 日 00:05:44: SjhUwzSd1dsNg

ペンタゴンの激突跡疑惑の情報源錯綜すれどわが特筆は米大手ABC報道にあった 投稿者 木村愛二 日時 2002 年 6 月 15 日 21:42:49:

多分ですが、ペンタゴンの旅客機は撃墜された気がします。
http://www.asyura2.com/0406/idletalk10/msg/730.html
投稿者 考察者K 日時 2004 年 9 月 11 日 23:37:44:JjkI8nWTpj0po

(回答先: Re: こんなはずでは!?911事件を見ました。 投稿者 万事急須 日時 2004 年 9 月 11 日 22:45:19)


 前々から思ってはいたのですが、ペンタゴンの方はどうしても辻褄が合わないのです。
Kは当初、衝突前に迎撃ミサイル喰らっていると想像してましたが
事によると、今日の「こんなはずでは!?」が正しいのかもしれません

 どうも「死体が無かった」と「墜落した旅客機はもう一機あった」はある程度の説得力を持つ気がします。
貿易センタービルを知りながらペンタゴンが攻撃されるのは防衛機能的に不自然とは前から思っていたのですが、残骸が「専門家の目でも少なく」確認出来るのが「他の飛行機の小さなエンジン」であるならば、今日の放送は納得出来ます。

 想像ではペンタゴンは「旅客機を撃墜し、それを隠すため身代わりを使った」のだと思います。

【ワヤクチャ】Kさんも変わられたものですね。別人かも知れませんね。なりすましは可能ですから。私も含めて。

米陸軍将校が爆弾証言「ペンタゴンには77便は衝突しなかった」
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/199.html
投稿者 B.J.Thomas 日時 2007 年 2 月 24 日 21:38:23: WXAtymX0xLLSc

911事件ペンタゴン;参考資料】ベテランパイロットによる低空飛行
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/809.html
投稿者 Kotetu 日時 2006 年 5 月 18 日 14:45:00: yWKbgBUfNLcrc

Re: ペンタゴン激突時にできた突入口の横幅はB757の両翼のエンジンを含めた横幅と一致します。
http://www.asyura2.com/07/idletalk28/msg/653.html
投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 1 月 08 日 23:46:12: mY9T/8MdR98ug

(回答先: 概ね妥当な意見だと思いますが、では、主翼と残りのエンジンは?どうなったのでしょう? 投稿者 考察者K 日時 2008 年 1 月 07 日 21:47:08)

Re:9.11でペンタゴンに撃ち込まれた劣化ウラン弾
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/783.html
投稿者 World Watcher 日時 2005 年 8 月 27 日 18:25:51: DdDUJ9jrxQIPs

9・11ペンタゴン「77便だった」説に見る‘怪奇超常現象’(写真と図解中心)(2)
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/705.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 9 月 03 日 08:01:05: SO0fHq1bYvRzo

写真と分析(ファイルB):911事件、ペンタゴン関連AA77便は結局どこへ墜落?どこへ消えた?
投稿者 目隠し 日時 2002 年 12 月 30 日 19:45:29:

9.11のイカサマ・・・ペンタゴン・モザイクビデオで隠蔽したかったもの、見えて来た自作自演の機材
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/527.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2005 年 8 月 05 日 15:08:59: iyTDo076nD4Mc

9.11のイカサマ・・・・ペンタゴンから9.11の陰謀を推理する--ペンタゴンが主犯である!
http://www.asyura2.com/0406/bd36/msg/884.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2004 年 9 月 01 日 10:35:21:iyTDo076nD4Mc

ペンタゴンの眼<情報の全面掌握>(レッ・ボルテール):世界を見つめるピラミッドの目
http://www.asyura2.com/0502/war67/msg/438.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 2 月 18 日 00:21:20: SO0fHq1bYvRzo

ペンタゴンにボーイングが激突していない事を爆炎から判断できる証拠
http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/101.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2005 年 2 月 21 日 14:22:15: iyTDo076nD4Mc

ペンタゴンに突っ込んだのはハイジャック機ではなく、やはりミサイル?!(机の上の空 大沼安史の個人新聞)
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/783.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 5 月 17 日 20:08:26: KbIx4LOvH6Ccw

911:極めて興味深いペンタゴン、ペンシルヴァニア(93便)の写真【モサウイ有罪の証拠?だそうで】
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/862.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 9 月 16 日 07:40:20: SO0fHq1bYvRzo

9.11のイカサマ・・・・ペンタゴンに突入した機体のエンジンはこんなに小型!
http://www.asyura2.com/0406/bd36/msg/829.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2004 年 8 月 26 日 10:33:34:iyTDo076nD4Mc

ペンタゴンの監視カメラに映った同時テロの嘘
http://www.asyura2.com/07/war98/msg/443.html
投稿者 スットン教 日時 2007 年 12 月 02 日 10:07:07: CmuKS.2SNuq/E

#7/ 9.11のイカサマは底なし・まとめ書き・・・・倒れたペンタゴン・ランプポールから陰謀を見る
http://www.asyura2.com/0502/lunchbreak5/msg/296.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2005 年 3 月 01 日 08:56:59: iyTDo076nD4Mc

9.11のイカサマ・・・・ペンタゴンの突っ込み・1分遅れの画像追加
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/424.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2005 年 1 月 05 日 11:02:09:iyTDo076nD4Mc

9.11のイカサマ・・・ペンタゴンに仕掛けられた爆薬の一部は着火しなかった?
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/127.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2005 年 6 月 23 日 12:25:12: iyTDo076nD4Mc
[PR]
by wayakucha | 2008-02-02 22:39 | 9.11