阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha

<   2008年 05月 ( 124 )   > この月の画像一覧

この事実、もう40年以上も前に普通の学者が言ってる事実じゃん。
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/585.html
投稿者 偽の友をあばけ 日時 2008 年 5 月 31 日 19:08:06: XxD1rrfsbD1ZU

(回答先: イスラエルで「建国根拠なし」本、ベストセラーに(Asahi.com)-『古代ユダヤ人の子孫は実はパレスチナ人だ』 投稿者 ああ、やっぱり 日時 2008 年 5 月 31 日 14:09:05)


中公文庫 ロバート=ウォーカップ「幻想の古代文明」
この著作は権力からの何の圧力もなく焚書対象にも一切なってないから
「パレスチナ解放戦線」と名乗る連中もまた
イルミナチのお仲間だったワケだな。  
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 19:16
ユダヤ人とは捏造された民族か?(テル・アヴィヴ大学教授)
http://www.asyura2.com/08/holocaust5/msg/111.html
投稿者 木村愛二 日時 2008 年 5 月 31 日 16:19:50: CjMHiEP28ibKM

(回答先: <古代ユダヤ人の本当の子孫はパレスチナ人だ>イスラエルで「建国根拠なし」本、ベストセラーに(朝日新聞) 投稿者 gataro 日時 2008 年 5 月 31 日 13:43:01)


ユダヤ人とは捏造された民族か?(テル・アヴィヴ大学教授)

----------------------------------------------------------
http://mondediplo.com/2008/05/18invented
Are the Jews an invented people?

By Eric Rouleau

How the Jewish people were invented, from the Bible to Zionism is the provocative title of the most recent book to be published in Israel by Shlomo Sand, a professor at Tel Aviv University (forthcoming in French with Fayard). Sand, one of the “new” historians, attacks what he calls the myth that the Jews are the descendants of the Hebrews, exiled from the kingdom of Judaea. He has attempted to show that the Jews are neither a race nor a nation, but ancient pagans -- in the main Berbers from North Africa, Arabs from the south of Arabia, and Turks from the Khazar empire -- who converted to Judaism between the fourth and eighth centuries CE. According to Sand, the Palestinians are probably descended from Hebrews who embraced Islam or Christianity.

Sand doesn’t challenge Israel’s right to exist or the notion of its sovereignty, but he thinks that sovereignty is undermined by its exclusively ethnic base, which stems from the racism of Zionist ideologues. In other words, Israel shouldn’t be a Jewish state, but a democratic secular one which belongs to all its citizens.

Quoted in Haaretz on 21March 2008, Sand was pessimistic about how his work would be received in Israel: “There was a time when anyone who claimed that the Jews had a pagan ancestry was accused on the spot of being an anti-semite. Today, anyone who dares suggest that the Jews have never been and still are not a people or a nation is immediately denounced as an enemy of the state of Israel.”

Sand may be mistaken. A no less challenging work which presents the Torah as in large part a collection of myths and legends, has been well received by the Israeli media and in secular circles.

In their book The Bible Unearthed, two eminent Israeli archaeologists, Israel Finkelstein and Neil Asher Silberman, present an argument based on excavations and ancient documents which calls into question long-cherished convictions.

Israeli society may be more receptive to challenging questions than it is given credit for.
----------------------------------------------------------  
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 19:08

疑惑として

疑惑として
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/261.html
投稿者 忍 日時 2008 年 5 月 30 日 13:30:57: wSkXaMWcMRZGI

(回答先: 殺人説も!川田亜子の自殺と創価盗聴ストーカー  投稿者 azumijunko 日時 2008 年 5 月 30 日 00:06:51)


【サイバッチ!】川田亜子の「カウンセラー」を操る「鬼畜」1136[05/29//08]
======================================================================
◆配信数:74506◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分
=======================================================================

●asahi.comが記事捏造!?
 川田亜子の「カウンセラー」を操る「鬼畜」の正体

「タカハシマサト」を名乗る謎の人物がマスコミ各社に奇妙な電話をかけ続
けている。
「川田さんのカウンセラーをやっていました。彼女の悲しみを伝えたいんで
す。話を聞いてもらいえませんか。もし、お疑いなら事務所に問い合わせて
もらっても構いません。カウンセラーのタカハシと言えば、すぐにわかるは
ずです」
 川田の苦悩を語り、最後は嗚咽を漏らして「精神的に不安定でしたがまさ
か自殺してしまうとは……、残念です」と締めくくった、という。
 電話を受けた記者たちが、背後に「鬼畜」と呼ばれるあの男の存在を感じ
たことは言うまでない。多くの社はこの「売り込み」を黙殺している。
 しかし、である。
 ただ、1社、謎のカウンセラーを自社のサーバ上に誌面に登場させた媒体
があった。あのasahi.comだ。
 削除される可能性も高いため、あえて、全文をそのまま引用します。みな
さん、どう思われますか? 
 先入観を持ち込まないため、解説は一言。
「このカウンセラーを紹介したのは川田の所属事務所だった」。
 真偽は、各自、自己責任でご判断ください。ここでは記すことができませ
んが、【プチバッチ!】も粛々と記事を配信し続けています。


-------------------------------------
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200805290009.html
川田アナ「報道志望」仕事に行き詰まり…
2008年05月29日

また、所属事務所はこの日までに川田アナの密葬を終えたことを発表した。
 川田アナが自分で調べて存在を知ったカウンセラーのA氏を訪ねたのは今
月中旬。初対面で約40分のカウンセリングは、川田アナが悩みを打ち明け
ることに多くが費やされた。
 A氏 最初に孤独な感じですねと切り出すと「分かってもらえるんですね」
とホッとした表情で答えていました。執筆業に転職しようか迷っていると。
また「国(金沢)に帰りたい。その方が普通の幸せを得られるかも」とも言
っていました。
 私が「もう少し頑張れば」と返すと、報道の仕事に携わることを希望し、
昨年春フリーに転じたものの、思うようにならない現実を打ち明け始めたと
いう。室内のテレビには数日前に発生した中国・四川大地震の悲惨な現場が
映し出されていた。
「私は9・11テロをテレビで見て、アナウンサーになろうって思ったんで
す。今なら、リポーターとして中国四川に飛んで、仕事の傍らでボランティ
ア活動をしたいのに…」と、寂しそうに見つめていたという。
 A氏は多くの女性が悩んでいるだろう恋愛についても尋ねている。
 A氏 「結婚はいつできると思いますか? でも、特定の人はいないんで
す。私は本気になれないみたい」とは話していました。孤独さは感じました
が、失恋などに陥った雰囲気はなかった。思い返しても仕事への失望、絶望
感はあったけど、恋愛問題が自殺の要因になったとは思えません。帰り際に
「またうかがってもいいですか?」と尋ねられた。まだ、うつ病のレベルで
もなかったし、自殺だなんて、今でも信じられないんです。
 川田アナの葬儀は遺族の強い希望でこの日までに密葬で営まれた。自分の
ブログにつらい心境を明かし続けた末に迎えた死の大きな要因に仕事があっ
たようだ。


[【プチバッチ!】配信準備中の記事]
独占スクープ!! 最後頼った竹原慎二は巨悪に屈した
鬼畜変態プレイ強要。ジャーナリストの誇りを胸に亜子は天国への階段を選んだ!!
サイバーエージェントの黒い闇!! 藤田に奥菜を紹介したのは谷口だった
実家に残された謎の詩と暗号
告発記事執筆 フリーライターが「消された」
恐るべき同和・学会人脈を暴く
スカトロ強要で、榎本加奈子が泣き叫んだ夜
堕胎強要は5月12日!! うつ病で打ち合わせドタキャンも
TBSのAD時代、バーニングから賄賂で解雇
蛯原友里、井川遥、ともさかりえをコマした驚愕の手口
衝撃!! あの安岡力也にナイフをつきつけ脅迫した
長谷川京子も「レイプされた」と告白
本誌だけが掴んだ「自殺前夜、川田の密会情報」
恐るべき情報操作!! 「T氏とは昨年、別れた」の大ウソ

=========================================================================


【サイバッチ!】川田亜子の父親が刑事告発を決意!!1135[05/28//08]
======================================================================
◆配信数:74471◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分
=======================================================================

●川田亜子の父親が刑事告発を決意!! 殺人事件の可能性も

とんでもない情報が入ったので事実のみ端的にお伝えしておく。
川田亜子が刑事告発を決意した。今、弁護士事務所で弁護士と打ち合わせ
をしている。先ほど、取り巻く記者たちに「あんたらは遺書の内容を知らな
いだろう。これは普通の自殺じゃないんだよ」と怒鳴りつけたことろだ。
「所属事務所幹部に対し、かなりの疑念を持っている」ことだけは明らか、
と言っておこう。
弁護士の名前・事務所は当然、掌握しているがこんらんがおきるためここ
ではご容赦。詳細・続報は【プチバッチ!】をご覧いただきたい。
なお、警視庁が川田亜子の遺体を司法解剖した。殺したあと、練炭を炊い
たのではないか、との疑惑が浮上したようだ。現在、【プチバッチ!】取材
班は川田が交際していた所属事務最高幹部とその側近2名についてアリバ
イ調査を開始。事件は最終局面を迎えたようだ。
現在、【プチバッチ!】は24時間総力体勢でこの事件を追跡していており、
すでに8本の速報を配信。急展開した事態についても、即座にフォローして
ていく。


[【プチバッチ!】配信準備中の記事]
サイバーエージェントの黒い闇!! 藤田に奥菜を紹介したのは谷口だった
実家に残された謎の詩と暗号
フリーライターが「消された」
恐るべき同和・学会人脈を暴く
スカトロ強要で、榎本加奈子が泣き叫んだ夜
堕胎強要は5月12日!! うつ病で打ち合わせドタキャンも
TBSのAD時代、バーニングから賄賂で解雇クビに
蛯原友里、井川遥、ともさかりえをコマした驚愕の手口
衝撃!! あの安岡力也にナイフをつきつけ脅迫した
長谷川京子も「レイプされた」と告白
本誌だけが掴んだ「自殺前夜、川田の密会情報」
ケイダッシュが情報操作!! 「T氏とは昨年、別れた」の大ウソ


[プチバッチ!]-----------------------------------------------------
ブレーキの壊れた暴走機関車=【プチバッチ!】は土日祝日をのぞく毎日
配信。年間購読料5800円、5ヶ月3000円。総力取材で川田亜子自殺の真相
に迫ります。

[総力追跡 川田亜子を「殺した」鬼畜の正体!!]
●[速報]743号[05/28//07]23:50
谷口元一が失踪!! テレ朝の電話にも出ない
●[速報]742号[05/28//07]19:30
「遺品」が残したダイイングメッセージの謎!!
●[速報]741号[05/28//07]10:35
本誌独占!! 慟哭の遺書を全面公開
●[速報]740号[05/28//07]02:00
独走スクープ!! 遺書で名指しされた谷口元一の名前
●[速報]739号[05/28//07]00:10
自殺現場近くに同棲マンション発見
●[速報]738号[05/27//07]14:30
独走スクープ 自殺ベンツの持ち主は「婚約者」だった!!
●[速報]737号[05/27//07]11:30
死亡前夜に2人は会っていた!!
●[速報]736号[05/26//07]23:45
芸能プロ最高幹部に脅迫されていた!?
●[速報]738号[05/27//07]14:30
独走スクープ 自殺ベンツの持ち主は「婚約者」だった!!
●[速報]737号[05/27//07]11:30
死亡前夜に2人は会っていた!!
●[速報]736号[05/26//07]23:45
芸能プロ最高幹部に脅迫されていた!?

=============================================================================

●独占スクープ!! 川田亜子自殺現場は芸能プロ社長の自宅前

今日未明、練炭自殺をした元TBSアナの川田亜子についてとんでもない
情報を掴みました。今回ははったりをカマすつもりはありません。うけけけ
け、と笑うつもりもありません。事実だけを淡々とお伝えしたいと思います。
川田の自殺現場は港区海岸3丁目。これについては、すでに新聞が書いて
いるので、賢明なる読者のみなさまもご存知かと思います。
問題はここからです。
現場の目の前には、高級賃貸デザイナーズマンションMEWが建っていま
す。このマンションに、日本の芸能界をジャニーズと二分する最大手芸能プ
ロ系列の最高幹部が住んいることが判明しました。
昨年、某週刊誌は、この人物が川田亜子の「婚約者」だ、と記した。この
人物は、かつて、井川遥、榎本加奈子との親密な関係をウワサされ、つい先
ごろは、長谷川京子との関係も囁かれました。
豪腕、女好き、……。業界内での評判は芳しくありません。
夕方から聞き込みを続ける元週刊誌記者の蛆虫18号は、つい先ほど、携帯
電話からこう報告してきました。
「最近、川田が頻繁にこの近辺で目撃されているんです。1週間前が同じ町
内にあるDSKビル、目と鼻の先の五色橋でも目撃されています。で、一緒
にいたのが、この芸能プロ最高幹部。目撃者に写真を見せて確認しましたか
ら、断定してかまわないでしょう」。
本誌は、かつて、反町&松嶋夫妻に関する記事で株式会社研音代理人名乗
る弁護士名乗る神部健一と酒井将から訴訟恫喝を受けました。毎日新聞社長
の北村正任のスキャンダルを暴いたときには同社社法務室長の矢吹修一から
訴訟をちらつかせた恫喝を受けたました。
また、同和、朝鮮人、プロ市民など、ゴロツキから取材現場で「殺すぞ」
「沈めるぞ」というご挨拶を受けるのは日常茶飯事です。
が、【サイバッチ!】はこうした恫喝や脅迫に屈したことは一度たりとも
ありません。この10月で創刊10年となりますが、一度たりとも巨大権力に
跪いたことはない。これこそが蛆虫の誇りなのです。
今回は創刊以来、最大のスキャンダルであり、相手も相手なので、これま
で以上の圧力を受ける可能性が極めて高い。【サイバッチ!】の総決算とな
るでしょう。だから、自主規制などするつもりはありません。事実を躊躇な
く、徹底的に暴き立てます。
詳細は、現在、配信準備中の【プチバッチ!】で。次号仮タイトルは<川
田亜子を「殺した」鬼畜の正体>です。

====================================================================
●川田亜子、車中練炭自殺!! 運転していた男の正体

川田亜子が自殺したのは右ハンドルの白いベンツ車内。名義は所属事務所
「ケイダッシュ」でした。タレントが事務所名義の車に乗ること珍しいこと
ではありません。
が、川田は免許を持っていなかった、という情報が……。
川田は、テレビ局入りするときは、局が差し向けた国際自動車のハイヤー
を利用していました。テレビや事務所関係者に確認したところ、いずれも、
「運転しているのも見たことがない」と返答。「事務所の車にひとりで乗っ
ていたのはなぜか? あの車はいつも川田さんが使っているのか?」という
逆質問を受ける始末です。
【プチバッチ!】取材班は 今も、現場で聞き込みを続けています。そして、
その焦点はこの車の「運転者」と自殺まで車中で何がおこったか?、です。
前号で記した通り、今回、【サイバッチ!】では取材で得た事実だけを淡々
と記したいと思います。
それとは逆に、【プチバッチ!】では、テレビ局や所属事務所周辺で飛び交
う未確認情報を中心にお伝えしいます。まだ、裏の取れていないものもあえ
て出しています。少数の限定的な読者が自己責任で情報をキャッチする。【プ
チバッチ!】のコンセプトを極限まで追及しています。
すでに、2本の関連記事を配信済み。準備中の記事は以下の通りです。今
回はどんな圧力がかかろうとも最後まで徹底的にやりぬきます。

・ケイダッシュが情報操作!! 「T社長とは昨年すでに別れた」の大ウソ
・車中に残された一冊の本とT社長宛て「遺書」の内容
・あの社長が川田に堕胎強要したのは5月12日!! うつ病で打ち合わせド
タキャンも
・自殺前夜、川田と社長の密会を目撃
・自殺直前、川田から社長の携帯から電話を!!
・マスコミが追う最大手芸能プロ最高幹部の正体

======================================================================
●独走スクープ!! 川田亜子、自殺ベンツは所属事務所取締役の車

数時間前に、決定的な事実が判明した。【プチバッチ!】で即座に配信し
たが、その一部をかいつまんでお伝えしておこう。
川田亜子が自殺したベンツの「所有者」が判明した。名義は所属事務所
「ケイダッシュ」とだが、実際に使用していたのは同社取締役の谷口元一
氏である。ベンツのトランクからは谷口氏のものと見られるゴルフバック
が出てきた。自殺直前までベンツを運転していたのも谷口氏である可能性
が高い。
【プチバッチ!】取材班は谷口氏の写真を持ち、自殺現場の海岸3丁目周辺
の聞き込みを続けている。
「谷口氏の自宅は目の前のマンションであり、川田の自宅はお台場です。マ
ンション敷地内には駐車場があるのに、なぜ、ベンツは路上駐車されていた
のか? なぜ、川田はこんな場所で『自殺』したのか? 不自然なことが多
すぎです。
そもそも、『自殺』と報じていますが、確定したわけではありません。
三田署は殺人の可能性を視野に入れながら捜査を進めいるはずです」(全国紙
社会部記者)
度重なるマスコミからの問い合わせに対し、ケイダッシュは「谷口氏と
は連絡がつかない」と繰り返えす。が、谷口氏は今日、三田署の事情聴取を
受けた、という情報を【プチバッチ!】取材班は掴んだ。事件の裏舞台には、
とんでもない情報が飛び交っているのだ。
なお、ケイダッシュは、ジャニーズ事務所とともに芸能界を二分するバ
ーニンググループの中核企業。バーニングが広域暴力団と親密な関係を持
ち、その会長である周防郁雄氏は「芸能界のドン」と呼ばれている。谷口
氏は周防氏の側近である。
【プチバッチ!】は谷口氏と川田の関係について情報を入した。多くは未確
認情報であるため、ここでは差し控えたい。詳細は【プチバッチ!】で。

[【プチバッチ!】配信準備中の記事]
・堕胎強要は5月12日!! うつ病で打ち合わせドタキャンも
・車中に残された一冊の本とT氏宛て「遺書」の内容
・本誌だけが掴んだ「自殺前夜、川田の密会情報」
・マスコミが追う最大手芸能プロ最高幹部の正体
・ケイダッシュが情報操作!! 「T氏とは昨年すでに別れた」の大ウソ

=====================================================================

●独占入手!! 川田亜子がベンツに残した遺書の中身

川田亜子がベンツに残した遺書の詳細が判明した。遺書は3通。そのうち
1通が所属事務所「ケイダッシュ」取締役の谷口元一宛で、ある本にそえら
れていた。この本は今月初め谷口が川田に贈ったものだ。
詳細はすでに【プチバッチ!】に記した。書名も書いた。この本こそが川田
の苦しみの象徴であり、自殺直前に残したダイングメッセージ。事件のカギ
はここに隠されている。
今回の「自殺事件」の背後には同和、学会、日本最強と呼ばれる武等派暴
力団の影が見え隠れする。
最前線でこの事件を取材する記者複数名からは「いつもの調子でやってい
ると、今度こそ殺されるぞ」というご忠告もいただいた。取材班を取り仕切
る蛆虫18号の携帯には昨日午後から不気味な無言電話が続いている。【プチ
バッチ!】はすでにルビコン川を渡っているのかもしれない……。


[【プチバッチ!】配信準備中の記事]
谷口元一の恐るべき同和・学会人脈
榎本加奈子に強要したスカトロプレイ
堕胎強要は5月12日!! うつ病で打ち合わせドタキャンも
TBSのAD時代、バーニングから賄賂で解雇クビに
蛯原友里、井川遥、ともさかりえをコマした驚愕の手口
衝撃!! あの安岡力也にナイフをつきつけ脅迫した
長谷川京子も「レイプされた」と告白
本誌だけが掴んだ「自殺前夜、川田の密会情報」
ケイダッシュが情報操作!! 「T氏とは昨年、別れた」の大ウソ

MM3CA3323935BAC 【サイバッチ!】情報
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3C


=======================
不審な新聞記事(二つの死亡状況の記事が違う。川田亜子アナウンサー自殺事件)
二つの死亡状況の記事が違う。

調べでは、車は所属する芸能事務所のものとみられ、運転席側の窓に目張りがされ、後部座席に練炭2個が置かれていた。川田さんが運転席から助手席にかけて横たわっているのを男性会社員が見つけ、110番通報した。遺書は家族への感謝の言葉をつづった内容だったという。
所属事務所によると、24日の午前中にテレビ朝日系の情報番組「サタデースクランブル」に生出演するなど仕事をこなしており、普段と変わった様子はなかったという。発見時はパーカー、スカート、サンダルの普段着姿だった。

TBSの元女子アナウンサー、川田亜子さんが自殺(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000917-san-soci
から


乗用車は所属事務所名義で、右ハンドルの白いベンツ。川田さんはパーカにスカートの普段着姿。目撃者によると、ひざを抱えて胎児のような体勢で運転席に座り、右側の窓にもたれかかっていた。運び出された時、すでに体が硬直していたという。

現場は自宅マンションから数百メートルで、倉庫が建ち並ぶ場所。目撃情報などから25日夜以降に現場に車を止めたとみられる。近くの飲食店店長の男性(50)は「朝早くに高級車が止まっているのは珍しく、中をのぞいた店の客が“寝ているのか死んでいるのか分からない”などと話していた」と語った。


自殺の川田さん 周囲に不調訴え通院も(スポーツニッポンの記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000045-spn-ent
から

 
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:38
やっぱり!女子高生コンクリート殺人事件と繋がっていた!第一発見者は
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/267.html
投稿者 azumijunko 日時 2008 年 5 月 31 日 07:50:03: Wbjph3gH6IIHQ

(回答先: 殺人説も!川田亜子の自殺と創価盗聴ストーカー  投稿者 azumijunko 日時 2008 年 5 月 30 日 00:06:51)


ネットゲリラさんです。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/05/post_30e9.html
 
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:35
殺人説も!川田亜子の自殺と創価盗聴ストーカー 
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/244.html
投稿者 azumijunko 日時 2008 年 5 月 30 日 00:06:51: Wbjph3gH6IIHQ


川田アナ、ストーカー盗聴に脅えていた!
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_05/g2008052817_all.html
【創価】谷口元一と川田亜子自殺【ケイダッシュ】2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1212042851
谷口の弟はFテレビ 大物プロデューサーMのグループ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E5%A4%A7%E4%BA%8C
私は集ストメンバーの口から以前大物プロデューサーMのことを聞かされている。大物プロデューサーがこんな田舎のストーカー達と何の関係があるのだろうと思っていた。最近集ストメンバーの商店主の所に警察の手入れが入ったという。彼のところに仕事を頼むと盗聴器を仕掛けられるといわれていた。
川田亜子は鳥越俊太郎と食事の約束をしていたそうだが 鳥越の口からなにかを聞かされるのを恐れていた人物がいたのではないか?4ヶ月前といえば佐世保の乱射事件からひと月 事件の報道への疑問がネット上に飛び交い 鳥越おろしが不発に終わったあたりである。上智大学に接点か?
女優Kがカンヌ映画祭で賞を受賞した日 女優Kの元親衛隊長の愛人?が不自然な自殺。
女子高生コンクリート詰め殺人事件の主犯は創価 在日 「なんてったって アイドル」を歌いながら
被害者に対し凄絶な暴行をくりかえしていたという。この事件の現場となったのが共産党員の家で 弁護にはあの坂本弁護士が関わっていたといわれる。
まるでその事件から坂本弁護士を引き離させるようにオウム真理教被害者からの相談がもちこまれたのである。あとはご存知のとおりだが 手を下したのはオウム信者ではなく創価893だという説も根強い。
ちなみに私の知っている創価信者はみないい人(一部を除き)で創価盗聴ストーカーとはどうも結びつかないのである。
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:31
1985年 日航機墜落事故 123便は墜落させられた?
http://www.asyura2.com/08/reki01/msg/299.html
投稿者 諸星あたる 日時 2008 年 5 月 29 日 12:23:01: zlips9ejBZoTk



1985年8月12日午後6時56分、
日本航空(当時)123便、
東京(羽田)発大阪(伊丹)行、
ボーイング747SR-100(「ジャンボジェット」、機体記号JA8119)
が群馬県多野郡上野村の高天原山[1]に墜落した事件
覚えている方も多いと思います。

あの事件には不可解な事がかなりあったようです。
中でも事故原因とされた、
圧力隔壁破壊の発生という報告は

生存者及び乗客の遺体の状態と比較すると
矛盾だらけであったそうです。

はじめマスコミにより墜落場所が長野と報道され
その後、正しく変更されたりと、
あの事件には何らかの思惑が絡んでいると考えて
間違いないと思います。

参考
http://uruseiblog.blog59.fc2.com/blog-entry-665.html  
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:26
大量監視社会ー山本節子著
http://www.asyura2.com/07/it10/msg/421.html
投稿者 真理を愛する者 日時 2008 年 5 月 28 日 15:53:36: NygxPubK8Q35E


 
 http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1361-6.html

>>まえがき

2006年12月3日、中国にいた私は、日本で起きたある人物の「訃報」に衝撃を受けた。亡くなったのは大阪高裁第7民事部総括判事の竹中省吾裁判官。享年64歳、退官を翌年に控えていた彼は、宝塚市の自宅のパソコンラックに首をつった状態で発見された。警察は彼の死を「自殺」と発表したが、それを疑う市民少なくないはずだ。

事件の情報を時系列的に整理すると、死亡時刻から警察発表まで、かなり時間が経過している。またどの記事もほぼ同じ内容で、報道各社が裏をとりに走った様子はない。完全に一本化された情報には、「口裏合わせ」「言論統制」が感じられる。

竹中判事はそのわずか3日前の11月30日、住基ネットの切断を望む市民らの「住基ネット訴訟」の判決で、「住民同意のない適用は違憲」とする画期的な判断を下したばかりだ。国民総背番号制に反対する人々にとっては、待ち望んでいた勇気ある判決だった。住基ネットを地方自治法違反の角度から訴え、最高裁の判断を待っていた筆者にとっても、この判決は大きかった。竹中判事は2000年の「尼崎公害訴訟」でも、国に賠償を命じ、汚染物質の排出差し止めを認めている。今回も、市民は彼の判断を信じるだろう。

しかし、国にとっては、住基ネットの存続を不可能にしかねない危険な判決だたことは間違いない。今回の判決力づけられて、住基ネット違憲判決が多発しかねなかったからだ。その彼の突然の死は、日本が後戻りできないような危険な方向にひた走っていることを告げている。2007年1月、築地書館の土井二郎氏にあてた年賀メールにそう書いたところ、彼は仰天するような情報をつけて返信してくれた。「政府が日本国民のパスポート管理を、アメリカのアクセンチュアという会社に丸投げして進めようとしている」というのだ。

アクセンチュアといえばエンロン事件で悪名高いアンダーセンコンサルティング社のスピンオフ企業のはず。その企業が法務省の事業を落札したということは、筆者のそれまでの「推論」-住基ネットはアメリカの国家情報戦略の一部ではないか-を裏付けることになる。ぞっとする思いで調べたところ、情報は真実だった。パスポート管理は法務省、住基ネットは総務省と、管轄は違うが、情報はインターネットと電子政府によって共有可能だ。「電子政府」は、最初から情報をアメリカ、CIAやNSAと共有するのを前提とした法設計であるのはもう疑う余地はなかった。筆者は、本人訴訟をもとに、住基ネットを根本から問い直す本を書き始めていたが、土井さんと相談し、「総背番号」「国民監視」「情報収集」などの面から、日米の情報戦略をとらえる内容に変えることにした。今の日本には、入管や高速道路だけでなく、あらゆるところに監視カメラが設置され、国や企業がその情報を瞬時に解析できるような体制が整えられている。たとえば、インターネット書店で本を買うと、以後同じような傾向の「お勧め本」(リコメンデーション)が届く。市民が知らないうちに、購買行動が記録され・分析されているのだ。便利な反面、薄気味悪いと思うのは、このシステムが個人の思想傾向、嗜好を把握・分析するのにも役に立つのが想像できるからだ。
行政による情報収集の深刻さは企業の比ではない。それは強制力を伴って、直接、市民の自由をしばる。個人の情報把握は、1人ずつ違うコード(ユニークコード)さえあれば、ごく簡単で、政府は住基ネットと戸籍法を通じて9割以上の日本人の情報を把握し、それを企業と共有している。このような体制を導入するにあたっては、最低限行政が保有する個人情報をチェックし、ご情報を訂正する権利を市民に保証しなければならない。間違った情報入力によって、個人が社会的不公正をこうむりかねないからだ。しかし政府はそのような防御システムを入れるどころか、「監視は善」というイメージを刷り込み、市民が監視に無感覚、無警戒になるように仕向けている。私たちの住んでいる社会は、考えられないほどアンバランスな情報社会だ。

インターネットによる情報収集は、登録-認証-監視-分析という形で行なわれるが、本書では、これを具体的なシステムや政策にからめて、「認証」「インフラ」「監視」「登録」「切断」という章にまとめた。一見、無関係に見えるそれぞれの話題-RFID、DNA銀行、Nシステム、GPS衛星-は、いずれも、行政の衣をまとったビジネスであり、インターネットとウェブを通じた企業利益がからんでいるという点で共通している。インターネットはこれまでの縦割り社会を解体し、産業界と学会、政府などを結びつけ、国境をも消して、全く新たな社会構造を作り上げつつある。その結果、誕生しているのは、情報を統制する上層と、統制される下層という大きな二層構造だが、下層におかれた市民は、いわばインターネットによるこのような構造変化-社会革命と言ってもいい-に気づきにくい。インターネットは、一方で、市民同士を直接結びつけ、本当に知りたい情報を共有するための非常に貴重なツールでもある。それを実証するために、本書は全資料をインターネット経由で入手した。いずれも今後さらなる研究・追跡が必要な主題ばかりであり、跡づけることができるように、全ソースを脚注につけた。もっとも、筆者の非才による誤解もありうることは、あらかじめお断りしておかなけらばならない。この点はぜひ識者の指摘・指導を待ちたい。紙面の都合で、アメリカと日本しか例をあげられず、そのほか、人権問題や国際組織、細かい法的な問題などについても省略せざるを得なかった。

一貫して行政問題を追及してきた著者は、いつも問題の根源が歴史にあるような気がしてきたが、ついに中国留学を決意し、2006年2月にスーツケース一つで南京に赴いた。半年の中国語学習の後、幸い南京大学の史学科に入学が許され、大学院生として近・現代史を学んでいる。ほとんど言葉ができない中年留学生にとって、初めて知る隣国の近・現代史は驚きそのもので、毎日新たな知識に目を開かれる思いがしている。そんな授業の合間を縫って取り組んだこの本作りは、正直、非常につらかった。推測の正しさを喜んでいたのは始めのうちだけで、すぐに、先が見とおせない、深い闇が広がっているような思いにとらわれるようになった。IT情報は、エントロピーの法則に従っている。ネット上に流出した情報は決してもとに戻せず、クモの巣(ウェブ)のように際限なく拡大し続け、決してコントロールできない。政府による情報収集は情報統制の裏返しであり、その行き着く先には全体主義と恐怖政治がまちかまえている。人は恐怖から逃れるために、思考をやめるだろう。では「監視社会」をどう解体したらいいのか?

個人では何もできない。しかし、どんな社会問題の解決も、まず「知ること」から始まる。筆者は、社会問題を本当に解決する力は、為政者や支配者ではなく、一般市民にあると信じている。したがって、今、筆者にできるのは、現状をなるべく正しく知らせ、構造の底流にある「利権」に目を向けさせることしかない。企業関係者も、官僚も市民であることは変わりないから、彼らに問題の解決をゆだねよう。そして、事が起きれば-これまでと同じように-筆者もまた闘いに立ち上がろう。本書では触れる紙面はなかったが、監視システムを地域レベルで拒否した自治体はけっこう多く存在する。

本書を完成させられたのは、ひとえにこうした思いを共有する多くの人びとの励ましによることをここに記して感謝したい。>>
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:19
米政権「ごまかしの文化」。ものすごい暴露本が出ました。未だに大嘘捏造ブッシュを支持する日本政府。
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/580.html
投稿者 戦争犯罪人ブッシュ 日時 2008 年 5 月 31 日 11:22:52: YyUZFCOlU/gHE


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-30/2008053007_01_0.html
米政権「ごまかしの文化」
元報道官が回想録


 【ワシントン=西村央】二〇〇三年から大統領報道官を務めたスコット・マクレラン氏がイラク戦争などをめぐってブッシュ大統領を非難する回想録を出版しました。この本は『何が起きていたのか ブッシュ・ホワイトハウスの内幕とワシントンのごまかしの文化』と題したもの。

 イラク戦争については、「不必要な戦争を始めたことは重大な誤りだった」とし、「今多くのアメリカ人が判断している通り、イラク侵攻の決定は重大な戦略的誤りだったことは歴史のなかでも明らかにされる」と述べています。

 マクレラン氏が報道官を務めた〇三年から〇六年はイラク戦争が泥沼化に向かった時期で、ルイジアナ州ニューオーリンズなどに大きな被害をもたらしたハリケーン・カトリーナの襲来、中央情報局(CIA)工作員名の漏えい事件なども起きました。
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:07
イスラエルで「建国根拠なし」本、ベストセラーに(Asahi.com)-『古代ユダヤ人の子孫は実はパレスチナ人だ』
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/583.html
投稿者 ああ、やっぱり 日時 2008 年 5 月 31 日 14:09:05: 5/1orr4gevN/c


イスラエルで「建国根拠なし」本、ベストセラーに
2008年05月31日11時12分
http://www.asahi.com/international/update/0531/TKY200805310046.html

 【エルサレム=村上伸一】建国から今月60年を迎えたイスラエルで、建国の原動力である「シオニズム運動」の根拠を否定する著書がベストセラーとなっている。題名は「ユダヤ人はいつ、どうやって発明されたか」。


シュロモ・サンド教授
 シオニズム運動は、古代に世界各地へ離散したユダヤ人の子孫が「祖先の地」に帰還するというもの。著者はユダヤ人でテルアビブ大学のシュロモ・サンド教授(61)=歴史学。3月にヘブライ語で出版され、アラビア語やロシア語、英語に訳される予定だ。
 著書では、今のユダヤ人の祖先は別の地域でユダヤ教に改宗した人々であり、古代ユダヤ人の子孫は実はパレスチナ人だ――との説が記されている。
 サンド教授は「ユダヤ人は民族や人種ではなく、宗教だけが共通点」と指摘。第2次世界大戦中に約600万のユダヤ人を虐殺したナチス・ドイツが、ユダヤ人は民族や人種との誤解を広めたとする。
 そのため、イスラエル政府が標榜(ひょうぼう)する「ユダヤ人国家」には根拠がないと批判。「パレスチナ人を含むすべての市民に平等な権利を与える民主国家を目指すべきだ」というのが著者の最大の主張だ。
 シオニズム運動は欧州で迫害されたユダヤ人たちが19世紀末に起こし、「ユダヤ人国家の再建」を目指した。運動の根拠になったのは、ユダヤ人が紀元後2世紀までにローマ帝国に征服され、追放されたという「通説」だった。
 これに対し、教授は「追放を記録した信頼できる文献はない。19世紀にユダヤ人の歴史家たちが作った神話だった」との見解だ。パレスチナ人から土地を奪うことを正当化するために、「2千年の離散の苦しみ」という理由が必要だったという。
 教授によると、古代ユダヤ人は大部分が追放されずに農民として残り、キリスト教やイスラム教に改宗して今のパレスチナ人へと連なる。イスラエルの初代首相ベングリオンらが建国前に著した本の中で、パレスチナ人たちをユダヤ人の子孫と指摘していた。ユダヤ人の入植で対立が深まる中で、パレスチナ人を子孫とは言わなくなったという。
 教授は「新説ではなく、建国指導者らが知りながら黙ってきたことをはっきりさせたにすぎない」と語る。  
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 17:00 | イスラエル
ネット規制、今国会成立へ~政府主導の規制には絶対反対の声を! (ヤメ蚊)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/536.html
投稿者 ヤマボウシ 日時 2008 年 5 月 31 日 00:51:01: WlgZY.vL1Urv.




情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/aca227644c1fcaa6aa6219f250a7f1d0

ネット規制、今国会成立へ~政府主導の規制には絶対反対の声を!

 読売新聞が、紙版で、自民党と民主党が、28日、いわゆる有害サイトへの子供の接続を制限することができるフィルタリングサービスの導入を携帯電話会社に義務づけることを柱とするネット規制法案を今国会で成立させる方針で合意したことを伝えている。合意内容は明確ではないが、仮に自民党案の政府主導のネット規制が導入された場合、いずれ、冒頭に掲げたような規制にまで拡大されるおそれがある。自民党案への妥協を許さないように、民主党議員に働きかける必要がある。ネットの自由を欲する全ての人がこの週末に両党に政府主導の規制に反対する趣旨の声を届けよう!

 同紙によると、携帯電話会社は今年1~2月にかけて子供用携帯電話へは原則としてフィルタリングサービスをつけることとしているが、今回の法案はそれを法律によって義務づけようというもの。

 有害性の判断基準については、第三者機関が作成すること自体は両党とも一致しているが、その機関について、自民党は「政府が審査・登録した機関」としているのに対し、民主党は「国が関与することは、憲法が保障する『表現の自由』を侵害する恐れがある」と批判しているが、この部分について、両者間でいかなる手打ちがあったのだろうか…。

 少なくとも、先進国ではスタンダードとなっている独立行政委員会によるネット行政は盛り込まれそうにない。その点でも課題を残すことになる(※1参照)。

 今回の妥協案でインターネット規制に悪しき前例を残さないためにも、自民党の案には絶対に反対だという姿勢をあらゆる手段を通じて、伝えましょう!

 

以下は、村野瀬さんのブログからお借りしました。

マスメディア・官庁・国会議員への電話・投書先のポータルページ
●News for the people in Japan
マス・メディア 問い合わせ用 リンク集
http://www.news-pj.net/link/media.html

●村野瀬玲奈の秘書課広報室に備え付けの資料
■各種国会議員名簿のポータルページ
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-86.html
■官庁への意見送付先について
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-51.html
■新聞(全国紙、地方紙)、雑誌 読者の意見を伝える窓口(まだ整理しきれていませんが)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-49.html
■テレビ報道番組のご意見窓口リスト(「わんばらんす」さんからの転載)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-50.html


※1:http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/049af5436d775f5522217ef3ff2ec94f
[PR]
by wayakucha | 2008-05-31 16:58