阿修羅掲示板の投稿の中でこれはと思ったものを転載します。


by wayakucha
民主有志、前原に退場勧告…全所属議員にメールで配信/菓子パン投げ捨て報道にも言及(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/158.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 12 日 20:34:53: KbIx4LOvH6Ccw


http://www.zakzak.co.jp/top/2008_06/t2008061231_all.html

民主有志、前原に退場勧告…全所属議員にメールで配信
菓子パン投げ捨て報道にも言及

(写真省略)
民主党議員から“退場勧告”を突き付けられた前原氏はどこに行く(クリックで拡大)

 民主党の有志議員3人が12日午前、「前原誠司民主党副代表の妄言を糾弾し、その『退場』を勧告する」と題した電子メールを全所属議員に送った。最近、前原氏は月刊誌などで小沢一郎代表や党の政策に批判を繰り返しているが、ついに所属議員らが「利敵行為が目に余る」と堪忍袋の緒を切らしたのだ。

 連名でメールを送ったのは同党ネクスト農水担当相の現・前・元職の筒井信隆、篠原孝、山田正彦の3氏。

 それによると、前原氏は元代表で現副代表でありながら、今月10日発売の「中央公論7月号」で、昨夏の参院での民主党マニフェストについて「仮にこのまま民主党が政権を取っても、まともな政権運営はできない」と批判。

 さらに、7日の京都市内での会合で、農業者戸別所得補償制度に対して自民党が行ったバラマキ批判に「私もそういう気持ちを強く持っている」と発言したことを問題視、「精神は理解しがたい」と厳しく糾弾している。

 メールでは「所得補償(直接支払)制度は前原代表(当時)自身が了承決定した」などと、前原氏の発言に対して詳細に反論しているが注目されるのは次のくだり。

 「報道によれば、前原副代表は、事務所に出勤すると毎日菓子パンと惣菜パンをそれぞれ1個ずつ食べるのが日課であるが、あるとき、新人女性秘書が間違って菓子パン2個を用意したところ、激怒して『菓子パンなんか2個も喰えるか!』と大声で怒鳴り、菓子パンをごみ箱に投げ捨てたそうである」と週刊誌記事を引き合いに出し、「生命の維持に欠くことのできない食料を粗末にするような人間に食料・農業について論ずる資格はなく、議員としての資質ばかりか、その人間性に重大な問題があると言わざるを得ない」とまで問題提起しているのだ。

 最後は「前原副代表の言動は、民主党の政策構築の経緯を踏まえず、自らの政策決定への関与を故意に失念し、自民党の主張に擦り寄るばかりか、食と農に対する理解の無さを天下にさらけ出したものである。これは、今まで、民主党農政の構築に知恵を絞り、汗を流してきた多くの同僚議員や民主党農政に対してご支持をいただいた国民各位に対する重大な背信行為である」と断罪。

 「前原副代表におかれては、ご自身の立場、政治家として信義の在り方に思いを致し、自らの出処進退を明らかにされんことを勧告するものである」として、離党や議員辞職までにおわせる内容となっている。

 民主党関係者は「前原氏の最近の言動は自民党にプラスになる利敵行為としか思えないものがある。こうした文書が出るのは時間の問題だったのでは」と語る。

 この「退場勧告」について前原氏の事務所は12日午後、「本人がいないので答えられない」とコメントした。
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 12:02 | 民主党
2回目の天引き、各地で座り込み(TBS)
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/176.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 6 月 13 日 14:23:02: twUjz/PjYItws


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3875423.html

 お年寄りからの批判が強い後期高齢者医療制度は、13日、年金から2回目の保険料天引きが行われました。こうした中、各地でこの制度に反対するお年寄りの座り込みが行われています。

 群馬県の高崎市役所前では、制度に反対する人たちが暑い中、座り込みの抗議をしています。

 また長崎市内の公園でも、お年寄りおよそ50人が座り込みを行って、制度の廃止を求めています。

 「医療制度全体が悪くなってくると、年寄りを殺すのかと。これはもう廃止する以外にない」(参加者)
 「高齢者を含めた全体的な保険制度を考え直してもらいたい」(参加者)

 1回目の保険料天引きでは、全国221の市町村で誤った金額を徴収するミスが起きましたが、2回目の徴収でも保険料の取りすぎが起きています。18道県の40市町村、2753人が対象で、自治体ではすでに状況を説明しているということです。

 「お金が天から降ってくるわけではありません。福祉のサービスを受けるということは、医療にしろ介護にしろ福祉の分野にしろ、誰かがどういうかたちかで負担をしなくてはいけない。従って、それはみんなで負担しますよという原則は崩れたらダメだと思います」(舛添要一 厚労相)

 舛添大臣はこのように述べ、高齢者にも応分の負担を求めるというこの制度の趣旨を粘り強く説明し、制度が定着するよう努力したいとの考えを示しました。(13日11:16)
 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:47 | 後期高齢者医療制度
EU理事会が「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」で合意  ←報道管制?
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/190.html
投稿者 ヤマボウシ 日時 2008 年 6 月 14 日 01:30:20: WlgZY.vL1Urv.


低気温のエクスタシーbyはなゆー
http://alcyone.seesaa.net/article/100376745.html

EU理事会が「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」で合意

2008年06月13日
EU理事会が「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」で合意
「赤旗」以外のメディアがこのニュースを報じない理由は不明。

☆派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意 (しんぶん赤旗)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-06-13/2008061301_03_0.html

http://www.asyura2.com/07/social5/msg/566.html

ルクセンブルクで行われていた欧州連合(EU)雇用社会問題相理事会は十日、派遣労働者に正規労働者と同等の権利を認めることを盛り込んだ派遣労働者指令案に合意しました。

合意された指令案は、派遣労働者が原則として契約開始の一日目から、賃金、休暇、出産休暇について、正規労働者と同一の待遇を受け、食堂、託児所、輸送サービスでも同一の利用権を持つことを規定しています。

ただ例外として、各国の労使間の合意があれば、これらの権利の取得に必要な派遣労働者の雇用期間を個別に設定することができます。


《EUによる英文プレスリリース(ただし暫定版)》

※ PDFファイルである。

http://www.consilium.europa.eu/ueDocs/cms_Data/docs/pressData/en/lsa/101031.pdf

The Council has reached political agreement on a directive Council amending Directive 2003/88/EC concerning certain aspects of the organisation of working time.

The Council instructed the Permanent Representatives Committee to finalise the text with a view to the formal adoption of a Common Position as an "A" item at a forthcoming Council session.

Directive 2003/88/CE establishes minimum requirements concerning the organisation of working time, in particular in respect of daily and weekly rest periods, breaks, maximum weekly working time, annual leave and certain aspects of night work, shift work and patterns of work.

The key issues [still to be resolved] resolved by the Council relate to the so-called "opt-out clause",i.e. the possibility of not applying the maximum weekly working time (48 hours) if the worker agrees to work longer hours.

The compromise text provides for the possibility of the opt-out clause, accompanied by a number of conditions in order to guarantee the protection of health and safety of workers.

The success of the Slovenian Presidency builds on the work of six previous presidencies and is part of an overall package which includes the temporary workers file, also discussed today.

The directive is to be adopted under the co-decision procedure with the European Parliament.

The European Parliament delivered its first-reading opinion on 11 May 2005 (8725/05) and the Commission its amended proposal on 31 May 2005 (9554/05).


The Council has reached political agreement on a common position on the draft Directive on temporary agency work with a view to formal adoption of the directive following legal and linguistic verification of the text by the Council and the European Parliament.

The agreement was accompanied by a number of statements to be included in the Council minutes.

The core element of the compromise is a balance between ensuring the protection of temporary agency workers and, at the same time, allowing sufficient flexibility in labour markets which indeed have very different traditions of concluding agreements between the social partners.

The main element resolved by the Council concerned the principle of equal treatment, possible exceptions to that principle and the maximum length of assignments to which such exceptions can apply.

The Council's debate was based on a text resulting from the discussions in the preparatory bodies and which is part of an overall package including the working time file, also on the agenda of today's Council meeting.

The directive is to be adopted under the co-decision procedure with the European Parliament.

The European Parliament delivered its first-reading opinion on 21 November 2002 (14331/02).

 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:37
<基本的人権侵害の欠陥制度>「裁判員制度、廃止を」 弁護士ら都内で集会【東京新聞】
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/192.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 14 日 08:55:34: KbIx4LOvH6Ccw


 から転載。

2008-06-14 07:57:23
gataro-cloneの投稿

「裁判員制度、廃止を」 弁護士ら都内で集会【東京新聞】
テーマ:日本の司法


裁判員制度とはどんなものか?簡単に言うとこんなもの(“Day Japan”07年10月号) ⇒

①20歳以上の者が職業裁判官と一緒に裁判に関わる。
②重大刑事事件の裁判に限られる。
③否認・自白を区別しない。つまり、裁判員は、被告人が無罪を主張していても自白していても審理に加わる。
④量刑判断にも関わる。つまり、裁判員は、有罪無罪を判断するだけでなく言い渡す刑罰の内容も決める。
⑤多数決で結論を出す。
⑥裁判員への就任は原則として断れない。
⑦被告人は、裁判員の裁判を一切断れない。
⑧複数の事件は事件ごとに部分判決を出す。

制度に対して国民はどう考えているかというと ⇒

どのアンケート調査結果でも裁判員制度への国民の拒否反応はきわめて強い。最高裁自身が06年に実施した調査では参加に消極的が61%、同年12月の読売新聞調査では消極的が75%、翌07年2月の内閣府調査に至っては消極的が78%にも及んでいる。これほど国民に理解されない制度を導入するのはもうそれだけで間違っていると言えよう。

また裁判員に対する規則と罰則が途方もなく重い。 ⇒

裁判員に選任されるときに出す書類にウソがあると50万円以下の罰金。選任手続きの際の書類がどんな内容になるのか未だ不明だが、思想信条に関わるような個人情報として国家管理されるおそれが大である。
裁判員が職責上知り得た秘密を漏らすと6ヶ月以上の懲役か50万円以下の罰金(裁判員の任務終了後も)。
裁判員になりたいと希望したわけでもなく、おそらく渋々引き受けた結果、一生秘密を守り通さなければならなくなるという異様な制度である。

そのほか裁判員は、裁判に関わっていることさえまわりに知られてはいけないという決まりまであるのだから、国家による基本的人権の侵害としかいえない制度でもある。

そんな制度は導入するな!の声が日増しに強まっているのも無理からぬことである。

==============================================

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008061301000747.html

【社会】
「裁判員制度、廃止を」 弁護士ら都内で集会(東京新聞)
2008年6月13日 20時51分

(写真省略)
 落語も上演された、裁判員制度に反対する弁護士や文化人らでつくるグループが開いた集会=13日夕、東京・日比谷公会堂


 来年5月に始まる裁判員制度について、反対派の弁護士や文化人らでつくるグループが13日、東京都千代田区の日比谷公会堂で集会を開き「今からでも遅くはない」と制度廃止を訴えた。

 グループは作家の嵐山光三郎さんや映画監督の崔洋一さんら11人が呼び掛け人。「裁判員制度はいらない!大運動」と題するキャンペーンを昨年4月から始め、集会や署名活動をしてきた。

 集会では、東北大の小田中聡樹名誉教授が「国民の司法参加と聞くとオープンなイメージがあるが、実態は逆。公判前整理手続きで問題が整理され、公判は形式化する。被告側の防御権の切り捨てだ」と指摘した。

 制度をめぐっては、新潟県弁護士会と栃木県弁護士会が延期や見直しを決議するなど、批判や消極意見も根強い。

(共同)

==============================================

【関連サイト】

裁判員制度はいらない!大運動
http://no-saiban-in.org/

憲法と人権の日弁連をめざす会
http://mezasukai.org/
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:35 | 裁判員制度
日本の命運を分ける決戦のとき(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/194.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 6 月 14 日 10:12:44: twUjz/PjYItws


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_a701.html

2008年6月14日 (土)
日本の命運を分ける決戦のとき


 6月11日、参議院は憲政史上初めて内閣総理大臣に対する問責決議案を可決した。参議院は日本国憲法第41条が「国権の最高機関」と規定している国会の一翼を担う存在であり、直近の国民の意思は参議院の議員構成に反映されている。この参議院が福田首相に対して「首相として失格である」との意思を決議によって示したのである。

 
 1998年10月、額賀福志郎防衛庁長官(当時)に対する問責決議案が現職閣僚に対する問責決議としては戦後初めて参議院で可決された。額賀長官は当初、問責決議に法的拘束力がないことを理由に辞任を拒んだが、野党による審議拒否が長引き約1ヵ月後に辞任した。


 福田首相は参議院での問責決議可決を厳粛に受け止めて、内閣総辞職か衆議院の解散総選挙の決断を下すべきだ。それが憲政の常道である。

 
 しかし、与党は6月12日、衆議院に内閣信任決議案を提出し、与党多数により信任案を可決した。参議院で首相に対する問責決議を可決した野党の大半は国会での審議を一切拒否しているため、今通常国会は6月21日までの会期を残して、事実上終結した。政権をめぐる与野党の闘いが激しさを増している。

 
 日本の政治は2009年9月までに実施される次期衆議院総選挙に向けて、歴史的重大局面を迎えることになる。真の日本の改革を実現するためには、政権交代を必ず成し遂げなければならない。これが日本変革の最後のチャンスになるかも知れないと思う。

 自民、公明の与党は間違いなく政権維持に向けて総力を注いでくる。その裏側には米国の強い意志も働いている。日本の政治権力は恐るべきパワーを有している。学校教育では「三権分立」の建前を教えるが、現実には権力が独占されている。そして、世論が政治を動かすポピュリズムの時代には、メディアが「第1の権力」の地位を占め、政治権力はメディア・コントロールを際限なく強化する。

 政権奪取は「維新」と表現すべき事業であり、多大の困難を克服して初めて成し遂げられるものである。

 
 福田政権は2005年9月の郵政民営化選挙の結果として獲得した衆議院の与党多数を活用して、参議院での重大な意思決定を安易に否定、無視することを繰り返しているが、「権力の濫用」としか言いようがない。しかし、政権交代を死に物狂いで回避しようとする与党は、憲政の常道を踏み外すことにいささかの躊躇もなく、権力維持に猛進している。

 権力の暴走に対して警鐘を鳴らす役割を本来は担うマスメディアが、権力に支配され、また、自ら進んで権力の走狗となり、人々に伝達する情報を歪めている。

 自衛隊のイージス艦「あたご」の大不祥事海難事故は、三浦和義氏の突然の逮捕報道に遮られた。後期高齢者医療制度に対する国民の沸騰する怒りを伝える報道は、四川大地震報道にすり替えられた。防衛省汚職に関連する山田洋行の宮崎元伸元専務に対する証人喚問から得られた重大証言をマスメディアはほとんど報道しなかった。


 後期高齢者医療制度、ガソリン税暫定税率、年金記録の重大問題を争点に与野党激突の総力戦が展開された、衆議院山口2区補選、沖縄県議選での与党惨敗の、マスメディア報道での取り扱いは極小だった。憲政史上初めての首相に対する問責決議可決の報道も最小限度にとどめられた。

 6月13日には、後期高齢者医療制度における年金からの第2回保険料天引きが実行された。全国各地で多くの高齢者が、高気温と高齢をおしての座り込みやデモ行進などの怒りの抗議行動を実行した。しかし、マスメディアはこの事実をほとんど報道しなかった。政府は6月4日に、後期高齢者医療制度により「7割の高齢者の負担が減少」との試算結果を公表したが、数字の根拠が非常に不明確で、ミスリーディングだ。


 長野県の県民医連が実施したアンケート調査では、「安くなった」の回答は6.4%にとどまっている。6月9日付記事に記述したように、後期高齢者医療制度は「高齢者いじめ」の制度であり、直ちに廃止すべきである。しかし、マスメディアは制度の問題点を指摘する報道を急激に減らし始めている。

 
 6月13日に政府は北朝鮮との拉致問題での交渉で、前進があったことをアピールし、NHKをはじめとするマスメディアはこのニュースを大々的に報道した。後期高齢者医療制度問題はかき消された。

 しかも、この拉致問題協議の裏側は極めて問題含みである。米国は6カ国協議を進展させ、北朝鮮に対するテロ支援国家指定の解除を急いでいる。拉致問題で進展がないと、6カ国協議を動かせない。よど号事件の関係者の日本送還はテロ支援国家指定解除の必要条件である。拉致問題に具体的な進展がまったく確認されていないのにもかかわらず、福田政権は北朝鮮の万景峰号の入港禁止を解除するなど、経済制裁の一部解除の方針を示した。このことは大問題である。

 
 メディアが伝えるニュースを受動的に聴いていると、人々は知らぬ間に与えられた情報に染め抜かれてしまう。ここがメディア・コントロールの最大のねらいであるわけだが、真の改革を目指し、政権交代を実現させようとする人々は、この問題を十分に認識して戦術を構築してゆかねばならない。

 参議院で過半数を獲得しても、衆議院で過半数を獲得しなければ、新しい政権を樹立することはできない。迂遠な道程をたどらねば政権を奪取することはできないわけだが、この迂遠さを排除することは適切でないと考える。

 この問題については、稿を改めていずれ再論したいが、議院内閣制が大統領制と比較しても、優れて「権力を創出する」側面が強いことを踏まえると、衆参の二院が存在し、ねじれ現象などの紆余曲折を経たうえで政権交代が実現することは、必ずしもマイナスでないと考えられる。

 議院内閣制では、原則として議会多数勢力が政権を樹立する。議会と政権は表裏一体をなす。さらに司法権力も内閣総理大臣の人事権を通じて、究極的には政権の支配下に置かれるから、議院内閣制は、権力が集中し、抑制されにくいという特性を内包している。

 議会が一院制であると、例えば2005年9月の郵政民営化選挙のように、一種の集団ヒステリーに近い現象が発生して、著しく偏った選挙結果がもたらされるリスクが高くなる。衆議院の任期は4年あるが、国民が冷静さを取り戻して参議院選挙に臨めば、衆議院の暴走を止めることが可能になるのだ。「ねじれ現象」は一種の安全弁の役割を果たしている。

 
 米国の大統領制は、大統領の行政府の長としての権限が非常に強いことを前提に、議会が大統領の権力行使の抑止力として機能するように設計されている。議院内閣制が「権力を創出する」のに対して、大統領制は「権力を抑制する」機能を強く有しているのだ。

 日本の制度に関連して、衆議院の選挙制度について補足しておきたい。現在衆議院の議員定数は480人である。小選挙区が300あり、180の議席は比例代表である。選挙制度改革論議のなかに、比例区を廃止するとの主張があるが、賛成できない。現行制度では、300の選挙区に候補者が立ち、その全員が比例区で重複立候補すると、この選挙制度は120の1人区と180の2人区による選挙と解釈することができる。

 二大政党的な状況が存在しているとすれば、2人区が180存在するため、死票が極めて少なくなる利点がある。自らを第一党と自認する政党は、比例区を廃止して、すべてを小選挙区に転換しようと画策するはずである。


 完全小選挙区制度は選挙ごとの結果の振れが激しくなり、多くの死票を生む点で重大な問題がある。現在の選挙制度はこの意味で優れており、2人区が180あると考えれば、比例区復活当選の代議士を第2級代議士と差別する必要もなくなる。

 日本の政治は2009年秋までに必ず実施される次期総選挙という「決戦の時期」に近付いている。自民、公明の与党が憲政の常道などを踏みにじってでも、政権維持に総力をあげるのも順当と云えば順当である。


 民主党を中心とする野党が、参議院で問責決議を可決しても、福田首相がこれを無視するとわかっていれば、それを前提に戦術を構築するのも順当だ。「出す出すと言い続けた問責決議を出さないのはおかしい」という民主党に対する批判は、批判のための批判にすぎない。

 野党は次期総選挙での政権交代実現に向けて総力を結集しなければならない。民主党内部に存在する反乱分子を早急に摘出するか、治癒することも急務だ。日本の命運は次期総選挙にかかっている。次期総選挙に向けて掲げるべき政策については機会を改めて記述したい。

  

(追記)

 本ブログ記事を分かりやすいビジュアルな画像でご購読くださる方は、「_~山のあなたの空遠く幸い人の住むという~」をご覧ください。主宰者様いつもありがとうございます。

  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:32
この事件こそが競争社会が人間の精神に及ぼす破壊的作用を如実に表したものでしょう。
http://www.asyura2.com/08/idletalk32/msg/105.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 6 月 14 日 11:10:10: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 秋葉原通り魔事件に思う。フラット化した世界 投稿者 Ddog 日時 2008 年 6 月 12 日 00:02:42)


競争に負ければ地獄に落ちるという捉え方が心に棲み付いた結果だと思います。又、人一倍プライドが高いので自分が敗者になった(と思い込んでいる)現実を受け入れがたく社会に対して恨みを持ち勝ち組の人々に対する嫉妬心が憎悪に変わり、その憎悪を一番目立つ形で世に知らしめる為に秋葉原歩行者天国という場所を選んだという事です。ネットでの対話も人によっては破壊的な作用をもたらします。匿名の暴言の書き込みに対して激怒して犯罪に至るケースは今後も起こってくるでしょう。ネットは1つの憂さ晴らしのツールになっているので匿名の暴言を止める事はできません。それに対してまともに反応してしまうという幼稚さを乗り越える事ができなければ危険でしょう。この阿修羅でもよく見掛ける事です。私も含めて。  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:15 | 秋葉原通り魔事件
[chance-forum] イラク・レジスタンスからのメッセージ、DVDを作製しました
http://www.asyura2.com/08/idletalk31/msg/693.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2008 年 6 月 09 日 13:51:37: ldiFanJt9l51o


.
長い苦しみの中のイラク!
陰謀の米侵略戦争は野蛮人の挑戦である。
イラクは、国際社会の中の被害国である。
人類は、二度と大国の暴力を許してはならない。
ぜひ!前線記録を残しておいて下さい。転送(秋吉)

*~・*・*****~・*・*****~・*・*****~・*・*****~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----- Original Message -----
From: "山本史郎"
To:
Sent: Sunday, June 08, 2008 10:46 AM
Subject: [chance-forum:24116]
イラク・レジスタンスからのメッセージ、DVDを作製しました


久しぶりの投稿。 山本史郎です。

イラク・レジスタンスからのメッセージ(日本語版)をDVDにして
6月1日から発売しました。送料込み1500円。

詳細は下記URLでも案内しています。メールでの注文を歓迎します。

--------------------------------------------------------------------
☆★DVD: レジスタンスからのメッセージ発売中
  取扱い:イラク情勢ニュース URUK NEWS
  http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2008_resistance_dvd.html
--------------------------------------------------------------------

収録ビデオ;
1、世界の人々へ 2004年12月10日
  A Message from the Iraqi Resistance to the People of the World
2、アメリカの人々へ 2005年3月17日
  Message of the Iraqi Resistance to the American People
3、隠された真実 2007年9月8日
  The Hidden Facts-A Message From The Iraqi Resistance
 (それぞれメニュー画面で日本語を選択できます。音声は英語)

注文;  頒価1500円 (送料込み)  
 注文はメールまたは振替用紙でお願いします。
   メール宛先は uruknewsjapan@ybb.ne.jp
  ( [URUK NEWS]に返信すると、ML全員に配信されます。ご注意を!)

 ※メール件名は「レジスタンスDVD注文」とし、
   住所、氏名、注文枚数を書いて下さい。

 ※振替用紙での場合は、メッセージ欄に「レジスタンスDVD」と明記のこと。
  注文枚数も忘れずに書いてください。

支払;
 ※ メールで注文の場合は、発送時に郵便振替用紙を同封します。
   郵便振替での支払をお願いします。(振替手数料ナシ)
 ※ 郵便振替で支払と同時に注文する場合は、
   メッセージ欄に「レジスタンスDVD」と明記してください。
 ※ 領収証が必要な方は注文時にお知らせください。

発送;
 届け先にもよりますが、受注から5日~1週間程度を予想しています。
 注文を受けた順に発送します。発送にはクロネコメールを利用する予定。
 お急ぎの方は送料100円増し(計1600円)で速達メール便が可能です。
 
 ※ 郵便振替用紙(口座番号など記入済み。手数料ナシ)のみ希望の方は、
   住所・氏名をお知らせいただければ、こちらから送付します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 11:12 | イラク
秋葉原通り魔事件に思う。フラット化した世界
http://www.asyura2.com/08/idletalk32/msg/101.html
投稿者 Ddog 日時 2008 年 6 月 12 日 00:02:42: gb2b4T9TetGkU


秋葉原通り魔事件に思う。

今回のこの事件の被害者の方のご冥福を心からお祈りいたします。

決して犯人を弁護するつもりも無く、当然死刑に処するべき事件であるが、今回の事件の背景にあるものは、単純に今日の日本社会の歪、小泉構造改革の弊害であると結論を下していいだろうか。

私は、小泉元首相の就任の記者会見の「なんてったって小泉♪」を聞いて以降一貫して小泉政権と、その構造改革を否定してきた。阿修羅の過去ログを調べていただければ一貫している。しかし、未だに世間では小泉は人気がある上再登板を望む声さえある。けしてマスコミの捏造や偏向報道ではない。日本の民主主義が菲薄である証明のようなものだ。
悲しいかな、小泉を支持した無党派層は無責任な無関心層であり、小泉自身、国益と国民の幸福に無関心な男であった。

株式と経済展望のTORA殿 http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu169.htmのように、小泉一人に今日の格差社会の責任を負わせるつもりはない。小泉は稀代の政治家であったのは事実だろう。格差の拡大と福祉の切り捨て、55年体制の破壊はしたが、彼には思想も無く、破壊後のビジョンも無かった。日本国民の幸福と、国益に興味が無く、総理大臣である自分に酔いしれ、政局が趣味であったのが不幸であっただけだ。日本国民の多くはポピュリスト小泉を未だに支持している。小泉一人の責任ではなく、我々国民の自業自得なだけだ。秋葉原の小林容疑者は我々日本人が深い「闇の影」で育ててしまったのである。

格差社会は小泉改革と、米国が毎年突きつける「年次改革要望書」と、政策当局の失政により生み出されたものではない。根本的な原因は、世界がフラット化(グローバル化)したことである。格差社会の原因の根源を、我々は自覚せねばならないだろう。1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊し、1995年8月24日ウインドウズ95が発売され、世界は急速にフラット化し一つになり始めた。世界中の人間が平等になり、平等な競走を強いられ始めた究極の自由(競争)社会の到来である。

自分も含めた日本の今の世代は、唯日本に生まれただけで、いったいどれだけの努力をしたというのだろう?近代から幕末、明治大正昭和、先達達の尊い犠牲と、奮闘努力の遺産を少しずつ食い潰している3代目4代目なのかもしれない。インド人や中国人、発展途上国の一部富裕層を除いた庶民に対し日本に生まれただけでどれだけ幸せであったか?

安全な水を飲み、風呂に入り、最近値上がりしたとはいえ、物価の上昇は途上国から比べ微々たるもので、飢餓にはほとんどの日本人は無縁である。

多くの日本人は、日本人に生まれた幸せを日々感謝することはあるのだろうか?また、今日の繁栄を築く礎となった先達達にどれほど関心をもっているだろうか?常日頃の心得として、私は、神社仏閣へはよく参拝をします。その際、自分の願いではなく、まず感謝を祈るよう心がけています。また、最近は、運よく九段下で地下鉄を乗り換えるようになった為、月に一度は靖国へ感謝をしに、参拝させていただいています。

日本と同じような国の繁栄を中国インド、その他発展途上国が望み、努力したならば、発展途上国が繁栄することを邪魔することはできない。フラット化した共通の競争グランドに立ったのならば、もはや国境とか、民族の垣根は低くなり、意味すら持たなくなる。

先進国の大多数の人間の生活レベルが下がり、中国インド発展途上国に中産階級が発生し、日本を含めた先進国の生活水準に近付くことは、社会学ではなく熱力学の第2法則=エントロピーの法則で説明ができる。

日本が、自由主義、自由貿易主義、平等、博愛主義の旗を掲げるならば、今日の海外諸国民との格差の縮小、国内社会での格差の拡大は熱力学の第2法則で説明が付く、必然の結果と考えて然るべきである。現実は厳しい。私にとっても等しく厳しい。

日本でもフラット化した世界構造に気が付いている層は、世間から非難をされようが、自分の子供たちへの教育投資に狂奔している。フラット化した世界で生き抜く対策は教育意外に無い。加藤容疑者の母親も教育熱心であったと報道されているが、子供に期待する願望だけ強かったのだろう。塾へ子供を任せきりの程度で、自ら子供に張り付いて教えることはせず、子供にプレッシャーを与えるだけの親だったのだろう。子供の教育が、唯一階層輪廻を打ち破る手段であることは間違ってないと思う。

すでに就業している人間は、転職したとしてもステップアップできる人間は極限られている。悲しいことに、大半の日本人の身分は下がることはあっても、上へ登る事は極めて困難である。身分が固定化している、封建主義社会と大差はない?いや、明治初期の特権を剥奪され、路頭に迷った武士階級のごとく、多くが下流へ流されるリスクを抱えている分だけ現代は封建社会以下かもしれない。

日本は幸いなことに、グローバル化する大きな障害として、地理的環境と、言語的環境がある。日本語の修得には膨大な時間と労力がかかり、中国東北部の一部では稼働し始めているが、英語圏におけるインドのような国は無い。
また、フラット化してグローバルに均一化した世界では、日本製 made in japan はブランドとしての価値を与えている。クールジャパンが21世紀最初の文化的トレンドとなりつつある今、日本はグローバルな海の中、エデンとして存在することが可能な数少ない国でこれほど幸せなことは無い。

今回の秋葉原での下等容疑者の凶行は、けして特異な事件ではなく、日本人が曝されている、フラット化した世界の自由競争によって齎された現実であることを自覚せねばならないと思う。

【Ddogのプログレッシブな日々 】
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/10552442.html
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-14 10:48 | 秋葉原通り魔事件
http://shizu.0000.jp/read.php/geinou/1181355827/13




☆.。.:*・゚☆.。.川田亜子☆.。.:*・゚☆.。.:

13 名前: 名無しさん 投稿日:2008/05/26 13:54

長谷川京子を愛人にしていた所属事務所関係の大物
谷口元一にそそのかされフリーになり
中出しされ妊娠し
母の日に子供を堕ろし
自分は悪魔になったと鬱病になり

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/ [ソースチェック]
「私は悪魔になった」とブログに書いた「川田亜子」アナ

http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun070621.htm [ソースチェック]
ワイド 「訳あり」の顛末
川田亜子アナがおノロケ
「婚約者は事務所社長」

http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livetbs/1211770123/12 [ソースチェック]
12 名前:渡る世間は名無しばかり[] 投稿日:2008/05/26(月) 12:06:47.52 ID:ydLUpYkR
パールダッシュ代表取締役&ケイダッシュ取締役谷口元一の子供を堕胎。
谷口はともさかりえ、榎本加奈子、畑野浩子、井川遥、長谷川京子など自分の情婦にしてから売り出す
畑野と結婚した柏原崇は谷口の逆鱗にふれ芸能界から干されてしまった。そして畑野と柏原は離婚。

業界のコワモテで通るケイダッシュの名物マネージャー谷口元一は、「現住所バーニング、本籍地ケイダッシュ」と言われ、
テレビのキャスティング権を一手に握る。小泉今日子の親衛隊長の過去TBSのAD時代にバーニングより金銭を授受され
ていたが、不祥事を起こし退社、その後ビッグアップル山中則男の運転手を経て、川村龍夫が設立したケイダッシュに転籍。
周防と川村の威光を借り、長谷川京子や井川遥、榎本加奈子が所属する事務所を系列化している。
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 20:40
後藤忠政:Wikipediaから1時間で削除された部分
http://www.asyura2.com/08/nihon28/msg/249.html
投稿者 ×× 日時 2008 年 5 月 26 日 00:17:12: QVkkDEqqKcOUw


下記の部分、5月12日21:39版では存在したのに5月12日22:29版ではカットされていましたので保存。
http://209.85.175.104/search?q=cache:Rk0H4ZUrzGkJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E5%BF%A0%E6%94%BF+%E5%BE%8C%E8%97%A4%E5%BF%A0%E6%94%BF%E3%80%80FBI&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp

2001年肝臓が悪化し、同年4月、米国連邦捜査局(FBI)と取引。肝臓移植を受けさせてもらうかわりに山口組内部情報を米当局に教えると約束。弘道会の幹部らリストや山口組の米国でのご用の金融機関などを教えて2001年5月18日、渡米。 後藤が提供した情報を元に米当局が2003年11月ごろ、梶山進(闇金の帝王)の資金2億ドルを発見し、警察庁に連絡したため、全額が没収される。米当局がスイス当局とも情報交換し、 さらに50億ドルが没収される。山口組損失が54億円。 後藤の損失がゼロ。

元記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/05/09/AR2008050902544.html
This Mob Is Big in Japan
By Jake Adelstein
Sunday, May 11, 2008; Page B02

I have spent most of the past 15 years in the dark side of the rising sun. Until three years ago, I was a crime reporter for the Yomiuri Shimbun, Japan's largest newspaper, and covered a roster of characters that included serial killers who doubled as pet breeders, child pornographers who abducted junior high-school girls, and the John Gotti of Japan.

I came to Japan in 1988 at age 19, spent most of college living in a Zen Buddhist temple, and then became the first U.S. citizen hired as a regular staff writer for a Japanese newspaper in Japanese. If you know anything about Japan, you'll realize how bizarre this is -- a gaijin, or foreigner, covering Japanese cops. When I started the beat in the early 1990s, I knew nothing about the yakuza, a.k.a. the Japanese mafia. But following their prostitution rings and extortion rackets became my life.

Most Americans think of Japan as a law-abiding and peaceful place, as well as our staunch ally, but reporting on the underworld gave me a different perspective. Mobs are legal entities here. Their fan magazines and comic books are sold in convenience stores, and bosses socialize with prime ministers and politicians. And as far as the United States is concerned, Japan may be refueling U.S. warships at sea, but it's not helping us fight our own battles against organized crime -- a realization that led to my biggest scoop.

I loved my job. The cops fighting organized crime are hard-drinking iconoclasts -- many look like their mobster foes, with their black suits and slicked-back hair. They're outsiders in Japanese society, and perhaps because I was an outsider too, we got along well. The yakuza's tribal features are also compelling, like those of an alien life form: the full-body tattoos, missing digits and pseudo-family structure. I became so fascinated that, like someone staring at a wild animal, I got too close and now am worried for my life. But more on that later.

The Japanese National Police Agency (NPA) estimates that the yakuza have almost 80,000 members. The most powerful faction, the Yamaguchi-gumi, is known as "the Wal-Mart of the yakuza" and reportedly has close to 40,000 members. In Tokyo alone, the police have identified more than 800 yakuza front companies: investment and auditing firms, construction companies and pastry shops. The mobsters even set up their own bank in California, according to underworld sources.

Over the last seven years, the yakuza have moved into finance. Japan's Securities and Exchange Surveillance Commission has an index of more than 50 listed companies with ties to organized crime. The market is so infested that Osaka Securities Exchange officials decided in March that they would review all listed companies and expel those found to have links with the yakuza. If you think this has nothing to do with the United States, think again. Americans have billions of dollars in the Japanese stock market. So U.S. investors could be funding the Japanese mob.

I once asked a detective from Osaka why, if Japanese law enforcement knows so much about the yakuza, the police don't just take them down. "We don't have a RICO Act," he explained. "We don't have plea-bargaining, a witness-protection program or witness-relocation program. So what we end up doing most of the time is just clipping the branches. . . . If the government would give us the tools, we'd shut them down, but we don't have 'em."

In the good old days, the yakuza made most of their money from sleaze: prostitution, drugs, protection money and child pornography. Kiddie porn is still part of their base income -- and another area where Japan isn't acting like America's friend.

In 1999, my editors assigned me to cover the Tokyo neighborhood that includes Kabukicho, Japan's largest red-light district. Japan had recently outlawed child pornography -- reluctantly, after international pressure left officials no choice. But the ban, which is still in effect, had a major flaw: It criminalized producing and selling child pornography, not owning it. So the big-money industry goes on, unabated. Last month's issue of a widely available porn magazine proclaimed, "Our Cover Girl Is Our Youngest Yet: 14!" Kabukicho remains loaded with the stuff, and teenage sex workers are readily available. I've even seen specialty stores that sell the underwear worn by teenage strippers.

The ban is so weak that investigating yakuza who peddle child pornography is practically impossible. "The United States has referred hundreds of . . . cases to Japanese law enforcement authorities," a U.S. embassy spokesman recently told me. "Without exception, U.S. officials have been told that the Japanese police cannot open an investigation because possession is legal." In 2007, the Internet Hotline Center in Japan identified more than 500 local sites displaying child pornography.

There's talk in Japan of criminalizing simple possession, but some political parties (and publishers, who are raking in millions) oppose the idea. U.S. law enforcement officers want to stop the flow of yakuza-produced child porn into the United States and would support such a law. But they can't even keep the yakuza themselves out of the country. Why? Because the national police refuse to share intelligence. Last year, a former FBI agent told me that, in a decade of conferences, the NPA had turned over the names and birthdates of about 50 yakuza members. "Fifty out of 80,000," he said.

This lack of cooperation was partly responsible for an astonishing deal made with the yakuza, and for the story that changed my life. On May 18, 2001, the FBI arranged for Tadamasa Goto -- a notorious Japanese gang boss, the one that some federal agents call the "John Gotti of Japan" -- to be flown to the United States for a liver transplant.

Goto is alive today because of that operation -- a source of resentment among Japanese law enforcement officials because the FBI organized it without consulting them. From the U.S. point of view, it was a necessary evil. The FBI had long suspected the yakuza of laundering money in the United States, and Japanese and U.S. law enforcement officials confirm that Goto offered to tip them off to Yamaguchi-gumi front companies and mobsters in exchange for the transplant. James Moynihan, then the FBI representative in Tokyo who brokered the deal, still defends the operation. "You can't monitor the activities of the yakuza in the United States if you don't know who they are," he said in 2007. "Goto only gave us a fraction of what he promised, but it was better than nothing."

The suspicions about the Yamaguchi-gumi were confirmed in the fall of 2003, when special agents from Immigration and Customs Enforcement (ICE), whom I've interviewed, tracked down several million dollars deposited in U.S. casino accounts and banks by Susumu Kajiyama, a boss known as "the Emperor of Loan Sharks." The agents said they had not received a lead from the Tokyo police; they got some of the information while looking back at the Goto case.

Unlike their Japanese counterparts, U.S. law enforcement officers are sharing tips with Japan. Officials from both countries confirm that, in November 2003, the Tokyo police used information from ICE and the Nevada Gaming Control Board to seize $2 million dollars in cash from a safe-deposit box in Japan, which was leased to Kajiyama by a firm affiliated with a major Las Vegas casino. According to ICE Special Agent Mike Cox, the Kajiyama saga was probably not an isolated incident. "If we had some more information from the Japan side," he told me last year, "I'm sure we'd find other cases like it."

I'm not entirely objective on the issue of the yakuza in my adopted homeland. Three years ago, Goto got word that I was reporting an article about his liver transplant. A few days later, his underlings obliquely threatened me. Then came a formal meeting. The offer was straightforward. "Erase the story or be erased," one of them said. "Your family too."

I knew enough to take the threat seriously. So I took some advice from a senior Japanese detective, abandoned the scoop and resigned from the Yomiuri Shimbun two months later. But I never forgot the story. I planned to write about it in a book, figuring that, with Goto's poor health, he'd be dead by the time it came out. Otherwise, I planned to clip out the business of his operation at the last minute.

I didn't bargain on the contents leaking out before my book was released, which is what happened last November. Now the FBI and local law enforcement are watching over my family in the States, while the Tokyo police and the NPA look out for me in Japan. I would like to go home, but Goto has a reputation for taking out his target and anyone else in the vicinity.

In early March, in my presence, an FBI agent asked the NPA to provide a list of all the members of Goto's organization so that they could stop them from coming into the country and killing my family. The NPA was reluctant at first, citing "privacy concerns," but after much soul-searching handed over about 50 names. But the Tokyo police file lists more than 900 members. I know this because someone posted the file online in the summer of 2007; a Japanese detective was fired because of the leak.

Of course, I'm a little biased. I don't think it's selfish of me to value the safety of my family more than the personal privacy of crooks. And as a crime reporter, I'm baffled that the Japanese don't share intelligence on the yakuza with the United States.

Then again, perhaps I'm being unreasonable. Maybe some powerful Japanese are simply ashamed of how strong the yakuza have become. And if they're not ashamed, they should be.

jla.japan@gmail.com

Jake Adelstein is the author of the forthcoming "Tokyo Vice: An American Reporter on the Police Beat in Japan."
 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 20:08
これは凄い!反ロスチャイルド同盟の講演録
http://www.asyura2.com/08/nihon28/msg/262.html
投稿者 イエローモンキー 日時 2008 年 6 月 05 日 08:25:59: PnJbU06XPIAyA


2008年5月4日におこなわれた反ロスチャイルド同盟の主催者あべよしひろ氏の講演録がアップされています。
阿修羅ファンなら必読の物凄い内容です!

「おカネの歴史」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/history_money/index.html
「おカネの問題点」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/problem_money/index.html
「金融の歴史」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/history_finance/index.html

「ロスチャイルドの世界革命行動計画」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_01/index.html
「ロスチャイルド関連の世界史1700~1800」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_02/index.html
「ロスチャイルド関連の世界史1800~1900」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_03/index.html
「ロスチャイルド関連の世界史1900~現在」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_04/index.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_04/04_next.html

「現状説明」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/current/index.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/current/00.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/current/01.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/current/02.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/current/03.html

「未来への提案」
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/index.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/01.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/02.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/03.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/04.html
http://www.anti-rothschild.net/lecture/future/05.html  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 20:03
ブリテン島の惡魔「タヴイストツク人間關係研究所」は、滿洲帝國の亡靈「電通」に勝利した
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/295.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 6 月 06 日 22:32:48: Gsx84HOp6wiqQ


 
 
 
 自民・公明聯立政權を破壞し、民主黨に政權交代する革命工作に全力を
注いでゐるのであらう。
 自民黨はゆつくり日本を賣國、破壞し、民主黨はあつと云ふ間に日本を賣國、
破壞する。唯其れだけの違ひである。
 掲げてゐる看板が違うと云ふだけで、賣國政黨である事に何の違ひもない。
 民主主義など所詮ペテンであり、クソでしかない。こんなものを有り難がつて
ゐる奴を見聞きすると吐き氣がする。
 正義ヅラした賣國奴しか居ないのには好い加減うんざりする。
 愚にも附かないやうな下らない「居酒屋タクシー」ネタに嫉妬し、此の國を
破壞する妬み根性丸出しの樣な卑しい貧乏人共。
 自分達で何も考へやうとせずに、賣國奴共に白紙委任状を渡した自分達の罪深さ、
愚かさを棚に上げ、其の擧句に「後期高齢者醫療制度」と云ふ魔法を振りかざす
賣國奴小澤一郎に洗腦され更なる自滅、自殺行爲に加担するジジイ、ババア共。

 此の國に今尤も相應しい言葉は、

    「因果應報自業自得」

 であらう。
 己の罪深さを自覺出來ない奴は救い樣がない。自滅あるのみ。
 例え其れが洗腦され瞞されてゐやうとも。
 
 
 
 
 
 古館等と云う賣國奴の電波藝者の分際が言論彈壓されたと云ふ演出を
してゐるのが見え見えである。
 こいつ等は過去にニユース・ステーシヨン時代、細川政權樹立時に政權交替へと
國民を誘導したり、郵政民營化と云ふ賣國政策に加担した洗腦番組でしかない。
 糞共の爲に國民を騙し、奴等に國を賣り渡すのである。賣國番組以外の何者でも
ない。かう云ふ奴等の事を國賊、賣國奴と云はずして誰の事を云ふのであらうか。

テレ朝に無期限撮影禁止…自民、古舘發言に抗議(夕刊フジ)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/645.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 6 月 06 日 17:56:22: jgaFEZzEmIsYo
 
 
 
 共産黨眞理教のロボツトには、共産黨が世界支配層の日本支配の道具でしかない事を
理解する事は不可能である。
 共産黨眞理教のロボツトには、なにゆゑ今囘、共産黨が民主黨に對して協力的なのか、
説明する事は出來ないであらう。せいぜい後期高齢者醫療制度を問題としてゐる點で
協力出來るからだ、等とほざくのが關の山であらう。

共産黨のポスターを見て思つた事
http://www.asyura2.com/0610/idletalk21/msg/1256.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 1 月 15 日 00:14:45: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
滿洲帝國の亡靈「電通」對ブリテン島の惡魔「タヴイストツク人間關係研究所」
http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/265.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 7 月 27 日 22:26:33: Gsx84HOp6wiqQ

シルバー革命
http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/606.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 4 月 17 日 22:41:15: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
 
小澤一郎は壞し屋と異名を取つてゐるとの事であるが、
気違ひならば當然であらう。
 
 
革命家のアイドル、カリスマである、かのセルゲイ・ネチヤーエフは、「革命
家のカテキズム」で、以下のやうに言つてゐる。
 
 
  『晝と無く夜と無く、[革命家]は、一つの思想、一つの目的 ― 即ち、容赦
   無き破壞 ― だけを念頭に置いておかなければ成らない。・・・・革命家
   にとつては、革命の決定的勝利に役立つ物と云へば、其れは、[革命]道徳
   の遵守が全てで有り、革命成功を邪魔する物と云へば、[革命]道徳違背及
   び、[革命秩序に對する]犯罪が全てで有る。』

  『人民の利益に成る唯一の革命形態は、國家全體を根刮ぎ破壞して、國家の
   傳統、制度、階級の一切を根絶する底の革命で有る。・・・・』

   人民に利益を齎す革命と云へば、其れは唯一つ、國家を丸ごと根刮ぎに
   して、露西亞の傳統・制度・階級全體を根絶やしにして仕舞ふ底の革命だけ
   で有る。
 
 
 畢竟、此の思想はイルミナティの思想、サバタイ派=フランキストの思想其の
ものである。
 
 
<小澤民主代表>岡山で老人介護保健施設を訪問(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/632.html
投稿者 尾張マン 日時 2008 年 6 月 05 日 20:42:21: YdVVrdzAJeHXM

小澤一郎氏に聞く 總選擧と日本の變化 ――フイナンシヤル・タイムズ
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/613.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 04 日 14:00:13: KbIx4LOvH6Ccw

今も昔も政治家の中で最強最惡の賣國奴、其れが小澤一郎の正體
http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/1231.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 1 月 21 日 20:02:01: Gsx84HOp6wiqQ

安倍の次を考へる 賣國奴の小泉か、はたまた賣國奴の小澤か
http://www.asyura2.com/07/idletalk24/msg/111.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 6 月 06 日 21:35:00: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
 
 
 
ジヤパン・ハンドラーズと國際金融情報
2006年 03月 26日
廣告代理店と云ふのは、「國民洗腦産業」である。
http://amesei.exblog.jp/2879210
 
 
 郵政選舉を賣り込んだのも、小さなところでは竹中平藏の利權が絡んだ、スリード社と云ふ小さな廣告代理店であり、大きなところでは自民黨をクライアントとしてゐる、電通、BBDOである。
 郵政民營化が參議院で一旦否決されて、總選舉と成る8月5日の3日前の8月2日に、亞米利加の廣告代理店業界のドンである、アレン・ローゼンシヤイン Allen Rosenshine なる人物が、突如首相官邸を訪れ、小泉首相と極祕會談を持つたと云ふ事實を、いち早く指摘したのは實は私であつた。此のブログに書いた内容を、何人かの人が「阿修羅」などの掲示板サイトに紹介して呉れて、一氣にブロガーの間で此の情報が廣まつた。私の尊敬する森田實氏も何度かご自分の情報網による情報とあはせて警告を發してをられた。
 此のBBDOと云ふ廣告會社は、現在、日本では電通・博報堂とならぶ、アサツー系の廣告代理店を吸收する形で日本に進出してをり、正式にはI&S/BBDOと云ふ社名である。此の會社のクライアントには、自民黨もしつかりと入つてゐる。森田實氏の話では、電通も此のBBDOに乘つ取られつつあると云ふことだ。


<全ての廣告會社がグルに成つて自民黨大勝利のシナリオを描いた>

 そして、此處からが重要なのだが、此のBBDOの親會社である亞米利加のオムニコムOmnicom Group と云ふ廣告代理店は、昨年の衆院選で民主黨のアドバイザーと成つた、フライシユマン・ヒラードと云ふ亞米利加の廣告代理店も傘下に收めてゐるのである。詰り、此のフライシユマンとBBDOは同じ資本で動いてゐると云ふことだ。8月2日のローゼンシヤイン會長の訪問は、おそらくは亞米利加の在日商工會議所などとの連携した動きだらう。
 自民黨の廣報チームの世耕弘成などによれば、在日米商工會議所の系列の廣告會社である、プラツプ・ジヤパンと云ふ會社が、公式には自民黨の選舉戰略を立案した事に成つてゐる。ところが、今囘の選舉に關しては、此れらの廣告會社が、共同してチームを作つて動いてゐたと云ふのが事實であらう。
 詰り、電通、プラツプ・ジヤパン、I&S/BBDO、フライシユマン・ヒラードと云つた主立つたPR會社が、「亞米利加の金融資本のための郵政民營化」を實現するために、大がかりなチームを組んでゐて、其の總責任者が亞米利加の金融資本の命令を受けて動いてゐる、ローゼンシヤイン會長であつたと云ふことだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
オフライン&オンライン
世界の代表的な廣告會社 2007/01/16 17:23
http://nobuki-muto.iza.ne.jp/blog/entry/102470/
 
 
 
■世界の代表的なメガエージエンシー■
 
 
2006年時點。ただし、1位~3位は入れ替はりが激しい。
 
 
1位 
オムニコム グループ(米)

●100カ國展開
●5,000社以上の顧客
●廣告、戰略的メデイアプランニング・バイイング、ダイレクト・マーケテイングおよびプロモーシヨン・マーケテイング、PR、其の他の專門的コミユニケーシヨンサービスを提供
●3大グローバルエージエンシーネツトワーク
・BBDO Worldwide
・DDB Worldwide
・TBWA Worldwide
●日本では・・・
1955年に設立された廣告代理店で、其の後日産自動車のハウスエージエンシーに成つた「日放」を、世界最大の廣告グループであるオムニコム・グループが買收し、1998年にTBWAワールドワイドの一員として社名を「TBWA日放」に變更し、2000年に社名を「TBWA/JAPAN」に變更する。2006年に株式會社博報堂G1とともに共同新設分割方式により株式會社TBWA\HAKUHODOを立ち上げ、同時に社名をE-グラフイツクス コミユニケーシヨンズ株式會社に變更。
(『ウイキペデイア(Wikipedia)』より)
●東急エージエンシー(2003年8月、オムニコム・グループ傘下の廣告會社と業務提携)
 
 
3位
WPP グループ(英)
http://www.wpp.com/wpp/

●廣告、媒體贖入、廣報、ブランデイング、ダイレクト・マーケテイング等、コミユニケーシヨン
●120社以上の企業で構成
●世界103カ國展開(1,400のオフイス)
●6萬4,000名のスタツフ
●WPPグループのお客樣には「フオーチユン」誌の選んだ〈グローバル500社〉に名を連ねる企業が300社以上含まれてゐます。
●WPPグループのおもなメンバー企業
・電通ヤング・アンド・ルビカム株式會社
・J. Walter Thompson
・Ogilvy & Mather Japan
・CommonHealth and Sudler & Hennessey
 (ヘルスケア・コミユニケーシヨン)
●アサツーDK WPPグループと提携
 
 
 
 
 
UPDATE3: アサツーDK<9747.T>年2─4%の自社株買ひを繼續の意嚮、營業利益は目標未達も| マネーニユース| Reuters
2008年 06月 4日 17:53 JST
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPnTK011793120080604
 
 
 
*最終段落に4日の終値を入れました。
 
 
 [東京 4日 ロイター] 廣告代理店3位のアサツーデイ・ケイ(ADK)(9747.T: 株價, ニユース, レポート)の長沼孝一郎社長は4日、ロイターとのインタビユーで、株主還元の方策として發行濟み株式總數の2─4%をめどに自社株買ひを繼續する意嚮を示した。一方、景氣の先行きが不透明ななか、2008年1─6月期の聯結決算で營業利益の目標値(39億圓)達成には「非常に困難をともなふ」と語り、未達の可能性を示唆した。
 ADKは配當性嚮35%を目標としてゐるほか、自社株買ひも定期的に實施してゐる。今年も6月23日までに發行濟み株式總數の2.21%にあたる100萬株の自社株買ひの實施をすると公表してゐる。長沼社長は「年間2─4%くらゐの自社株買ひは出來る限りやつていきたい」と語り、自社株買ひの實施によるROE(自己資本利益率)の嚮上などで、繼續的に株主還元を行ふ姿勢を強調した。
 
 
 
 <海外投資家に自らIR>

 ADKは、筆頭株主が英國の廣告代理店大手のWPP(WPP.L: 株價, 企業情報, レポート)で、發行濟み株式の22.9%を保有してゐる。此れを含めると海外投資家の保有比率は61.9%と高い。一方、日本國内の廣告業界のシエアは、トツプの電通(4324.T: 株價, ニユース, レポート)、博報堂DYホールデイングス(2433.T: 株價, ニユース, レポート)に次いで3位と成つてゐる。
 日本の上場企業をめぐつては、海外の投資家から配當の増額や自社株買ひの擴大などの要請を受けるところが増えてゐる。長沼社長は、かうした海外投資家とのコミユニケーシヨンに就いて、インベスターリレーシヨンズ(IR)の際は自發的に投資家とアポを取り、倫敦、ニユーヨークなどを定期的に訪問してミーテイングを行ふ一方、投資家が日本を訪問する際は個別に會ふなど頻繁に對話を續けてゐると云ふ。
 上位株主のなかには、英國の投資會社で株主としての發言を積極的に行ふことで知られるシルチエスター・インターナシヨナルも入つてゐる。長沼社長はシルチエスターに就いて、ROEの嚮上要請など「デイマンデイングな株主だが、ROE改善のために分子(利益)を大きくする方法や持續可能な經營の重要性、日本の法人税の高さと云つた經營環境を説明すると納得して呉れる」と話し、長期投資家の一角として良好な關係を保つてゐる事を強調した。
 シルチエスターが上位株主に長く登場しつつ、良好な關係を保つてゐる事を好感し、ADKに投資する海外投資家もゐると云ふ。ADKの聯結ROEは2007年に3.9%にとどまつた。2010年のROE目標は6%としてゐる。
 長沼社長は、株主からのメツセージを「プレツシヤーととるか提案ととるかの違ひがある。理不盡なことにはノーと言ふ必要があるが、正しいと思へる事には、其れに嚮けて努力すると云ふ態度は絶對に重要」と話した。不可能なことを提案された場合などは「出來ないなら出來ない理由をはつきり傳へる、または、すぐ出來ないが其れに對して改善するので、われわれのプログレスを見て戴きたいと云ふ態度は重要だ」と語つた。
 
 
 
 <營業利益目標、未達の可能性> 

 足元の業績に就いて長沼社長は、廣告の出し手と成る企業が原材料高を背景とする營業費用の増加の問題を抱へ、其の一方で需要の伸びが伴はないため、最終利益が壓迫されて廣告宣傳費に囘す金額が減少する「スタグフレーシヨンにある」と指摘した。
 ADKが5月14日に發表した2008年1─3月期の聯結決算で、營業利益は前年同期比27.9%減の17億2400萬圓にとどまり、アナリストの一部では、08年1─6月期の業績目標の達成に懐疑的な見方も出てゐる。
 長沼社長は、第2・四半期(4─6月期)に就いて「第1・四半期より惡くなる事はないと思ふし、第3、第4・四半期にかけてよくなつて欲しいと思ふ」とし乍ら、1─6月期の營業利益目標(39億圓)に就いては「ギブアツプはしないが、昨今の經濟状況からすると非常に困難を伴ふ」と愼重に話した。
 持續可能な成長を續けるためには、オンラインとオフラインの連携を活かした事業の擴大、人材育成、廣告媒體としての店舖・店頭の活用などが必要と述べた。また、日本は成熟した市場のため、アジアや中東と云つた海外にも成長を求める計劃で、露西亞と韓國の現地のエージエンシーとは年内にも提携する方針。韓國では「資本提携まで踏み込んだ關係」(長沼社長)とし、露西亞では業務提携から進める事に意欲を示した。

 ADKの4日終値は前營業日比60圓高の3120圓。
 
 
記事中の企業の關聯情報は、各コードをダブルクリツクしてご覽ください。

 (ロイターニユース 江本 恵美記者、 勝村 麻利子記者)
 
 
 
主な廣告会社の海外・國内ネツトワーク圖
http://www.sendenkaigi.com/hanbai/annual/images/9784883351824_058-059.pdf
 
 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:51
ブームの主役「プレカリアート」の悲惨な現実(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/550.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2008 年 6 月 07 日 11:38:48: ButNssLaEkEzg


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000004-gen-ent

 時ならぬブーム。プロレタリア文学の代表作として知られる小林多喜二の「蟹工船」がバカ売れしている。約80年も前に書かれたこの作品がなぜ今、注目を集めているのか。ブームの主役は「プレカリアート」と呼ばれる若年労働者だ。

「年に5000冊売れればいいほうだったのが、今年に入って都内を中心に売り上げが急増。4月、5月だけで18万7000部を増刷しました」(新潮文庫担当者)

 ブームのきっかけは、今年1月に毎日新聞に掲載された作家の高橋源一郎氏と雨宮処凛氏の対談だ。若者の貧困問題に取り組む雨宮氏が「『蟹工船』は今のフリーターと状況が似ている」と指摘。高橋氏も「ゼミの教え子に読ませたら共感していた」と意見が一致した。

 この対談を読んだ東京・上野の書店員が手書きのポップ(店頭広告)を作ってフリーターにアピールしたら飛ぶように売れ、他の書店にも波及していったという。


●バイトを休んだら生きていけない

 それにしても、活字離れが顕著な若者が本当に読んでいるのか。池袋と新宿のネットカフェ周辺で、フリーターらしき若者に「蟹工船」を読んだか聞いてみた。30人近くに声をかけた結果、「読んだ」と答えたのは2人。

「話題になっているから読んでみた。共感したのは“末端の労働者の1人や2人が死んでも丸ビルの重役には関係がない”ってとこ。丸ビルって今でもあるからスゲーッて思った」(20代男性)

 うーん。それは作品に対する共感とはちょっと違うような……。

 マンガで読んだという30代男性はこう話す。

「僕らが安い賃金で働いた分だけ、グッドウィルの折口とか上の人たちが大もうけする構図は蟹工船の時代と変わらない。40代、50代になってもこんな生活が続くかと思うと絶望的になってくる。正社員になりたい気持ちはある。でもバイトを休んだら生きていけないから採用面接を受ける時間がない」

 日雇いバイトで1日働いて5000~8000円。月収は13万円に届くかどうか。3日も仕事にあぶれると、ネットカフェの宿泊代にも困ってしまう。

 彼らのような日雇い労働者は「プレカリアート」と呼ばれる。「precario(不安定な)」と「プロレタリアート」を合わせた造語だ。内閣府の調査では今やフリーターの数は400万人以上。派遣や請負を含めた非正規雇用者は労働者全体の約3分の1にのぼる。

 もっとも、正社員といえどウカウカしていられない。経団連はこの期に及んで「ホワイトカラーエグゼンプション」を復活させようと画策しているし、「蟹工船」を読んで身につまされるサラリーマンは少なくないはず。プレカリアートの惨状は決して他人事ではないのだ。


《「蟹工船」のあらすじ》
 カムチャツカ沖で蟹をとり、船上で缶詰に加工する蟹工船「博光丸」。そこでは出稼ぎ労働者たちが「糞壷」と呼ばれる劣悪な環境におかれ、安い賃金で酷使されていた。監督は労働者を人間扱いせず、非道のかぎりを尽くす。
 過酷な労働と栄養失調で亡くなる者も。労働者たちは団結し、監督に立ち向かっていく。


●他にもあるプレカリアート本

【山本茂実「あゝ野麦峠」】
“監獄よりもなおつらい”とうたわれた製糸工女の悲惨な生活をつづったルポルタージュ

【鎌田慧「自動車絶望工場」】
70年代に季節工として自動車工場で働いた体験ルポ

【雨宮処凛「プレカリアート」】
ネットカフェ難民や若年ホームレスが正社員になる道がなぜ閉ざされたかを分析  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:44
肺がん死亡増加の背後に潜む矢野栄二問題
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/551.html
投稿者 これは日本民族撲滅計画なのか? 日時 2008 年 6 月 07 日 16:06:10: BZIjWdYufsWjY


肺がん死亡増加の背後に潜む矢野栄二問題 これは日本民族撲滅計画なのか?

日本人の死因の1位は悪性腫瘍(がん)であり、悪性腫瘍のうち肺がんが最多を占める。肺がん増加の最大の原因は喫煙とアスベスト(石綿)であり、肺がんの早期発見には肺がん検診が不可欠である。ところが、帝京大学矢野栄二はたばこの発がん性が指摘されると、たばこ会社と癒着して喫煙の害を隠す陰謀を提案し、たばこ会社から多額の研究費をもらってたばこの害を隠す企画を行い、反たばこ団体を中傷し執拗にたばこ対策を妨害して来た。さらに、矢野栄二は日本産業衛生学会許容濃度委員会という立場を利用してアスベスト(石綿)の全面禁止に反対し、無意味な許容濃度を発表することにより問題を混乱させてきた。矢野栄二が発表したアスベスト(石綿)許容濃度は技術的に測定不可能で、実際に作業現場で測定されたことは無く、仮に遵守しても中皮腫発生を防げないという無意味な許容濃度だった。このため多くの労働者と工場周辺の住民が高濃度のアスベスト(石綿)に曝露されてしまった。
http://www.asyura.com/08/nihon28/msg/256.html
http://park3.wakwak.com/~banjan/main/taisaku/html/taisaku28yano.htm

■喫煙がアスベスト(石綿)障害を促進
東京女子医大付属病院内にいち早く禁煙外来を設立したことで知られる阿部真弓・東京農工大健康管理センター助教授は「あまり指摘されていませんが、今、問題になっているアスベスト(石綿)による健康障害は喫煙によって病気の発生が促進されることが前々から分かっています」と言う。
http://blog.nikkansports.com/life/health/archives/2005/08/post_34.html

つまり矢野栄二によるアスベスト対策と喫煙対策の両方の妨害が、日本の悪性中皮腫および肺がん患者の劇的な増加につながっているのだ。

■喫煙とアスベスト(石綿)による相乗効果
肺癌というと喫煙による影響が有名ですが、アスベスト(石綿)による影響も古くから知られています。特に疫学的に有名なのは、喫煙の「なし」「あり」、石綿の職業性曝露「あり」「なし」で、相乗的に影響がでる事です。

以下に有名な疫学データをお示ししましょう。
http://www.asbestos-center.jp/asbestos/pix/qanda14.gif

様々な疫学調査の結果から、悪性胸膜中皮腫数の2倍程度の方が、毎年アスベスト(石綿)による肺癌にかかっていると推測されています(ヘルシンキ・クライテリア)。2002年日本で悪性中皮腫が810名とされているので、石綿による肺癌の方も約1600名位と推計されます。石綿との関係が明白な悪性中皮腫と異なり、肺癌の場合で「喫煙」との関係を聞かれても、石綿との関係を尋ねられる事は少ないです。また後述の胸膜肥厚斑の読影や石綿小体の算定が行われていない事が多いので、本人も医療関係者も気づいていない例が多数あると推定されています。
http://www.asbestos-center.jp/asbestos/qanda.html

■矢野栄二は公害事件で何をしているのか?
アスベスト(石綿)による悪性中皮腫と肺がんの発生を防ぐには喫煙対策が求められるが、矢野栄二はたばこ会社と共謀して喫煙対策をも妨害していた。

医学者は公害事件で何をしてきたのか
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0221410.html

津田敏秀

すでに1950年代から喫煙とがんの因果関係はさまざまな研究により示されてきたが、その後さらに喫煙による健康被害により医療費全体が増大し、またニコチンによる麻薬に匹敵する依存症についても明らかになってきた。またタバコは正常な使い方をして人体に健康被害を及ぼす唯一の商品であるとも説明されだした。それにも関わらず、わが国では情報の公開が遅れてきた。そこで重要な役割を果たしてきたのが学者たちであり、この役割を担ってきた学者の数は膨大である。受動喫煙の問題が明らかになってきた頃、東京女子医科大学 香川順教授と帝京大学医学部 矢野栄二教授は、米国などのタバコ会社から多額の研究資金を受け取り、受動喫煙による害を否定するための研究を行った。これら医学者による一連のプロジェクトは、タバコ会社の内部文書により明らかになり、2002年12月、BMJ(イギリス医学雑誌)に研究の結果が発表された。

医学者は公害事件で何をしてきたのか
受動喫煙に関した研究とその批判
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/603.html より

■ 矢野栄二のたばこの害を隠す陰謀を暴露した論文
How the tobacco industry responded to an influential study of the health effects of secondhand smoke
http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/325/7377/1413
上記論文の日本語訳 
http://www.asyura2.com/08/health14/msg/115.html

1981年、平山雄は受動喫煙の害を発見した。平山雄の論文は影響力が強く、タバコ規制強化への圧力が強まり、タバコ会社は困っていた。そこで矢野栄二教授はタバコ会社に受動喫煙研究を提案し多額の研究費を要求した。彼らの最終目標は平山雄の研究に対抗する論文を書いてタバコ会社による言論統制に利用することであった。矢野栄二教授の多額の研究費要求についてタバコ会社は当初難色を示したが、協議の結果、矢野栄二教授の提案を受け入れた。タバコ文書から発見された矢野栄二氏の関与した論文原稿はいずれも受動喫煙の害を否定する内容であった。矢野栄二氏が関係した論文はPeter N Leeを著者として発表された。ゴーストライター問題は他の科学研究でも起こりえるが論文の信用が失われる。
http://blog.goo.ne.jp/chestxp/e/542c9b4a02b8c01c996a0092067cc44d

■アスベスト渦中に矢野栄二が胸部X線検診中止を要求
胸の病気の早期発見を名目に毎年1回、職場の健康診断で実施されている胸のエックス線検査について、検討会では矢野栄二 帝京大医学部教授(公衆衛生学)が、「職場健診での肺がんの発見率は低く見落としが多い」、「他の病気も検査以前に症状が出るなどで健診で探す意義は薄い」と指摘。廃止すべきと主張した。

http://blog.goo.ne.jp/chestxp
帝京大学 矢野栄二教授の提案内容(厚生労働省議事録)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/05/txt/s0517-1.txt

■増加し続ける悪性中皮腫と石綿肺がん
http://www.asbestos-center.jp/asbestos/qanda.html#anchor15
早稲田大学の村山教授等は、誕生年代と50歳代、60歳代等の死亡時年代を一定の群とする方法で、日本の男性の過去の悪性胸膜中皮腫の死亡率を産出しました。その結果から今後の悪性胸膜中皮腫の推計を行った結果が、次の図です。
http://www.asbestos-center.jp/asbestos/natori20040420/pix/c7.gif
今後日本男性の悪性胸膜中皮腫で、40年間で平均10万人の死亡が推定されたのです。石綿肺癌の男性はこの約2倍、悪性腹膜中皮腫と女性での発病を推計し合計すると、かなりの影響が予想されます。石綿(アスベスト)関連疾患は平均して40年前後の潜伏期間がありますから、石綿の消費年代(その際の石綿の、作業環境や一般環境への飛散)から約40年して発症の時期になるわけです。石綿(アスベスト)の輸入と消費は、1960‐1990年代まで、多くは建材として全国で使用され、また自動車や電気製品等様々な産業で使用されました。吹きつけ石綿(アスベスト)も広範な地域で使用されたのです。40年後に発症の時期が来るとすると、2000年から2030年代以降まで、様々な病気の発症が予想されるわけです。

■被害を拡大させる巧妙な計画
矢野栄二は喫煙対策を妨害し、石綿(アスベスト)対策を妨害し、急増する肺がんの早期発見に不可欠な胸部X線検診を中止させようとしています。矢野栄二による一連の所業は被害を拡大させるべく巧妙に計画されており帝京大学薬害エイズ事件をはるかに上回る被害を生むでしょう。

■自称呼吸器専門家の目的
日本では、たばこと石綿アスベストによる呼吸器疾患対策を混乱させている中心人物が自称呼吸器専門家の矢野栄二だという驚くべき事実があります。我が国で公害対策が遅々として進まないのは、核心が病院利権問題であり、十分な対策が講じられると呼吸器患者が減り病院収益を直撃するからではないでしょうか。
http://www.asyura.com/08/nihon28/msg/256.html
 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:42
アメリカ当局とヤクザの深い関係 (UCLAで組長が移植手術 東京新聞)
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/431.html
投稿者 愛国改善党 日時 2008 年 6 月 02 日 05:15:34: gpdmClaQFBffI



>>米ロサンゼルス・タイムズ紙は三十日、指定暴力団山口組系後藤組の後藤忠正組長(65)が二〇〇一年七月、カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)病院で肝臓移植手術を受け、ほか三人の暴力団関係者も二〇〇〇年から〇四年までに同病院で肝臓移植を受けたと報じた。
 同紙によると、後藤組長はC型肝炎患っていた〇一年五月に家族と渡米。当時、後藤組長は犯罪歴のために米国への入国を禁じられていたが、連邦捜査局(FBI)が米国内での「ヤクザ」の活動に関する情報提供と引き換えにビザ発給に便宜を図ったという。ロサンゼルス地区では毎年百人以上の患者が移植を待ちながら亡くなる中、後藤組長は渡米後わずか二ヶ月で移植を受けたとし、患者の扱いの公平性に疑問を投げかけている。
 米国では、外国籍や犯罪歴のある患者への移植手術は禁じられていない。UCLA病院は
「われわれは患者を道徳的にには判断しておらず、その患者にどんな医療が必要かを考えて扱っている」とコメントしている。>>


[私のコメント]
あの後藤組ですね。一見問題ないように見えますが、ここまで米当局とヤクザは深い関係で結ばれているということでしょう。日本政府関係者、議員の弱みもCIAやヤクザに握られているということで、これは日本全体が間違いだらけのアメリカ支配に組み込まれているという証拠ですね。いずれにせよ、問題は問題だ、間違いは間違いだといい続け、直させなければなりません。
 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:39
創価学会はフリーメーソンに切り捨てられる?
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/436.html
投稿者 諸星あたる 日時 2008 年 6 月 05 日 21:13:03: zlips9ejBZoTk


国内での創価学会の動きに今後変化が起きるかもしれません。
今まで社会ではタブーと称されてその実態に触れられる事なく
一方自分達の犯罪行為は片っ端から証拠隠滅してきた彼らですが、

民主党政権が現実化してきた事で彼らを守ってきた
国内でのフリーメーソン側の力が恐らくは急速に
弱まっていく事と思います。

そして、もし後ろ盾を無くした創価学会が
その実態を世間に晒されるような事体が起きた時、
ユダヤが彼らを助ける事は無いと思うのです。

理由は簡単。
トカゲは尻尾を切っても頭が無事なら死にはしない。。

ユダヤの手先として働いてきた彼らが
そのユダヤに裏切られ途方にくれる。。
そんな時がくるかもしれません。

そして懸命な信者、騙されて来た信者は
今すぐ学会からの脱退を計るべきかと思います。

日本を本気で愛する人間がいる限り
今の創価学会は日本を壊滅させる売国奴の集団として
糾弾されるはずだからです。


関連記事
http://uruseiblog.blog59.fc2.com/blog-entry-675.html  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:36 | 創価学会

http://www.asyura2.com/08/holocaust5/msg/114.html
投稿者 はちまき伍長 日時 2008 年 6 月 04 日 19:49:20: Zpc9bbdVkJn3c


AAARGHの英文ページで
イングリッド・ヴェッカートの『Jewish Emigration from the Third Reich』(PDF文書)が公開されていました。
木村愛二氏の連載:「シオニスト『ガス室』謀略周辺事態(その62)水晶の夜[Kristallnacht]にユダヤ人移住促進目的のシオニスト謀略の疑いで取り上げられた本『引火点/水晶の夜 1938 /扇動者・犠牲者・受益者』の後で、ヴェッカートがナチス政権下でのユダヤ移民問題をさらに掘り下げた著作です。
ドイツ全土に数十箇所シオニストの「パレスチナ開拓」のための職業/農業訓練所が作られ、親衛隊が用地を提供したこともあった、など色々面白いことが書かれています。中でも興味深いのは七章の「モサド・アリヤー・ベト」でしょう。イスラエル建国後スパイ機関になったモサドですが、その始まりは英領パレスチナへ非合法移民を送り込むための組織でした。第二次大戦が勃発した後でさえも、ゲシュタポの用意した偽造書類を使ってモサドがパレスチナへユダヤ人を密入国させていたというのです。
本文60ページほどの短いものですのでナチスとシオニストの関係に興味のある方にはご一読をおすすめします。

【阿修羅過去投稿】
「ガス車」でユダヤ人10万人を「虐殺した」ナチ親衛隊将校が戦後モサドのスパイになっていた [ハアレツ]  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:28
MSGアレルギー体質 ダノンのアクティバヨーグルトで超下痢
http://www.asyura2.com/08/health14/msg/125.html
投稿者 代理投稿1 日時 2008 年 5 月 29 日 18:26:27: IgficZuAves4c


読んで良かった◎

味の素の危険性
http://www.asyura.com/syokuhin.htm

とっても参考になりました!
私は今年になって急に、MSGアレルギー体質になってしまいました。

ダノンのアクティバヨーグルトで超下痢を数週間起こしてからなんですよね・・・。

ダノンが開発した独自の乳酸菌が入っているらしいんですが、今から思うと非常に怪しい製品に手をだしてしまいました。

最初はアレルギー体質になって面倒なことになったと思いましたが、実はこれで長生きできる可能性がでてきたのかも?
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:24
「おいしいコーヒーの真実」     【シブヤ経済新聞】
http://www.asyura2.com/08/health14/msg/126.html
投稿者 hou 日時 2008 年 6 月 03 日 01:37:13: HWYlsG4gs5FRk


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000003-hsk_sb-l13

不公正なコーヒー産業の実態を暴き、貧困に苦しむコーヒー農家を救うために立ち上がった男を追ったドキュメンタリー映画「おいしいコーヒーの真実」の上映が5月31日、渋谷「アップリンクX」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6825-5502)で全国に先駆けて始まった。


 同作は、不公正な貿易が横行するコーヒー産業を浮き彫にするとともに、コーヒーの原産国、エチオピアで貧困に苦しむコーヒー農家を救うため奮闘するオロミア州コーヒー農協連合会の代表、タデッセ・メスケラさんの姿をとらえた長編ドキュメンタリー。イギリス生まれの兄弟、マークとニック・フランシス監督の共同作品として発表された。

 年間800億ドル以上の対価を生むコーヒー産業だが、大手企業がコーヒー市場を支配し、コーヒー農家に支払われる代価は低い。このパラドックスに最も陥ったエチオピアで2002年末、深刻な飢餓(きが)が公にされたことを受け、コーヒーに関する映画を作るため両監督が映画の制作に動き出した。

 入場料(当日)は、一般=1,500円、学生=1,300円ほか。アップリンクXで公開後、全国順次ロードショー予定。

「おいしいコーヒーの真実」公式サイト
移民追ったドキュメンタリー「サルサとチャンプルー」-渋谷で公開(シブヤ経済新聞)  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:20
地球温暖化に加担する原子力発電<藤井石根>(ちきゅう座)
http://www.asyura2.com/07/genpatu4/msg/539.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2008 年 6 月 04 日 20:46:00: twUjz/PjYItws


http://chikyuza.net/modules/news1/article.php?storyid=345

内外知性の眼―時代の流れを読む
<08.04.17>地球温暖化に加担する原子力発電<藤井石根>


<ふじいいわね:明治大学名誉教授(機械工学)>

火力発電所で燃料を燃やして得られる熱量のうち、電力としてわれわれの手に届けられるエネルギー量は、送電ロスによって約3割しかありません。原子力発電所も本質的に同じです。それにも関らず、地球温暖化で二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす世論が世界的に高まっている現在、電力会社はオール電化住宅とかエコ給湯などと、より多くの電力消費を促しています。省エネの観点から見て矛盾を感じる話です。

他方、政府は、原発が発電時にCO2を排出しないことと、エネルギーの安定供給を理由に原発の一層の利用拡大に躍起になっています。こうした話がどうして生まれてしまうのでしょうか。その主因の一つに、原発そのものに必然的に備わっている独特な特性があると考えられます。

省エネの時代に逆行して電力消費を進める原発

原発はアメリカのスリーマイル島や、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の事例からも明らかなように、大変危険であり、致命的な結果をもたらしかねないものです。加えて、放射性物質による環境汚染も伴いますので、原発の設置には当然、電力の大消費地付近は避けられ、あえてより多くの送電ロスを伴うような遠隔の地が選ばれることになります。ここでまず省エネに逆行する事態が生まれます。

次なる不都合は、火力発電所に比べて倍以上という高い建設費があります。費用対効果を考えれば一基あたりの出力を大きくし、しかも設備利用率を高めることも当たり前となります。その上、電力需要の動向に応じた電気出力の微調整が苦手な原発は、停止したときの混乱を軽減する目的も兼ねて、バックアップのために火力などの発電も用意しなければならないのです。こうした余計な設備で資源やエネルギーを浪費させ、余分なCO2を排出します。

他方で電力需要の少ない夜間時の原発運転で生じる余剰電力のため、消費者にさらなる電力消費を強いるのです。ここに、省エネが重要視される時代に電力消費の推奨という矛盾が生まれてくるのです。

しかも原発は火力などと異なり、電力しか供給できないという宿命があります。これを増やせば増やすほど、電力中心のエネルギー消費社会を醸成させ、他方で莫大な発生熱を利用することなく環境中に放出し続けます。それは、地球温暖化に側面から手を貸すことになります。

エネルギー変換の観点からすれば、私たちが強いられている熱にして使う行為はエネルギーの質を無視した使い方で、世界的に有名な学者エイモリー・ロビンスはこの行為を「チーズを電動ノコギリで切るようなもの」と例えています。このしわ寄せは当然、CO2の余分な排出という形で現れることになります。エネルギー浪費を陰で進めていると言っても過言ではないでしょう。

廃棄物や廃炉処理の管理にも莫大なエネルギー

しかも、こうしたことは原発にまつわる直接的な課題に対するものです。これに間接的に関わってくる話も無視できません。具体的には核燃料再処理問題、莫大な量の放射性廃棄物の処理や保存、管理、これから本格化してくる廃炉処理など極めて重大な課題も待ち構えています。これらの問題をずさんに扱えば、対処できない状況になることは必定です。必然的にこれらの問題の処理にあたっては慎重かつ完璧を求めざるを得ないでしょう。

当然、そうした行為に対し測り知れない量の種々の資源やエネルギーが消費され、それに付随してCO2の排出もある訳です。安全性確保のための監視・管理にもエネルギーが必要になります。暫時で済まされず、半永久的にCO2を出し続けなければならないかもしれません。これらの「つけ」は、発電時にCO2を排出せずに得られた電力で埋め合わせがつくはずもありません。

以上のように「原発を設置することで他の型の発電所設置も必要になり、その結果の潤沢な電力供給は温暖化や後世への負の遺産の蓄積をよそに、省エネルギーどころかエネルギー多消費社会の構築に力を貸していく」というシナリオになります。地球温暖化に加担するこのシナリオのどこに人類の英知が見出せるでしょうか。

(初出:「原水禁ニュースペーパー 2008.4,No.719」)

〈記事出典コード〉サイトちきゅう座 http://www.chikyuza.net/
〔eye321:080417〕
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:17 | 原発
タタ自動車は面白い…「タタ自動車、空気自動車を発売か」
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/448.html
投稿者 新世紀人 日時 2008 年 5 月 14 日 12:29:50: uj2zhYZWUUp16

(回答先: 新核兵器拡散戦略としての原子力発電所(実は核地雷)拡大・拡販戦略。(伝道師サルコジ)。 投稿者 新世紀人 日時 2008 年 5 月 14 日 12:09:37)


http://www.auto-web.co.jp/news/car/world_1907.html
タタ自動車、空気自動車を発売か

■ 2008/3/27 [ トピックス ]
 つい先日、英国ジャガーやランドローバーをフォードから買い取ったインドの大手メーカー"タタ自動車"は、電気でもなく圧縮空気で動くという通称エアーカーの販売を始めるようだ。

 ワンキャット(OneCAT)と名付けられたこのエアーカーは、フランス・ベンチャー企業MDIが基本開発したもので、同社オフィシャルサイトによるとファイバーグラス製のボディで3人乗りの“ベース”、3~6人乗りの“ノーマル”が用意される。ボディサイズは、両モデルとも全長×全幅×全高:3.4×1.65×1.7mで、それぞれ重量は320、380kg、発生馬力こそ15、22馬力となっているが、最高速度は時速90、110km。

 シャシー内にカーボン製のタンクを搭載しており、たった3分で圧縮空気の補充が完了。圧縮空気だけで4時間の走行が可能、さらにガソリンエンジンコンプレッサーを搭載・、液体燃料を使用できるバーナーで空気を暖めれば最長で800kmの走行もできるようになる。そして、約66km/L、約59km/Lという超低燃費にも驚かされる。

 タタ自動車は、インド国内での販売が1年以内で、3500/5300ユーロ(約55/83万円)というこれまた驚きの低価格を設定している。


[新世紀人コメント]
タタ自動車のこの技術が先進自動車諸国でどれ程通用するかは不明だが、日本車メーカーは既に軽自動車の長い技術的蓄積があるので、今後の貧窮化するであろう多数米国民向けの廉価で高性能な小型自動車の供給について準備を行うべきだろう。


 2 81 +-












 2 81 +-
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:15
常温核融合は本当だった!
http://www.asyura2.com/08/eg01/msg/128.html
投稿者 キャットテイタム 日時 2008 年 5 月 23 日 23:17:45: Bn02ynGyCIK1c



常温核融合は本当だった! その12

http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm


-------------------------------------------------------------------------------


2008/5/23   <荒田吉明・阪大名誉教授が常温核融合の公開実験に成功されました! >


 文化勲章受賞者で大阪大学名誉教授の荒田吉明先生が、本日2008/5/22(木)に固体内核融合(つまり常温核融合)

の公開実験に成功されました。簡単に速報としてお伝えします。歴史的な成果といえます。


 毎日、朝日、日経、日刊工業新聞、NHKなどマスコミも多数参加する中で行われた。


まず荒田記念館(大阪大学、吹田キャンパス)で40分ほど前段説明があった。これまで荒田先生の固体内核融合にい

たる道のりなどが説明される。

 次に、先端科学イノベーションセンターのインキュベーション棟C棟3Fにある荒田先生の実験室に皆が移動。

そこでHe4の検出と、熱エネルギーの測定が行われた。実験室は大勢の人でごったがえしの状態であった。

高分解能質量分析装置のモニターには、He4発生のスペクトルピークが明確に示されていた。

   D(2)+ D(2)=He(4) + エネルギー   ------①

                ここで()内は質量数


 He(4)の検出こそ、固体内でD(重水素)とDの核融合が起こったことを示す決定的な証拠である。

実験室の外には①式が貼られていた。


 発生熱エネルギーに対応する温度差データも出力されていたが、核融合のみの余剰分がいくら出たかは後から詳しく

解析しないとわからないだろう(化学熱を差し引かなければならないため)。


 実験後、荒田記念館に戻り、主にマスコミ関係者による質疑応答があった(我々一般人も一緒にいた)。

記者の方々から積極的に質問が出た。難しい分野であるためか、とんちんかんな質問も含めて、何度も食い下がるよう

に質問されていた。


 常温核融合の権威である高橋亮人博士(大阪大学特任教授)から「今回の結果は、ヘリウムがはっきり検出された

きれいなデータであったこと」が伝えられ、Congratulations!と高橋先生。拍手が沸いた。


 あとで高橋先生に聞くと、①は正確ではないだろう、つまりく左辺は2個のDでなく、本当は四つのDが反応に関わって

いるはずとのことであった。それは、重水素がパラジウム内で正四面体の頂点に配置されたときのみ4個のDが中心点

に向かって凝集し核融合が起こることを示唆する高橋理論による(TSCモデル理論)。理論面はまだまだ難しい状態で

あり、「しかし、たしかに起こっている!」と結果の方が先行しているのが常温核融合である。


 今回の実験を簡単にいうと、パラジウム合金微細粉末に重水素D2ガスを高密度に充填 する。熱も何も加えずに充填

するのである。その後、合金微細粉末の内部に侵入した重水素DがHe(4)に変化し、そのとき熱エネルギーが発生する

という実験である。


 非常にシンプルな実験系である。

熱もなにも加えずに重水素を充填されるだけなので、シンプルであり解析がしやすい利点がある。疑義が減る。

D2ガスとHe(4)の質量の差はわずかであるが、高分解能の質量分析装置でその差を捕らえることができる。今回、大きな

He(4)ピークのすぐ右横にD2の小ピークが出ているスペクトルを見ることができた。


 これまで世界中で多くの人により、常温核融合現象が確かに起こっていることが実証されてきた。しかし、公開実験と

いうところに、今回は大きな意味があると思う。

先生は1958年に熱核融合の公開実験に成功。50年後(2008)に今度は常温核融合の公開実験にまた成功された。

HotとCold の二つを成功されたわけで、歴史に残る偉業と言えよう。


「新エネルギー創生研究所」の創設を荒田先生は計画されている。早期の実現を希望しつつ、今回は本当に成功、

おめでとうごさいました。  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:11
副大統領候補を決める、ビルダーバーグ会議が始まった。(ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報)
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/628.html
投稿者 近藤勇 日時 2008 年 6 月 06 日 15:52:08: 4YWyPg6pohsqI




副大統領候補を決める、ビルダーバーグ会議が始まった。
http://amesei.exblog.jp/8046035/

現在、日本時間6日9時半、アメリカは5日午後8時半。

 ヴァージニア州チャンティリーのウェストフィールド・マリオットホテルでは、125人のビルダーバーグ会議参加者達が旅装を解いて、明日以降のセッションの前の晩餐会で一年ぶりの再会を果たしていることだろう。(上の写真はホテルの入り口ゲート。若い男性はWe are Changeのルーク・ラドコフスキー君。)

 アップル社で働いている人物からの内部告発として、infowars.comでは、125台のアイポッドの注文と発送依頼が、米司法省から寄せられたという記事を載せている。アイポッドの背面には、「Bilderberg 2008 」と刻印されているということだ。アップル社のスティーブ・ジョブズはビルダーバーグには出席したことがないので、これはホスト国であるアメリカの一種のジョークだろう。こういう「お土産」を米市民の税金で司法省(DOJ)が用意するのはどうなのか、とifowars.comは指摘する。

 当然、今回の会合の参加メンバーには、ヒラリー・クリントンを支持してきた元国連大使のリチャード・ホルブルック、オバマ陣営の副委員長で、キャロライン・ケネディと一緒に、オバマの副大統領候補を選ぶ委員会を設立した、ゴールドマン・サックス取締役のジム・ジョンソンも含まれるだろう。今年のビルダーバーグは、オバマの副大統領候補、マケインの副大統領候補を決める会合となるだろう。

 ヒラリー・クリントンは、この数日前にイスラエル・ロビーの一つであるAIPACの集会で、「イスラエル政策は、私ではない、次の民主党大統領が必ず進展させる」と確約する演説を行った。オバマも、これまでの反イスラエル・ロビー姿勢を転換し、ヒラリーと大差のない主張に切り替えている。

 イスラエル・ロビーは、それでもパワーがあるという証明になる。ユダヤ系が国民の6%にもかかわらず、ウォール街に、産業界に資金力を持っているから、オバマも無視できないわけである。

 ビルダーバーグ会議が行われるということで、世界各国から元首クラスの要人が集まるわけで、首都ワシントンDCでは、警察が警備を強化していると「ワシントン・ポスト」が伝えている。しかし、その理由については明かされない。
 
 ビルダーバーグ会議とは、125人程度の世界のグローバル・エリートと呼ばれる財界人、政治家、官僚、軍人たちが一カ所にあつまって3日間のセッションを行い、「世界で次にこの問題に取り組む」という大きな意思一致を計るためのセミナーである。その他に既に述べたような晩餐会における、フリートーキングの会合もあり、「世界を動かす人脈」を形成する人々は、ざっくばらんに今後の世界の行方について議論を行う。

 マスメディアからも、「エコノミスト」「インターナショナル・ヘラルドトリビューン」「ディ・ヴェルト」「フィナンシャルタイムズ」などから論説委員クラスがが毎年参加している。Wポストのグラハム社長は毎年のように参加している。ビルダーバーグについて話題にするのは、フィナンシャル・タイムズの論説委員長のマーティン・ウォルフくらいで、他は参加したこと自体を沈黙する。(地方メディアでは、マクレッチー・グループのペンシルベニア州の地元紙が記事を載せている。最後に転載する)

 これはおかしい。ビルダーバーグの秘密主義を批判する独立系メディアの間では、「仮に125人のNFLのスタープレイヤーが一カ所に集まって会合を開いたら、必ずメディアは取材クルーを送る。にも係わらず、世界銀行総裁、欧州中央銀行総裁のような、世界の主要人物たちが集まっているにもかかわらず、メディアは一切報道しない」と強く批判しているが、分かりやすいたとえである。

 ワシントンでの会合の開催は、オランダの大使館が意図的に公式サイトでリークした以外は、ポルトガルのメディアが軽く報じた以外は、一切主流派メディアの活字となっていない。

 食糧サミットや国連の温暖化防止会合についてはメディアは大きく報道するにもかかわらず、である。

 ビルダーバーグは、公式には会議の最後で議決をしないということになっているが、実際は暗黙のコンセンサスが出来上がっているはずである。雰囲気で、温暖化対策や石油価格問題、貿易自由化問題など、「これが大事なんだな」という風に参加者の間で意思一致ができている。だから、議決はあえて必要ないのであろう。

明日以降も何か情報が入りましたら更新します。

中田安彦拝

<参考記事>

 マクレッチー・グループの地方紙である「センター・デイリー」には、ヴァージニア州の開催と、電話による参加者リスト請求の手順が掲載されている。米国に住んでいる人はリスト入手をトライしてください。

 (貼り付け開始)

Thursday, Jun. 05, 2008
Bilderberg Announces 2008 Conference
CHANTILLY, Va. — The 56th Bilderberg Meeting will be held in Chantilly, Virginia, USA 5 - 8 June 2008. The Conference will deal mainly with a nuclear free world, cyber terrorism, Africa, Russia, finance, protectionism, US-EU relations, Afghanistan and Pakistan, Islam and Iran. Approximately 140 participants will attend, of whom about two-thirds come from Europe and the balance from North America. About one-third is from government and politics, and two-thirds are from finance, industry, labor, education and communications. The meeting is private in order to encourage frank and open discussion.

Bilderberg takes its name from the hotel in Holland, where the first meeting took place in May 1954. That pioneering meeting grew out of the concern expressed by leading citizens on both sides of the Atlantic that Western Europe and North America were not working together as closely as they should on common problems of critical importance. It was felt that regular, off-the-record discussions would help create a better understanding of the complex forces and major trends affecting Western nations in the difficult post-war period. The Cold War has now ended. But in practically all respects, there are more, not fewer, common problems - from trade to jobs, from monetary policy to investment, from ecological challenges to the task of promoting international security. It is hard to think of any major issue in either Europe or North America whose unilateral solution would not have repercussions for the other. Thus the concept of a European-American forum has not been overtaken by time. The dialogue between these two regions is still - even increasingly - critical.

What is unique about Bilderberg as a forum, is the broad cross-section of leading citizens that are assembled for nearly three days of informal and off-the-record discussion about topics of current concern especially in the fields of foreign affairs and the international economy; the strong feeling among participants that in view of the differing attitudes and experiences of the Western nations, there remains a clear need to further develop an understanding in which these concerns can be accommodated; the privacy of the meetings, which has no purpose other than to allow participants to speak their minds openly and freely. In short, Bilderberg is a small, flexible, informal and off-the-record international forum in which different viewpoints can be expressed and mutual understanding enhanced.

Bilderberg's only activity is its annual Conference. At the meetings, no resolutions are proposed, no votes taken, and no policy statements issued. Since 1954, fifty-five conferences have been held. The names of the participants are made available to the press. Participants are chosen for their experience, their knowledge, and their standing; all participants attend Bilderberg in a private and not an official capacity.

There will be no press conference. A list of participants is available by phone request at 703-818-3647 between 9am-5pm EDT June 6-7, 2008.

American Friends of Bilderberg Steven Lee, 703-818-3647

http://www.centredaily.com/business/story/640197.html

=====

「ビルダーバーグ会議」と「世界と日本の人脈的な繋がり」についてザックリと知りたい人は以下の三冊がお勧めです。アマゾンでまとめて買っちゃってください。

世界を動かす人脈 (講談社現代新書 1927)
中田 安彦 / / 講談社

隠された皇室人脈―憲法九条はクリスチャンがつくったのか!? (講談社+α新書 (396-1C))
園田 義明 / / 講談社

世界権力構造の秘密[新版]上巻 富と権力の強奪史
ユースタス・マリンズ / / 成甲書房

 
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 19:07
何があった!? みのもんた、福田首相を「おもいッきり」絶賛(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/08/hihyo8/msg/258.html
投稿者 尾張マン 日時 2008 年 6 月 03 日 15:54:32: YdVVrdzAJeHXM


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000002-gen-ent

「アフリカ会議は、福田さんが頑張ったから、こんなに注目を集めるようになったんです。道路財源の一般財源化とか、ようやく福田さんの色が出てきましたね。アフリカの首脳とだって、いくら時間が短くても、会わないより会った方がいい。お世辞を言うわけじゃないけど、オッと思いましたね」

 30日放送の「おもいッきりイイ!! テレビ」(日テレ)で司会のみのもんた(63)が、福田首相を手放しで褒めていた。安倍政権時代には「首相べったり」と批判されたみのだが、その反動もあってか福田政権には批判的だった。つい最近も、後期高齢者医療制度導入の混乱を詫びた福田首相に「謝り方が足りない」みたいなことを言っていたのに、どういう風の吹き回しなのか。

「支持率の低水準にあえぐ自公与党は、ワイドショー受けを気にしています。中でも神経をとがらせているのが、主婦層への影響力が強い、みのの言動です。自民党の部会では『朝の番組でみのさんが、民主党と同じ主張をした』なんて話題となる。4月末の福田首相と公明党の太田代表らとの党首会談でも、出席者から『新聞の論説委員に理解してもらっても仕方がない。みのさんに理解してもらわないと……』との発言が飛び出したほどです」(自民党関係者)

 大の酒好きで知られる、みの。まさか、夜の銀座や赤坂界隈で官邸筋から“妙なネジ”を巻かれたわけではあるまい。「ズバッ」と頼むよ!  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 18:32
日本のテレビは隣国(韓国)のこの巨大なうねりとなった反政府運動をなぜ放映しようとしないのだ。
http://www.asyura2.com/08/hihyo8/msg/259.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 05 日 21:02:49: KbIx4LOvH6Ccw


5月末の10万人集会など、いま韓国で壮大な大衆闘争がたたかわれている。アメリカ牛の輸入解禁に反対する運動から発して今や「李明博退陣」を叫ぶ政治闘争へと運動は発展している。隣国のこれほど大きな動きをなぜ日本のテレビはまともに取り上げて報道しようとしないのか! ⇒


韓国:[記者の目]民主主義のために「李明博退陣」を叫ぶ市民(レイバーネット)
http://www.asyura2.com/08/asia11/msg/381.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 6 月 05 日 20:51:09: KbIx4LOvH6Ccw  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 18:19 | 韓国
極悪な法・制度は「まず撤廃・原状回復」が当然の筋でしょう(市民派議員MLへ)
http://www.asyura2.com/08/iryo02/msg/244.html
投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2008 年 6 月 05 日 21:21:24: Nk87MbMkz45iQ


大阪府門真(かどま)市議の戸田です。
 近畿市民派議員メーリングリスト(と連帯ユニオン議員ネットML)に流した私の
投稿です。目的があって書いています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎極悪な法・制度は「まず撤廃・原状回復」が当然の筋でしょう。

 極悪な法・制度が国会強行採決や政府決定などで住民(市民)に猛烈な害を与
える事態が生まれている場合、まずどう考え、主張し対応すべきか? と言えば、
「まずはその極悪な法・制度を撤廃し、原状回復する(以前の状態に戻す)」こ
とを求め、訴え行動する、というのが最も妥当で当然の事でしょう。

 その「以前の状態」(原状)にも若干問題がある場合はどうか?
 
 現実に出てくる選択肢は以下のようになるでしょう。

1:まず問題の「極悪な法・制度」を撤廃させて原状回復した上で、改善論議を
  して改善に向かわせる。

2:原状の改善方策が確定しない内に「極悪な法・制度」を撤廃したら混乱する
  という考えに立って、「極悪な法・制度」の撤廃に力点を置かずに原状の改
  善論議を開始する。

3:問題になっている「法・制度」は「極悪なものではなく、説明不足・配慮不
  足」に過ぎないという考えに立って「法・制度の手直し」を進める。

◆3:はもちろん自公財界とウヨ産経や読売、御用タレントの立場。
 2:は大方のマスコミと「識者」の主張のようだ。

 そして・または・しかし、3:も2:も「撤廃論は無責任だ!」と大衆に対し
 て主張する点では同じであり(その中身が大いに違ったとしても)、「極悪な
 法・制度」への正当で広範な怒りを掻き立てる事を阻害し、発生元凶(自公政
 権)への闘争気運を阻害し、生活大衆が一刻も早く被害脱却する事を阻害する
 点では同音異曲と言わざるを得ません。

◆原状の改善論議を進めるについても、「極悪な法・制度をまず撤廃」させてこ
 そ進むのであって、「極悪な法・制度を存続させたまま」改善論議が進むこと
 などあり得ません。机上の空論です。
  
■後期高齢者医療制度という実例に即して言えば、この老人殺し・老人差別・老
 人収奪・医療制度破壊の極悪制度は1日でも早く撤廃させなければならない、
 それが大衆に対する責任だと言うことです。

  今はしゃにむに後期高齢者医療制度撤廃!原状に戻せ!を主張し、人々の怒
 りを掻き立て、民衆大闘争と衆院選与野党逆転によって自公政権打倒の方向に
 人々を組織していくべき時です。

 時あたかも参院で野党共同で撤廃法案が出され、対決状況になりました。
 自公と御用マスコミ連中がこぞって、「撤廃は無責任だ!」・「財源を示せ」
「対案を示せ」と連日大扇動してる時です。

 日々、地域で大衆に接する自治体議員として主張すべき事は何なのか?
 保険制度研究の学者ではなく自治体議員が主張すべき事は何なのか?

 「老人殺し・老人差別の後期高齢者医療制度を撤廃させてまずは元に戻そう!」
 「対案だ、財源だ、という与党宣伝に騙されてはダメだ!」という事だと私は
 確信してます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
戸田HP http://www.hige-toda.com/
後期高齢者医療制度問題の特集 
   http://www.hige-toda.com/_mado04/koukikoureisha/koukikoureisha.htm  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 18:13 | 後期高齢者医療制度
<後期高齢者医療>子の口座から保険料引き落とし可能に(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/08/iryo02/msg/248.html
投稿者 スタン反戦 日時 2008 年 6 月 06 日 20:58:10: jgaFEZzEmIsYo


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000108-mai-pol

 後期高齢者医療制度の修正問題で与党は6日、これまで国民健康保険などの保険料未納がない人は、10月から新制度の保険料を年金からの天引きでなく、本人や子の口座から引き落とせるよう改めることを決めた。収入基準などは今後詰めるため、対象者数は不明。また10月から負担が始まる勤め人の扶養家族だった人(約200万人)は、来年3月で切れる保険料の9割軽減措置を当面延長する。

 これまで子の扶養を受けていた高齢者は保険料負担がゼロだったが、新制度では扶養の概念をなくし、個人個人に保険料を求めるのが基本。収入増の狙いだけでなく、個々人が社会的責任を果たし給付を受けるという、個人単位の社会保障を理念に掲げたものだ。子が親の保険料を肩代わり可能とする今回の案は、新制度の理念を後退させるものとなる。

 日本の社会保障は、扶養に代表されるように、多少の負担の不公平には目をつぶって、家重視の「世帯単位」で設計されてきた。だが、女性の社会進出が進み、扶養される人との不公平感を抱く人が増える中、厚生労働省は「個人単位」にかじを切ろうとしてきた。

 04年の年金改革では、扶養を受ける専業主婦に夫の厚生年金を分割する案を示した。将来、すべての人に負担を求める布石だった。結局「夫婦のきずなを断つ」という自民党保守派の反対で離婚時分割にとどまったが、後期高齢者医療制度は個人単位の社会保障を目指す第2弾だった。

 修正案について与党は「徴収方法という実務の話」と矮小(わいしょう)化する。しかし、社会保障で誰に負担を求めるかは、家族のあり方、ひいては「国のかたち」にかかわる制度の根本的な問題で、それに目をそむけた場当たり的な修正案と言える。

【吉田啓志】  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 18:11 | 後期高齢者医療制度
【AFP=時事】ラッドAU首相、アジア太平洋にEU型機構設立を=豪首相が呼び掛け【livedoorニュース】
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/629.html
投稿者 ブッダの弟子 日時 2008 年 6 月 06 日 18:22:04: WrVq5GKL9DWTY


全文はサイトで
http://news.livedoor.com/article/detail/3671024/

【シドニー5日AFP=時事】オーストラリアのラッド首相は5日、同国ラジオとのインタビューで、アジア太平洋諸国に対し、地域の安全保障と繁栄を促進させるため、欧州連合(EU)型の機構構築を呼び掛けた。

 同首相は、アジア太平洋地域には台湾海峡や朝鮮半島、カシミール地方など、未解決の諸問題が存在していると指摘。こうした分裂した現状を打破するためには地域の安全と協力を進めることが重要であると強調し、日米や中国、インドを含めたアジア太平洋共同体を2020年までに設立するよう訴えた。

ラッド首相は昨年11月の就任以降、前任のハワード首相と異なり、アジアを外交の柱にすえる考えを明らかにしている。〔AFP=時事〕


コメント
この記事は結構、大きいと思うんですが相変わらずテレビ新聞マスゴミはろくに伝えていないんでしょう。

これがどういう意図かはわかりませんが、アメリカ追随だった頃と比べれば良い流れだと思います。アメリカとしては、特亜が分裂した状態が彼らの思惑だったでしょうから。
中国が民主国ならいう事ないんですがね。  
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 17:51
町村官房長官「陸自アフガン派遣」のムチャクチャ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/635.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2008 年 6 月 07 日 11:13:31: ButNssLaEkEzg


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000009-gen-ent

●自爆テロ、誘拐が後を絶たない現実

 先週末、町村官房長官がアフガニスタン本土への陸上自衛隊投入を匂わせた。秋の臨時国会は海自の給油延長と自衛隊派遣の恒久法が議題に上る。そこで、現地の国際治安支援部隊(ISAF)への陸自参加を唱える民主党の小沢代表を政策協議に引っ張り出す狙いがあるとかいわれているが、とんでもない話。現地は自衛隊が足を踏み入れられる状況ではないのだ。

「アフガンの治安はイラクよりもずっとひどい。米軍がイラクへ戦力をシフトして以降、悪化の一途で、タリバンが勢力を盛り返している。『非戦闘地域』に活動が限定される自衛隊を送り込めるわけがない」(政府関係者)

 タリバン一味は相変わらず自爆攻撃を繰り返し、巻き込まれて犠牲になった民間人は過去最多を記録、米兵の死者数も01年以来100人を突破した。首都カブールでは、今年1月に滞在中のノルウェー外相がテロに巻き込まれたし、4月にはカルザイ大統領暗殺未遂事件が起きた。

 現在、アフガンで取材中のジャーナリスト、山本美香氏もこう言う。
「小康状態が続いていたのは1年前まで。それ以降の治安は悪くなっていて、誘拐や自爆テロが後を絶たず、戦闘も続いています。比較的治安が安定しているのはカブール市の中心部だけで、復興支援にあたる国連職員もオフィスにこもったままです。治安悪化の原因に挙げられるのが復興の格差。カブールや北部のマザリシャリフには新しいビルが建設され、道路も整備されつつありますが、地方の農村部はボロボロのまま。こうした状況に不満を募らせる市民が、南部と東部を拠点にするタリバンに合流し、政権転覆を画策しているのです」

 そもそも、小沢プランが議論に上った昨年10月、町村自身が「実態を見ても(アフガンは)戦闘地域だ」と口にし、ISAF参加は違憲だと突っ張っていた。「その時々で、訳も分からないで『これもいい、あれもいい』では官房長官としてちょっと」と小沢が呆れるのももっともだ。政局に利用される自衛隊は声を上げたほうがいい。
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 17:47 | アフガン
陸自派遣を検討、きょうアフガンに政府調査団(産経新聞)
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/637.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2008 年 6 月 07 日 13:02:02: x0P0raHFBfKZU


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000102-san-pol

 政府は6日、アフガニスタン、スーダン両国への陸上自衛隊部隊派遣に向けた本格検討に着手した。アフガンについては7日、内閣官房、外務、防衛両省からなる調査団を現地に派遣する。両国とも陸自施設部隊による復興支援活動を念頭に置いており、アフガンでは米国などのニーズが高い航空自衛隊による物資輸送も検討している。

 7日に派遣されるアフガン調査団は、現地で必要とされている支援内容に加え、物資輸送を念頭に置いた拠点候補地の調査なども行う予定。アフガン全土で展開し、治安維持活動を行う国際治安支援部隊(ISAF)の担当者とも協議する。ただ、政府はISAFへの参加は憲法違反の疑いがあるとして、参加しない方針で、現地の治安情勢などについて意見交換が行われる見通しだ。

 複数の政府筋によると、アフガンではイラク復興支援特別措置法に盛り込んだような陸上での施設復旧、医療などの活動を検討している。スーダンでは比較的治安が安定している南部で国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき道路整備などの協力を行う任務が想定されている。

 こうした任務には先遣隊による現地調査や入念な調整が必要。アフガンへの陸自部隊派遣には国会で根拠法を通す必要もある。このため、政府ではアフガンへの現地調査団派遣やスーダンの首都ハルツームにある国連スーダン派遣団(UNMIS)司令部への自衛官派遣を先行して行うことにより、7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)で日本の貢献姿勢をアピールしたい考えだ。

 ただ、アフガン、スーダン両国に陸自部隊を同時に派遣することは「物理的に困難」(陸自幹部)で、部隊派遣に向けたハードルは高いのが実情だ。
[PR]
# by wayakucha | 2008-06-07 17:45 | アフガン