阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

<   2008年 01月 ( 383 )   > この月の画像一覧

「イメージ悪化でやむを得ぬ」冷凍以外の中国製食品にも撤去広がる【読売】
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/527.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 22:36:44: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 天洋食品から輸入、ギョーザ以外の製品でも19社 投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 22:18:58)


「イメージ悪化でやむを得ぬ」冷凍以外の中国製食品にも撤去広がる【読売】
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_08013152.htm

 中国・河北省の「天洋食品」で製造された冷凍ギョーザによる中毒が相次いだ問題で、全国のスーパーでは、問題の冷凍ギョーザのメーカーが回収対象とした製品のほかにも、同社製品すべてを撤去する動きが広がっている。

 撤去対象を中国製の食品全体に広げるスーパーも出てきたが、安全性を完全にチェックすることが難しい現実も。業界団体からは「早急な検査態勢の確立を」と悲鳴があがっている。

 ジェイティフーズ(JTF)や江崎グリコなどの冷凍食品の撤去作業に追われた全国のスーパーでは31日、回収対象以外の製品についても「消費者の不安が大きい」として店頭から下げる動きが始まった。

 福岡、佐賀、山口、広島の4県で77店舗を展開する大手スーパー「サンリブ」(北九州市)は31日、JTFが輸入している別の冷凍食品「グリーンアスパラ」「ごぼうとにんじん」を店頭から撤去。天洋食品とは別の工場で作られたものだが、同社は「消費者の不安を考慮した」としている。 山口と九州で32店舗を展開するスーパー「レッドキャベツ」(本部・下関市)は、30日夜から「返品したい」との申し出が相次ぎ、JTFの全冷凍食品を31日朝までに撤去。担当者は「イメージが落ちている以上やむを得ない」と話した。

 イオン九州は、九州内の47店舗で食料品を扱っているが、30日までに3品目を撤去した。

 福岡県久留米市の久留米井筒屋では31日朝、中国産を原材料にした冷凍食品の枝豆やきざみネギのほか、梅干しやラッキョウなど8種類の漬物を店頭から撤去した。「中国産食品のイメージが低下し、客の購買意欲も衰えている」という。

 沖縄県内で10店舗を展開するリウボウストアは中国産と表示されている青果や水産物も一斉に撤去した。

 一方、ダイエーではJTFから仕入れた冷凍食品11品目について、「別の工場で生産されており、JTFの回収対象に入っていない。安全性に問題はないと判断した」として販売を継続する方針だ。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 22:37 | 中国産毒入り餃子問題
2008/01/31-21:01 早期幕引き困難=「食の安全」、五輪に影響も-ギョーザ中毒問題で中国
http://www.asyura2.com/07/asia10/msg/305.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 22:27:46: YdRawkln5F9XQ


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008013101130

2008/01/31-21:01 早期幕引き困難=「食の安全」、五輪に影響も-ギョーザ中毒問題で中国

 中国政府は、日本で発生した中国製冷凍ギョーザによる中毒問題を受け、「食の安全」が半年後に迫った北京五輪の成否にかかわるとして、危機感を強めている。

一方で、国内向けに簡単に弱腰姿勢を見せられないとの判断もあるとみられ、日本で中国食品への不安が高まる中、問題の早期幕引きは困難な見通しだ。

 国家品質監督検査検疫総局は31日午前、「被害者は(有機リン系薬物の)メタミドホスに汚染された中国の冷凍ギョーザを食べた疑いがある」「中国警察当局が捜査を進めている」との談話を公表。

製造元の「天洋食品」(河北省)の非を示唆したが、同日夕の記者会見では一転して「残留農薬検査に合格している」と発表し、政府内の混乱ぶりを露呈した。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 22:29 | 中国産毒入り餃子問題
天洋食品から輸入、ギョーザ以外の製品でも19社
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/526.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 22:18:58: YdRawkln5F9XQ


http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2008013104609b1

天洋食品から輸入、ギョーザ以外の製品でも19社

 中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を訴えた問題で、厚生労働省は31日、問題のギョーザを製造していた中国・河北省の食品輸出入集団天洋食品工場からギョーザ以外の製品を輸入している全国の業者19社を公表した。

昨年1月から今月30日までに届け出があった約820件(約2500トン)分。厚労省は安全性が確認されるまで販売を中止するよう、自治体を通じて要請した。

 ギョーザ以外の製品は煮沸した牛肉や豚肉、ソーセージなど肉類が中心。

輸入業者から食品会社に流通し、牛丼などのメニューとなってレストランや食卓に並んでいるとみられる。

厚労省は「製品名などの全容は分からないが、判明し次第、公表する」と説明している。

 ギョーザ以外の製品を輸入していた19社は、天野食品(愛知県)、東海澱粉(静岡市)、ワントレーディング(大阪市)、インターグローバル(同)、KH通商(同)、タニインターナショナル(同)、豊田通商(同)、日佳食品(同)、西食産業(大阪府)、イメックス(同)、神戸物産(兵庫県)、ハイキクトレーディング(東京都港区)、ジャパンフード(同)、住金物産(同)、双日(同)、太洋物産(同)、シンポインターナショナル(東京都大田区)、日協食品(東京都中央区)、ジェイティフーズ(東京都品川区)。

 問題のギョーザについては、日本たばこ産業(JT)子会社ジェイティフーズ(東京)のほか、日協食品(同)とワントレーディング(大阪)も輸入していたことが判明し、厚労省はいずれも販売中止を要請した。過去1年間の輸入量は3社計で約1300トン。

 一方、30日夕以降、各地の保健所などには同様の被害の訴えが相次いでいる。中毒被害が確認された千葉、兵庫両県とは別に東京都や埼玉、神奈川、秋田、熊本、愛知、静岡などの各県でも下痢などの症状の訴えがあった。


  拍手はせず、拍手一覧を見る


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 22:20
ギョーザ中毒で中国高官が遺憾の意 高村外相と会談【産経】
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/719.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 22:10:52: YdRawkln5F9XQ


ギョーザ中毒で中国高官が遺憾の意 高村外相と会談【産経】
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080131/plc0801311850014-n1.htm
2008.1.31 18:50

このニュースのトピックス:中国

 高村正彦外相は31日午後、外務省で中国の何亜非外務次官補と会談し、中国製冷凍ギョーザによる中毒問題について、「日中両国民にとり極めて重要な問題であり、原因を徹底的に究明してほしい」と述べ、中国政府に原因究明と再発防止を求めた。

何次官補は「中国政府として遺憾に思う。被害者に心からお見舞いする」と述べた。

 何次官補は、中国の関係企業に輸出・生産停止と商品の回収を指示したことを説明。

商品の抜き取り調査の結果を早期に公表する意向を示した。また、事件の捜査を警察当局に要請したことも明らかにした。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 22:12
早くも方針転換 橋下府政に「混乱する」 (産経新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/702.html
投稿者 新世紀人 日時 2008 年 1 月 31 日 15:46:59: uj2zhYZWUUp16


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000916-san-pol

早くも方針転換 橋下府政に「混乱する」
1月31日12時6分配信 産経新聞


 大阪府知事選で初当選した橋下徹氏(38)が新年度の予算案編成で「府債発行ゼロ」方針を撤回したことをうけ、府職員の間で、6日からスタートする「橋下府政」を前に不信感が広がっている。府債発行ゼロでは予算が組めないことは府関係者の間で常識だった。“朝令暮改”の橋下氏の言動に府職員らからは「こんなに簡単に方針を変えられては府政が混乱する」と早くも不安の声も出ている。
 橋下氏は当選直後に行われた28日未明の産経新聞のインタビューで「府債発行を原則認めない。(予算は)収入の範囲内でないとだめ」「知恵が出なければ人件費削減もやむをえない」などと発言。ところが、30日午後、約7時間にわたって府幹部から予算案について説得をうけた結果、将来交付税で全額返される府債の存在を知り、「勉強不足だった」として一部府債の発行に理解を示した。
 ある府幹部は「知事に就任してから態度を変えられては困るが、この段階で公約などを変えることは理解できる」と話す。しかし、橋下氏は出馬にあたっても、いったん「2万%ない」と否定していながら結局立候補表明したこともあり、橋下氏の発言の信用性に疑問が持たれていた。そんな中で今回の新たな前言撤回に「今後も『朝令暮改』があるのではないか」という声が出ている。
 府債発行額は平成19年度で2433億円。仮に警察官や教職員を含む全職員約9万人の人件費を一律2割カットしても2000億円に満たない。また、府債がないと公共事業もできなくなるため、生活に必要な道路や橋の工事もできなくなる。
 府当局や府議会では「段階的に縮小するなら可能だが、いきなり新年度に実現するのは不可能」という見解で一致、橋下氏の発言に首をかしげていた。
 知事選のため作業をストップしていた新年度予算案について府の財政当局は「早急に決めなければならない」としており、橋下氏に正確な情報を届ける方針だ。橋下氏と府側は31日も午後から新年度予算案などについて協議する予定で、より詳細な議論が行われる。

【関連記事】
・ もう削れまへん…橋下流「府債ゼロ」は実現ムリ?
・ 頭の中は府政だけ!橋下氏、虎党入りかたくな拒否
・ 橋下氏、もう議会と不協和音…「府債発行ゼロ」に自公から撤回要求
・ 【橋下日記】(30日)初登庁日の日程「非常に緩い。こんなもんでいいですか」
・ 【写真満載】トランスフォーマーに浅尾美和さんら

最終更新:1月31日12時6分


[新世紀人コメント]
助け舟(そのまんま東知事が斡旋の北川グループ)が何時出てくるかな?


 2 81 +-
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 22:02 | 橋下大阪府知事

共産党の精神は今は?

共産党の精神は今は?
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/718.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 31 日 21:52:45: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 映画『母べえ』を観る(井手敏博の日々逍遥) 投稿者 gataro 日時 2008 年 1 月 31 日 21:25:15)


私は日本共産党というのは元々革命的ロマンティシズムとでも言うべきものにあふれていたと思います。「失うものが無い」者たちの不屈の精神が。それが戦後の63年間を経て失われていったように思うのです。それは「失うものを持った」ためになった事ではないでしょうか?特に共産党の上層部は長年に渡って結構「いい生活」をしてきたのではないでしょうか?共産主義者同盟などの新左翼はこの失われつつあったロマンティシズムを引き継ぐ形で興ってきたように思います。理論的に色々な事はあったかと思いますが樺美智子さんの死に大きな意味を付与したように思います。今、左翼にどんな文化があるのでしょうか?プロレタリア文学というのもありましたが答えが決まっているパターン化された人間像を描いても何も面白くなかったのではないでしょうか?文化の貧困こそが戦後左翼の凋落の主要な原因だと思います。山田洋次監督は人間を愛している監督だと思います。人間を手段化する思想との闘争こそが左翼が担わなければならない文化闘争ではないでしょうか?
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 21:53
映画『母べえ』を観る(井手敏博の日々逍遥)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/717.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 1 月 31 日 21:25:15: KbIx4LOvH6Ccw

(回答先: 映画「母(かあ)べえ」を観てきた 治安維持法下、けなげに生きる一家を描く 全編ただ涙あるのみ(どこへ行く、日本。) 投稿者 gataro 日時 2008 年 1 月 31 日 21:15:51)


映画「母(かあ)べえ」を少し斜めから見た面白い感想も紹介しておきましょう。

====================================================

http://idetoshihiro.spaces.live.com/blog/cns!FF3C8BA57E1A067D!1733.entry

1月31日
映画『母べえ』を観る


 山田洋次監督の映画とは人情映画なのである。寅さんの兄妹愛、藤沢時代劇の夫婦愛。主役は殿様でも財閥でもない名もなき庶民である。背景を丁寧に描かれた美しい(もはや喪われた)日本の自然が流れていく。目頭が熱くなるというものだ。

 『母べえ』を観た。さすがに山田洋次はエンターテイメントとしての映画のツボを心得ている。前回の『北の零年』で心配した吉永小百合も役どころにはまって安心して観ることができた。ボランティアとしての原爆詩の朗読という実人生ともシンクロして無理がない。監督は「茶の間を大きな時代が通り過ぎていった映画」との比喩にわが意を得た思いであったという。時代の寒風はただ通過しただけではない、その冷厳な風はもっとも可憐で良質な枝葉をボロボロ飛ばし去っていったことを忘れてはならないだろう。俯瞰的な作品批評は適任の方がやられるとして、私は気がついたいくつかを記しておきたい。

 物語は作中の「照べえ」である野上照代氏のノンフィクションを素材として劇映画化したものである。治安維持法で検挙された坂東三津五郎の「父べえ」である野上滋は本名野上巌(筆名新島繁)といい、山口県出身で東大卒の(ドイツではなく)イタリア文学者で文芸評論家。劇中では昭和17年正月に獄死するが、実際は戦後も左翼文学者として活躍した(1901~1957)。どの程度の論客だったか知らないが、幸い青空文庫に宮本百合子の書評が掲載されているので参照されたらいい(*)。

 彼が権力の弾圧を受け(逆にいえば、思想犯罪を犯さ)なければ、とても名もなき庶民ではない。笹野高史の特攻刑事が言うように「本来なら高等官さま」だから、それはそれなりの階級である。母べえだって教職に就けるのだから師範か高女は出ている。当時の日本にあってはすこぶるつきの知的エリートであり、父が獄中にあっても長女の「初べえ」は当たり前に高等女学校に行ける家庭なのである。

 父べえを広島出身にしたのは白砂青松を思い出させたかったというよりも、檀れいの野上久子(父べえの妹)が原爆死するための伏線である。浅野忠信の山崎徹(父べえの教え子)の片耳を不自由としたのも、こんな人まで戦争に引っ張ったのかと思わせるためであろう。可憐で良質な部分だけではない、笑福亭鶴瓶の藤岡仙吉というカネがイノチの享楽家も吉野の山に野垂れ死ぬ(!)のである。脚本の勇み足かもしれないが、戦争の悲惨さを戦闘や被爆シーンでなく強調する方法のひとつかもしれない。

 中村梅之助の藤岡久太郎(母べえの父)も好演である。純粋な山口弁を達者にしゃべって懐かしかった。満州から引き揚げて15~18歳を山口で過ごした山田洋次ならではである。たたき上げの警察署長あがりを見事に演じたのは、上京して警察の指定宿に娘と孫を呼んですき焼きを食べさせる場面。孫が卓子の上にこぼした生卵をもったいないと直接唇をつけて吸うのだが、そのエネルギッシュな下品さと国事犯の係累と成り下がった悲哀さを、セリフなしに表現する演技力は抜群であった。権力の腐敗とキャリアの動揺を一回きりの短い場面できりりと演じたのは杉本検事役の吹越満。大学で講義を受けた父べえに検事調べで対するが、傲慢と自信のなさを凝縮した演技は買える。

 それでも私は”よくやった第一”に鶴瓶をあげたい。マジメな知的階層だけで物語りはつむげない。父べえすら、万一革命が成功したとしたら、大学の学部長とかになって党の御用文学を吹聴するに違いないのだ。北朝鮮の胸いっぱいにバッジをつけた将軍たちのようにである。鶴瓶こそがもっとも生きている人間らしい存在感がある。ほかの人はキレイゴトにすぎないといったら言い過ぎだろうが、美と醜・善と悪・真と偽といった二項対立を乗り越えた役まわりは「トクしたな」であろう。檀と浅野は余裕なく熱演しているのが好感を持てる。吉永小百合はたまに横顔に齢の翳がよぎるが、長年のファンとしては好しとしよう。海を泳ぐクロール姿はまだまだ若かったのだから。

(補遺) この映画、公開は1月26日だが、山田作品の例に漏らず撮影は1年前には終えている。となると、脚本は2006年夏ころの脱稿だろうか? 小泉といい、安倍といい、夫婦愛も親子愛も知らぬ最高権力者が「戦後レジームからの脱却」なんぞ叫ばれてはたまらないと山田洋次が思ったかどうか、憶測することもおもしろい。


(*)新島繁著『社会運動思想史』書評 (1937) 宮本百合子全集 第14巻(新日本出版社)→http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3172_10827.html
[PR]
by wayakucha | 2008-01-31 21:29
【重要】橋下徹知事がかばった「大阪の建設会社」の正体(低気温のエクスタシー)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/282.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2008 年 1 月 29 日 16:47:56: ZtsNdsytmksDE


http://alcyone.seesaa.net/article/81273874.html

中国ウォチャーである和仁廉夫氏のブログ「龍眼の中華人類学事始」から。

橋下徹知事が、4年前に日中間で外交問題にもなった中国広東省珠海における集団買春事件について、「集団買春は、中国へのODAのようなもの」と庇った『大阪の建設会社』が、じつは埼玉県富士見市の認知症老姉妹の全資産を奪った悪徳訪販リフォーム業者の本家本元、株式会社幸輝。その「幸輝」の米盛昌敏オーナーが、じつは闇社会と関わりの深い人物であることについて、リポートしたもの。

「私は2003年9月の事件発生以来、珠海中級法院、さいたま地裁、京都地裁に取材、傍聴を続けてきました。マス・メディアが揃って尻込みした、とっておきの内幕情報でもあります。」

☆橋下徹がODAと庇った「大阪の建設会社」の正体(上)―続・史上最大の買春作戦(1)

http://www.actiblog.com/longan/52125

http://s02.megalodon.jp/2008-0129-1619-08/www.actiblog.com/longan/52125

「幸輝」は長崎駅前にあった株式会社ジェネラスに起源する。

☆橋下徹がODAと庇った「大阪の建設会社」の正体(下)―続・史上最大の買春作戦(2)

http://www.actiblog.com/longan/52143

http://s02.megalodon.jp/2008-0129-1624-32/www.actiblog.com/longan/52143

まったく逆の反応を示したのが橋下徹弁護士。

「(集団買春は)中国へのODAのようなもの」(東京放送『サンデー・ジャポン』2003年10月5日放送)

橋下弁護士は「幸輝」社員らの行為を正当化して開き直った。

(略)

今年1月18日発売の『FRIDAY』2月1日号は、大阪府知事選挙に立候補した橋下徹弁護士の年金未納の事実とともに、闇社会と親密な交際を続けていた事実をスクープした。

(略)

この報道で、橋下弁護士と「幸輝」をつなぐ線がおぼろげに見えてくる。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-30 23:44 | 橋下大阪府知事
新大阪府知事の大スキャンダルとは何か?(きっこの日記 2008/01/28 (月) 大阪ラプソディーより)
http://www.asyura2.com/08/senkyo46/msg/687.html
投稿者 南青山 日時 2008 年 1 月 30 日 23:29:56: ahR4ulk6JJ6HU


http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080128

‥‥そんなワケで、あんなもんを都知事にしちゃった東京都民のあたしは、何も偉そうなことは言えないけど、橋下徹に関しては、当選してもらってホッとした。橋下徹の立候補に対して、何で出馬を要請した自民党自体が「府連推薦」にとどめたのか、何でナンミョー党が「府本部支持」にとどめたのかっていうと、これには理由があった。それは、橋下徹にウワサされてる、ある大スキャンダルのウワサだ。もしも、こんなことがオオヤケになれば、そのダメージは推薦した政党に及ぶことは免れられない。そして、沈没寸前の売国自民丸としては、ただでさえ支持率が急降下してんのに、こんなヤブヘビはシャレになんないから、最悪の場合でも大阪府連にだけ責任を取らせる形にしたってワケだ。だから、あたしとしては、この大スキャンダルが選挙前に暴露されて、橋下徹が落選して、またまたテレビにたくさん顔を出すことになるよりも、とにかく何としても当選してもらい、知事になってから暴露されたほうが面白いって思ってた。だから、今回の府知事選で、大阪を良くしようと思って投票に行った人たちよりも、「お笑い」の精神で投票に行った人たちのほうが遥かに多かったことに、あたしは感謝したいと思う今日この頃なのだ。

★「ある大スキャンダルのウワサ」とは何か? 新府知事の票の予想外の集まり方とも関係がありそうだし、「出馬を要請した自民党自体が「府連推薦」にとどめたのか、何でナンミョー党が「府本部支持」にとどめたのか」との指摘とも関係がありそうだ。大阪府民ならみんな知っていること、との情報もある。いつこの「大スキャンダル」が爆発するのか、きっこならずとも注目だ。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-30 23:37 | 橋下大阪府知事
反自公ネット選対を作ろう!
http://www.asyura2.com/08/idletalk29/msg/446.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 1 月 29 日 12:37:39: YdRawkln5F9XQ


今後行われる全ての選挙において自公候補を落選させる事を目的にした選挙対策本部をネット上で作りましょう。自公候補よりもいい政策を提案していて一番勝てる可能性が高い候補に票を集中させる取り組みです。
[PR]
by wayakucha | 2008-01-29 12:38